子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

米粉

2010年6月 9日 (水)

野菜ソムリエコミュニティあきたの勉強会~米粉を使って美味しいパンを作る教室~

 先日、「野菜ソムリエコミュニティあきた」の勉強会に参加させて頂き、多くの事を学ばせて頂いた。

 ジュニア野菜ソムリエ講座の講師で天然酵母パンの会 主宰 田口美智子先生を講師にお迎えしての「米粉を使って美味しいパンを作る教室」である。

 私も、噂で聞いていたが先生の教室は、予想を遥かに上回っており、とても実りの多い教室であった。

 人間は、予想を上回ると感動するというが、先生の講座は本当に大感動であった。

 「パン教室」で、このような感動を生みだすことは極めて難しい。

 この事実は、東京でレストランに勤務していた時に、いやという程目の前で見てきている。

 パン教室の講師の方というのは、本当に勉強熱心な方が多い。

 名うての先生の教室には、向上心豊かなパン教室の講師が教え方の勉強に出向いて受講している事が多い。

 横浜の友人の奥様は、趣味でパン教室を営んでいたがレベルアップを図る為に教え方の名人やパン作りの名人の元に通って勉強を重ねていた。

 同じような話は、多くのお客様から聞いた。それだけ、パンを作るという事は奥が深いのである。

 昔、可愛がって頂いた料理人の方がおっしゃっていたが、

 「向上心のある料理人というのは、自分より優れている料理人や料理教室の先生の元に通って成長を成し遂げる。例えば、俺は和食の料理人だが、貪欲に知識とスキルを得たいから常にいろんな料理教室をハシゴして勉強しているよ。自分が餅屋だからと言って他の餅屋から何も吸収できない奴は、所詮その程度の奴なんだ!!お前も常に向上心を忘れるな!!常に自分が熱い心を持ち続ける為には、向上心を保ち続ける事が大事なんだ!!」

 「何か、この人・・・・北方 謙三さんみたいだなぁ・・・・。」と、その時は思ったが、久しぶりに、昔聞いた熱い言葉を思い出した。

 「この講座に、秋田県のパン教室の先生が出席したら恐ろしいくらい学べるんだろうなぁ・・・。」と、強く思った。

 先生の教室は、趣味で何年かに一回「パン作り」に挑戦してみようという方からプロフェッショナルな方まで幅広くの方が学べる要素がギッシリと詰まっていた。

 久しぶりに料理講座に通って感動させて頂いたので、最高の気持ちであった。

 (ちなみに、私は最近料理教室以外のとある講座に通って感動させて頂いた・・・・。)

 やはり、万里の道をみず ただ万里の天をみる為には積極的に勉強を重ねる事が大事なのである。それを再認識させて頂いた。

 次回、また田口先生の勉強会がある時には是非参加して多くの事を学びたい。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月17日 (月)

米粉を使った野菜たっぷりのチヂミ

Photo_2

 我が家のカミさんは、韓国料理のチヂミが大好物である。特に「長ネギ」がたくさん入った「パチヂミ」が大好物である。

 今日の夕飯で、彩菜館で購入してきた「長ネギ」」と「にら」、「人参」を使って「チヂミ」を作った。せっかくなので「淡路製粉」さんの美味しい「米粉」を使って作ってみた。

 「米粉」は、秋田に来てから「彩菜館」で、よく購入して使い慣れているので生地の配合も迷わずに「パリパリ」に美味しく仕上げた。

 やはり、野菜がたっぷり入った「チヂミ」は、美味しい。

 「韓国料理」は、ヘルシーで野菜の良さを活かした料理が多いので勉強の為に横浜に住んでいる時は、頻繁に作っていた。

 また、久しぶりに「韓国料理熱」が上がりそうである。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月14日 (金)

米粉を衣に使った鮭のムニエルが美味しかった話し

Photo_2

 我が家では、生まれたばかりの娘の授乳やお風呂を夕方から夜にかけてカミさんが行っているので、最近の我が家の夕飯隊長は、私である。

 今日の夕飯では、「鮭のムニエル」を作ったのだが衣に「米粉」を使った。我が家には、今現在、「淡路製粉さん」から頂いた「美味しい米粉」があり、料理に頻繁に活用させてもらっている。

 そんな中でも衣として使う比率は、けっこう高い。「米粉」で衣を作ると軟らかい上に、身にしっかりと纏ってくれるので美味しい「ムニエル」などの「フレンチ」料理には抜群に美味しさを発揮してくれる。

 また、そんな「米粉」の衣に合わせたソースを考えるのも楽しく。料理をする腕も軽快となる。

 今日は、「レモン」と「ケーパー」を使ったさっぱりとした春らしいソースを作り、「ムニエル」にかけた。普段ならばクルトンをレモンの皮やパンで作りのせるのだが、今回は「米粉」の衣とソースのシンプルな味のハーモニーを楽しむ為に、あえてシンプルに仕上げた。

 カミさんの評判も上々でシンプルに仕上げたのが良かったようである。

 3月の「FOODEX 2010」で、他の産地の「米粉」も味見をさせてもらったが「秋田産の米粉」のクオリティは群を抜いていた。

 美味しいコメどころという部分も関係しているのかもしれないが、味は抜群である。

 後は、どのように活用していくかが今後大事になっていくのであろうと思う。

 「米粉」の普及に微力ながら協力していきたいと思う。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月 5日 (水)

こまち麺

Photo

 先日、友人からメールがあった。そこに、このような一文が書かれていた。

 「ぼんちゃんのブログで、「こまち麺」と「稲庭うどん」の記事探したけど無かったよ。野菜や果物だけでなく、私の好物の麺の記事も、たまには書いてちょ!!」

 自分では、書いたつもりでいたがブログをチェックしたら確かに書いていなかった・・・・。

 そんな訳で、今回は「こまち麺」の話である。

 「こまち麺」を始めて食べたのは、私が未だ「東京」で仕事をしている時で、「FOODEX 2008」の時である。その時に「秋田県ブース」で試食をさせてもらい社長さんと名刺交換をさせて頂き、「サンプル」を頂いた。

 発想が素晴らしくて感心したのを、今でもはっきりと覚えている。そして、今年の「FOODEX 2010」でも出展しており、忙しそうにしている社長さんに名刺だけお渡ししてきた。

 「こまち麺」は、秋田県産の「あきたこまち」を使った「半生麺」である。独特の粘りと甘み、旨みがあり、うるち米で作っている為に「モチモチ感」があり、とても美味しい。

 私も、東京と横浜在住時には、先に書いた友人を始め、いろいろな方に料理して食べてもらった。私は、「パスタ」を料理するのが好きなので、その応用で季節の野菜や魚を使ったメニューを考えて、友人達に振舞い大盛況だったのを思い出す。

 先日の友人からのメールを読んで、そんな懐かしい思い出を思い出してしまった。

 「こまち麺」のパッケージは変わってしまったが、思い出はいつまでも色あせない・・・・・。

 この友人には、昔喜んでもらった「とっておきのレシピ」と「こまち麺」を明日送ろうかなと思っている。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年4月24日 (土)

仙北市産いたどり

Photo_3

 引き続き「仙北市産の山菜」の話しである。今回は、「いたどり」の話である。

 この「いたどり」も「田沢湖方面の山(仙北市)」で採れたとの事である。

 「いたどり」は、タデ科イタドリ属の山菜で、若い茎の皮をむいて茹で、「酢のもの」、「お浸し」などにする。強めの酸味は「蓚酸」によるものである。

 行きつけの「佐藤青果さん」のオススメで捥ぎたての「若芽」を購入しきた。

 今回は、「イタリアン」で調理した。

 「にんにく」と「鷹の爪」を「オリーブオイル」で炒めて香りを出して、「いたどり」を炒める。程良く炒めたら「特製トマトソース」を入れて、しばらくコトコトと煮込む。

 仕上げに、「ドライバジル」を振りかけ、「バルミジャーノ・レッジャーノ」をすりおろして完成である。

 「若芽」はクセが無い為に、「トマトソース」との相性も良く美味しく馴染む。また新鮮な為に「いたどり」自体の味も濃厚なので味もしっかりと主張する。

 旬の美味しい「山菜」は、「イタリアン」でも美味しく食べる事ができる。

 定番の食べ方は、いろいろ食べきたので、これからは「イタリアン」や「中華」等、色々な料理にアレンジして「山菜」を楽しんでいきたい。

Photo_4

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年4月 7日 (水)

米粉で作る「旬のフルーツのクラフティ」

Photo_17

 私は、旬のフルーツを使った「クラフティ」が好きで頻繁に作る。作るときには「フルーツののシロップ漬け」から作るほどの凝り性である。

 「クラフティ」は、作るのが簡単なので大変お手頃である。

 最近は、「米粉」を使って作る事が多い。仕上がりがフワッとしており食感が最高の味わいとなる。

 「米粉」を使った「クラフティ」は、とても美味しいのでオススメのスウィーツのひとつである。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年4月 5日 (月)

さつまいものニョッキ

Photo_2

 私は、「ニョッキ」が好きで頻繁に作る。通常は、「じゃがいも」で作るが、「さつまいも」や「かぼちゃ」でも作る。先日も大潟村産の「さつまいも」を頂いたので「ニョッキ」を作った。

 今回は、つなぎに「小麦粉」ではなく「米粉」を使った。ふんわりとした食感になり美味しく食べる事が出来た。しかし、練るときにコツが必要な為に、コツを掴まないと難しいのが難点である。

 また、「さつまいも」も「金時系」のホクホクした芋を選ぶのが大事である。横浜にいる時に、料理研究家をやっている友人にも上手く作れないからと言われてポイントを伝授した事もある。

 私は、「さつまいも」や「かぼちゃ」の「ニョッキ」を作る際にはトロッと仕上げるのが好きである。トロッと仕上げる事によりソースとの馴染みのバランスが最高に良くなる。

 ちなみに。ソースは「ゴルゴンゾーラチーズ(青カビ)」をベースに「シシリアンルージュ(トマト)」やバルミジャーノをブレンドして作る。

 夏に食べる際には、横手産の「シシリアンルージュ」を使う。「地産地消」である。

 この記事を書いていたら、また「さつまいものニョッキ」が食べたくなってきてしまった・・・・・。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年3月18日 (木)

ウサギ肉のイタリアンソテー

Photo

 「道の駅 きょうわ」で購入した「ウサギ肉」の話である。

 今日のディナーで「ウサギ肉」を食べようという事になり、私が料理を行った。

 Photo_2

 まずは、「長ネギ」を斜めにしたものをフライパンに入れて「白ワイン」をかけて甘くなるまで弱火でソテーを行った。

 柔らかくなった頃を見計らかって、前もって下味をつけておいた「ウサギ肉」を投入してソテーを行い。仕上げに「米粉」を入れて和えて強火で焼き上げて完成である。

 「ウサギ肉」は、若干固めであるが味が濃厚で美味しく食べる事が出来た。味にくせもなく、とても食べやすかった。

 次回は、「煮込み料理」にして味わってみたい。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

100皿カレー | 100皿シチュー | Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) | CAFE | お米 | お茶 | かあちゃんの野菜畑 彩菜館 | がっこ(漬物) | たまねぎ食堂 | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | セミナー告知 | ソフトクリーム | ソフトドリンク | チーズ | ティラミス | ハーブ | パン | フォーマックさんのお料理教室 | ベジフルコミュニティあきた | 冬の果物 | 冬の海の幸 | 冬野菜 | 夏の果物 | 夏の海の幸 | 夏祭り | 夏野菜 | 川魚 | 弁当 | 心に響く言葉(人生の名言) | 愛菜果 | 料理に関する一考察 | 料理(レシピ) | 日記・コラム・つぶやき | 春の果物 | 春の海の幸 | 春野菜 | 朝市 | 果実のお酒 | 梅酒 | 海の幸 | 玉子 | 直売所 | 秋の果物 | 秋田のイベント | 秋田の名水 | 秋田の心和む風景 | 秋田の銘菓 | 秋田市民市場 | 秋野菜 | 米粉 | 納豆 | 緊急連絡 | 美容・コスメ | 肉料理 | 調味料 | 豆腐 | 農家レストラン | 道の駅 | 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) | 道の駅 あに(マタギの里) | 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) | 道の駅 おおがた | 道の駅 おがち(小町の郷) | 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) | 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) | 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) | 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) | 道の駅 ことおか(土笛の里) | 道の駅 さんない(ウッディらんど) | 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) | 道の駅 たかのす(大太鼓の里) | 道の駅 てんのう(夢と神話の里) | 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) | 道の駅 にしめ(はまなすの里) | 道の駅 はちもり(お殿水) | 道の駅 ひない(比内鶏の里) | 道の駅 ふたつい(きみまちの里) | 道の駅 みねはま(ポンポコ101) | 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) | 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) | 道の駅 十文字(まめでらが~) | 道の駅 協和(四季の森) | 道の駅 大館能代空港 | 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) | 道の駅 東由利(黄桜の里) | 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) | 道の駅 象潟(ねむの丘) | 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) | 郷土料理 | 酒蔵 | 野菜と果物について思うところ・・・ | 野菜と果物に関する一考察 | 野菜と果物のヘルシーパワー | 野菜と果物を楽しむ心 | 野菜ソムリエになる為の勉強方法 | 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) | 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) | 野菜作り | 鍋料理 | 魚醤 | 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー