子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか)

2012年1月 6日 (金)

ほっこりとした味わいが胸に響きます。大根と豚バラ肉の煮物

banana被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いていますbanana

Photo_2

 本日御紹介するお料理は、「大根と豚バラ肉の煮物」である。

 この「煮物」は、美味しい「大根」と「豚バラ肉」が手に入った時には必ず作る。

 今回も美味しい「三浦大根」と美味しい「桃豚」が手に入ったので迷わずに作った。

 この「煮物」は、「豚バラ肉」をたっぷりと煮込むので「豚バラ肉」の旨みが「大根」に染み込んでおり旨みが倍増する。

 「お醤油」と「豚バラ肉」の旨みが「大根」にしっかりと閉じ込められて何とも言えない美味しさを創造してくれるのである。

 また、下ごしらえをしっかりと行うことにより味がさっぱりして食べやすくなっているので、箸が止まらなくなる。

 「豚バラ肉」の奥深い味が溶け込んだ「大根」は、体も受け入れやすいらしく噛みしめる度に素敵な幸福感が口いっぱいに広がっていく。

 「豚肉の煮物」が好きな方は、勿論であるが、「豚肉の煮物」があまり好きでない方も、この「豚肉の煮物」ならば美味しく食べる事が出来るので、是非作ってみてほしい。

 「大根と豚バラ肉の煮物」は、さっぱりとした美味しさが心を優しく流れていく素敵なお料理である。

chick本日のティラミスchick

Photo_3

chick一緒にパンを作りました。パンの生地を捏ねております。

Photo_4

chick寝かせた生地を麺棒で伸ばします。まずは手本を見せて・・・

Photo_8

chickティラミスにやらせてみました。慣れない手つきで頑張っておりました。

restaurantレシピですrestaurant

≪大根と豚バラ肉の煮物≫

【材料】(4人前)

豚バラ肉(塊)・・・1kg

大根・・・500g

砂糖・・・大さじ3

みりん・・・大さじ1

酒・・・大さじ1

醤油・・・大さじ6

糠・・・適宜

【作り方】

1.「大根」の下ごしらえをします。「大根」は葉の付け根の部分を落として皮をむきます。

2.大きめの乱切りにします。

3.お鍋に「大根」がしっかりつかるほどの水を入れ強火にかけます。

4.続いて「糠」を入れます(糠の目安は水1Lに対してひとつかみほどです)。沸騰するまでは強火で煮てください。「糠」がなければ「お米の研ぎ汁」で代用してください。

5.沸騰したら弱火で約1時間半ほど煮ます。

6.1時間半経過したら、少し冷ましてから水洗いして「大根」についた「糠」を落とします。「大根」の下ごしらえの完成です。

7.「豚バラ肉」の下ごしらえをします(大根と同時並行で行います)。お鍋に「豚バラ肉」がしっかりつかるほどの水を入れ強火にかけます。

8.続いて「糠」を入れます(糠の目安は水1Lに対してひとつかみほどです)。沸騰するまでは強火で煮てください。「糠」がなければ「お米の研ぎ汁」で代用してください。

9.沸騰したら弱火で約1時間半ほど煮ます。

10.1時間半経過したら、少し冷ましてから水洗いして「豚バラ肉」についた「糠」を落とします。その後に食べやすい大きさにカットします。ここまでで「豚バラ肉」の下ごしらえの完成です。

11.お鍋に下ごしらえを行なった「大根」と「豚バラ肉」を入れて、水をひたひたになるまで入れます。

12.調味料を入れて落し蓋をし、煮汁がなくなるまで煮、鍋返しをして全体に煮汁を回して照りよく煮上げて完成です。

bananaいつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

bananaコメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

bananaお料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

clipレシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年12月21日 (水)

道の駅 こさか七滝(12月11日)

banana被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いていますbanana

1211_6


 「道の駅 ひない」の後は、目的地である小阪町に向かいました。

 小坂町での用事が済んだあとに少し時間があったので「道の駅 こさか七滝」に行ってみました。

 山道を、しばらく登っていくと左側に「道の駅 こさか七滝」が見えてきました。

 右側には、神々しい滝である「七滝」も見えました。

 冬の夕暮れということもあり日は落ちかけておりました。

 気温が低く思いっきり冷え込んでおりました。

 駐車場の路面はカチンカチンに凍っていました。

 「道の駅こさか七滝」は、秋田県の東北部に位置し、大館市と十和田八幡平国立公園(十和田・八甲田地域)を結ぶ主要地方道大館十和田湖線・通称樹海ラインとよばれる観光道路の沿線にあり、観光地としてにぎわう十和田湖への中継地点となっています。

 また、日本の滝百選のひとつに数えられる落差60m、7段にわたって流れ落ちる「七滝」があり、この滝を中心として緑地広場が整備され、絶好の景勝スポットとなっているのもポイントです。
 また、江戸時代の紀行家・菅江真澄が鹿角地方を旅し、十和田湖へ向かう途中この「七滝」に立ち寄り、「十曲湖(とわだのうみ)」という著書の中に二首の短歌とスケッチを残しています。

 この日は残念ながらお店は閉まっており買い物はできませんでした。

1211_7

 「道の駅 こさか七滝」の休憩スペースをチェックした後は、正面に面する「七滝」に行き、龍神様を祭っていらっしゃる神社に足を運びお参りをしました。

 「七滝」も「神社」も、とても神々しく輝いておりました。

 こういう場所にくると体の奥底から元気が漲って参ります。

 「道の駅 こさか七滝」は、自然に囲まれた神々しい場所です。

 訪れた人達に安らぎと元気を与えてくれる「道の駅」だと思います。

 こういう素晴らしい「道の駅」が秋田に増えて行ってほしいと切に願います。

bananaいつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

bananaコメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

bananaお料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

clipレシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2010年7月24日 (土)

十和田湖高原ポーク 桃豚の冷しゃぶ

Photo_2

 先日、小坂町で購入してきた「十和田湖高原ポーク 桃豚」で作った冷しゃぶの話である。

 「桃豚」は、横浜に住んでいた時に噂を耳にし、食べたときに、その美味しさに驚いたのを覚えている。

 また、今年のフーデックスでは、「桃豚」を取り扱っている東京の業者さんと名刺交換をさせて頂いたという事もあり愛着のあるお肉のひとつである。

 「桃豚」は秋田県小坂町にあるポークランド、十和田湖高原ファーム、ファームランドの3つの農場のみで飼育されたポークランドグループのブランド豚のことである。

なぜ「桃豚」かというと、①お肉の色が淡いピンク色をしている。②ピンク=幸せな色とされている。③有名なブランド豚である●豚を超えたい!という想いから名付けられているとの事である。

 桃豚直売所「こもも」で、「しゃぶしゃぶ用の桃豚」と「桃豚のウインナー」を購入してきたので、「しゃぶしゃぶ用の桃豚」を料理し、「冷しゃぶ」を作ってみた。

 「大館市産きゅうり」と「大潟村産シンディースゥート(とまと)」をスライスしてお皿に盛りつけ、その上に「桃豚」をのせた。

 たれは、私の最近のお気に入り「塩ポン酢」をかけて食べた。

 「桃豚」の美味しさは、熟知しているが、また、自分の家で自分好みの味で食べると一層美味しい。

 「桃豚」の優しくて柔らかい食感と、野菜との相性が良いのである。また、さっぱりとした臭みのない上品な味なので、「塩ポン酢」で食べると透き通った鮮明な味となる。

 食べていて幸せな気持ちになれる「豚肉」である。

 「桃豚」は、間違いなく最高の「豚肉」のひとつである。興味を持たれた方は是非食べてみてほしい。

 至福な時間が訪れる事は間違いない!!

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

厳選! 【無投薬桃豚】 肩ロース しゃ...

厳選! 【無投薬桃豚】 肩ロース しゃ...

価格:1,470円(税込、送料別)

2010年7月23日 (金)

道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか)

Photo_2

 「道の駅 かづの」の後は、目的地である「道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか)」に向かった。

 282号線沿いに北上していったのだが、天気が快晴であったので車を飛ばしていて気持ちが良かった。

 小坂町に入って程なく右折して山道を、しばらく登っていくと左側に「道の駅 こさか七滝」が見えてきた。右側には、神々しい滝である「七滝」も見えた。

 「道の駅こさか七滝」は、秋田県の東北部に位置し、大館市と十和田八幡平国立公園(十和田・八甲田地域)を結ぶ主要地方道大館十和田湖線・通称樹海ラインとよばれる観光道路の沿線にあり、観光地としてにぎわう十和田湖への中継地点となっている。

 また、日本の滝百選のひとつに数えられる落差60m、7段にわたって流れ落ちる「七滝」があり、この滝を中心として緑地広場が整備され、絶好の景勝スポットとなっているのもポイントである。。
 また、江戸時代の紀行家・菅江真澄が鹿角地方を旅し、十和田湖へ向かう途中この「七滝」に立ち寄り、「十曲湖(とわだのうみ)」という著書の中に二首の短歌とスケッチを残している。

 ここでは、「小坂町産みず」と「アカシアクッキー」、「ぶどうジャム」、「ぶどうジュース」を購入した。

 「道の駅 こさか七滝」を見た後は、正面に面する「七滝」に行き、龍神を祭っている神社に足を運びお参りをした。

 「七滝」も「神社」も、とても神々しく輝いていた。

 こういう場所にくると体の奥底から元気が漲ってくる。

Photo_3

 神社の後は、桃豚の直売所である「まんまらんど」に行ってみたが残念ながら休みであった(この日は臨時休業、月曜日が定休日とのことです)。しかし、事務所に行って質問をし、丁寧に対応して頂いた。

 そして教えて頂いた、もうひとつの直売所「こもも」に足を運び「桃豚」を購入した。

 この「桃豚」の直売所は、2つともお店の方がホスピタリティに溢れており素晴らしかった。こういう接客に真心がこもっているお店は伸びていくので是非頑張ってほしいと思う。あまりの素晴らしさに、「桃豚直売所」のファンになってしまった。

 「道の駅 こさか七滝」は、自然に囲まれた神々しい場所であった。訪れた人達に安らぎを与えてくれる「道の駅」である。

 こういう素晴らしい「道の駅」が秋田に増えて行ってほしいと切に願う。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

厳選! 【無投薬桃豚】 肩ロース しゃ...

厳選! 【無投薬桃豚】 肩ロース しゃ...

価格:1,470円(税込、送料別)

その他のカテゴリー

100皿カレー | 100皿シチュー | Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) | CAFE | お米 | お茶 | かあちゃんの野菜畑 彩菜館 | がっこ(漬物) | たまねぎ食堂 | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | セミナー告知 | ソフトクリーム | ソフトドリンク | チーズ | ティラミス | ハーブ | パン | フォーマックさんのお料理教室 | ベジフルコミュニティあきた | 冬の果物 | 冬の海の幸 | 冬野菜 | 夏の果物 | 夏の海の幸 | 夏祭り | 夏野菜 | 川魚 | 弁当 | 心に響く言葉(人生の名言) | 愛菜果 | 料理に関する一考察 | 料理(レシピ) | 日記・コラム・つぶやき | 春の果物 | 春の海の幸 | 春野菜 | 朝市 | 果実のお酒 | 梅酒 | 海の幸 | 玉子 | 直売所 | 秋の果物 | 秋田のイベント | 秋田の名水 | 秋田の心和む風景 | 秋田の銘菓 | 秋田市民市場 | 秋野菜 | 米粉 | 納豆 | 緊急連絡 | 美容・コスメ | 肉料理 | 調味料 | 豆腐 | 農家レストラン | 道の駅 | 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) | 道の駅 あに(マタギの里) | 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) | 道の駅 おおがた | 道の駅 おがち(小町の郷) | 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) | 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) | 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) | 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) | 道の駅 ことおか(土笛の里) | 道の駅 さんない(ウッディらんど) | 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) | 道の駅 たかのす(大太鼓の里) | 道の駅 てんのう(夢と神話の里) | 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) | 道の駅 にしめ(はまなすの里) | 道の駅 はちもり(お殿水) | 道の駅 ひない(比内鶏の里) | 道の駅 ふたつい(きみまちの里) | 道の駅 みねはま(ポンポコ101) | 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) | 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) | 道の駅 十文字(まめでらが~) | 道の駅 協和(四季の森) | 道の駅 大館能代空港 | 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) | 道の駅 東由利(黄桜の里) | 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) | 道の駅 象潟(ねむの丘) | 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) | 郷土料理 | 酒蔵 | 野菜と果物について思うところ・・・ | 野菜と果物に関する一考察 | 野菜と果物のヘルシーパワー | 野菜と果物を楽しむ心 | 野菜ソムリエになる為の勉強方法 | 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) | 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) | 野菜作り | 鍋料理 | 魚醤 | 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー