子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

ハーブ

2011年4月29日 (金)

豚肩ロースのポワレ

皆様、地震災害の御心配をして頂きありがとうございます。

 引き続き私のブログを目にして頂き頑張って欲しいという気持ちを込めてブログ記事を書いていきたいと思います。

 また、私が無事であることを知らせるためにも、記事を書いていきたいと思います。

 Cimg0924

 本日は、「豚肩ロースのポワレ」を御紹介させて頂きたい。

 「ポワレ」は、お肉や魚に塩・胡椒して下味をつけ、オリーブ油で両面を色よく焼いた後、ソースと共に盛りつける料理である。

 今回は、「シャルキュティエール風ソース」と共に盛り付けた。

 「シャルキュティエールソース」とは、フランスのシャルキュティエ(ハム・ソーセージ・パテなどを扱う専門店)が作るソースである。

 この「シャルキュティエール風ソース」が堪らなく美味しい。

 「玉ねぎ」の甘みと白ワインビネガーの酸味に「マスタード」のピリッとした辛みの効いたソースが「豚肩ロース」の味を何倍も美味しくしてくれる。

 そして、「豚フィレ肉」の美味しさと「シャルキュティエール風ソース」との相性を更に深めてくれるのが、「あらびきブラックペッパー」である。

 「あらびきブラックペッパー」のスパイシーな味と香りがお料理の美味しさと香ばしさを極限まで引き立たせてくれるのである。

 このソースは、「豚肩ロース」を、さっぱりと美味しく頂く為には最適のソースである。

 このお料理も、とても美味しいので是非その美味しさを噛みしめて頂きたい。

レシピです

≪豚肩ロースのポワレ≫
 【材料】4人分
 豚肩ロース(160g)・・・4枚

 オリーブオイル・・・大さじ3

 バター・・・80g

 玉ねぎ・・・1個

 白ワイン・・・150cc

 白ワインビネガー・・・80cc

 ビーフ・スープ・・・300cc

 マスタード(ディジョン産)・・・30g

 ピクルス・・・60g

 パセリ(みじん切り)・・・適宜

 あらびきブラックペッパー・・・適宜

 塩・・・適宜


 【作り方】
 1.「豚肩ロース」は、両面に「塩」と「あらびきブラックペッパー」を振ります。
 2.フライパンに「オリーブオイル」と「バター」少量を熱し、1.をキレイな焦げ色がつくようにゆっくり焼きます。焼けたら一旦寄せておきます。
 3.「ソース」を作ります。「玉ねぎ」をみじん切りにして、2.の油を捨ててから「バター」で焦げないように炒めます。
 4.「白ワインビネガー」を注いで煮詰めます。

 5.「白ワイン」を加え、強火にして、焦げ付く寸前まで煮詰まったところへ、「ビーフ・スープ」を注ぎ、とろ火で約20分間煮ます。

 6.「マスタード」を小さなボールに入れ、「ソース」を少しずつ注いで、泡立て器でのばします。

 7. ある程度混ざったら、「ソース」の鍋に戻し、溶かし合わせて味を調え漉します。「マスタード」が入った後は絶対に沸騰させてはいけません。

 8. 「ピクルス」を4cm位の長さで切り、「ソース」に加えます。これで「ソース」は完成です。

 9.お皿に「豚肩ロース」を盛り付けて、「ソース」をかけます。最後に「パセリ」を振って完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年2月 3日 (木)

牛フィレ肉のハーブサラダ 和風醤油&バルサミコ酢風味

 Cimg0965

 先日、『GABANスパイスドレッシングアイデアレシピコンテスト』のモニター希望の申し込みをしたら「当選しました!!」という嬉しいお知らせが来た。

 そんなわけで、GABANの素敵なスパイスドレッシングを使ったお料理を御紹介させて頂いている。

 GABANの「スパイスドレッシング」を使って作る五つ目の料理は、「牛フィレ肉のハーブサラダ 和風醤油&バルサミコ酢風味」である。

 「牛フィレ肉のハーブサラダ 和風醤油&バルサミコ酢風味」は、「牛フィレ肉」に「塩」と「あらびきブラックペッパー」を振って表面を焼き上げて叩いて薄くのばし、その上に食べやすく千切った「ハーブ」と薄くスライスした「バルミジャーノ。レッジャーノ」をのせた「サラダ」である。

 ドレッシングは、勿論「GABANスパイスドレッシング <和風醤油&バルサミコ酢>」である。

 このお料理は、作り方は至ってシンプルであるが、「お肉」の香ばしさと「バルミジャーノ・レッジャーノ」のコクに、「ハーブ」の滋味深い味が加わり奥深い美味しさが醸し出されている。

 その美味しいサラダに「GABANスパイスドレッシング <和風醤油&バルサミコ酢>」が加わる事により素材の美味しさが十二分に活きてくるのである。

 食べる度に口の中に広がる「和風醤油&バルサミコ酢」の爽快な味が広がる様は、まるで森林で気持ちよく深呼吸をしたかのようである。

 このお料理も、ホームパーティで、何かもう一品作りたいけど時間が無いという時や、アイデアが浮かばない時には重宝する。

 味だけではなく見栄えも映えるので、パーティー向きである。

 食べ応えのある「サラダ」を食べたいと思った時には、是非試して頂きたい逸品である。

 

レシピです

≪牛フィレ肉のハーブサラダ バルサミコ風味≫
 【材料】1皿分
 牛フィレ肉・・・60g

 ハーブ(ルッコラ、マスタードグリーン、ベビーリーフサラダなど)・・・適宜

 バルミジャーノ・レッジャーノ(チーズ)・・・10g

 ラード(焼き油用)・塩・あらびきブラックペッパー・・・適宜

 GABAN スパイスドレッシング <和風醤油&バルサミコ酢>・・・大さじ1.5

  ※ハーブの比率は自由です。辛めに仕上げたいときは「マスタード・グリーン」を多めに入れてください。

【作り方】
 1.「牛フィレ肉」に「塩」・「あらびきブラックペッパー」をふります。充分に熱したフライパンに「ラード」を溶かし、強火で「牛フィレ肉」を焼きます(中は半生の状態。いわゆるミディアム・レア)。
 2. 1.を熱いうちに2~3cmの厚さのそぎ切りにし、ラップではさみ、肉叩きで薄くのばして皿に盛ります。
 3.「ハーブ」は食べやすい大きさにちぎり、軽く混ぜて2.の上にのせます。上から「GABANスパイスドレッシング <和風醤油&バルサミコ酢>」をかけ、スライスした「バルミジャーノ・レッジャーノ」をのせて完成です。
 

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

レシピブログのGABAN®スパイスドレッシングアイデアレシピコンテスト参加中

2011年1月 2日 (日)

お正月は旬の魚を豪快に食べよう!!黒そいのハーブ塩釜焼き

Cimg0993  

 本日もお正月に作ったお料理を御紹介させて頂きたいとおもう。

 旬の魚を使った逸品「黒そいのハーブ塩釜焼き」である。

 我が家では、正月の定番である。

 これがないと正月の食卓は盛り上がらない。

 「塩釜」を仕込む際に、「ハーブ」を練り込み、「黒そい」を丸ごと包んで焼き上げた料理である。

 「黒そい」を焼き上げるときは、「セージ」をめいいっぱい効かせる。

 「セージ」を使うと風味がとても良くなり、美味しくなるのである。

Cimg0990

 また、出来あがった「塩釜」を叩き割るのが楽しい。

 我が家でも、誰が割るのかで揉めるほどである。

 お子様がいる御家庭なら割る時に盛りあがる事請け合いである。

 「塩釜」を割った後に、「黒そい」を掘り出して食べるのだが、これが信じられないくらい美味しい。

 「ハーブ」の味が、「黒そい」に浸透しており美味いの何のって、やめられなくて止まらない味なのである。

 特に、塩がまぶされた「お魚の表面」が香ばしく堪らない。 

 「ハーブ」の香りがツーンと鼻を抜け、噛みしめる度に口に広がる旨みが最高である。

 この料理は、ホームパーティでも作る事が多いが、評判がすこぶる良い!!

 お正月には、大きい「黒そい」を丸ごと塩釜焼きにするのが最高の贅沢である。

 お正月に塩釜を割れば盛り上がること間違い無しである。

レシピです

≪黒そいのハーブ塩釜焼き≫
【材料】4人分
黒そい(大)・・・2匹

岩塩(粒子の大きい塩)・・・1.5kg

卵白・・・6個
ハーブ(セージ、タイム、パセリなど)のみじん切り・・・大さじ12(今回は、黒そいですのでローズマリーを大さじ6、他のスパイスを大さじ3ずつ使いました。)
セージ・・・適宜

【作り方】
1.「岩塩」と「卵白」と「ハーブのみじん切り」を全部混ぜてペースト状にし、一部を耐熱皿に平らにのばします。
2.1.の上に「黒そい」を置き、「セージ」をのせ、残りのペーストで「黒そい」をすっぽりと覆うようにします。

3.200℃のオーブンで約1時間焼いて完成です。

※岩塩のペーストが耐熱皿にこびりつくので、耐熱皿の上に、皿よりもやや小さめに切ったアルミホイルを敷いておくと後片付けが楽です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年12月27日 (月)

牛フィレ肉のハーブサラダ バルサミコ風味

 Cimg0965

  『GABAN「パーティで大活躍♪スパイスを使った肉料理」』のモニター希望の申し込みに当選して、張り切ってお料理を楽しんでいる♪

 今回は、GABANの素敵なスパイスを使った肉料理の第6弾を御紹介させて頂きたいと思う。

 GABANの「あらびきブラックペッパー」を使った肉料理「牛フィレ肉のハーブサラダ バルサミコ風味」である。

 「牛フィレ肉のハーブサラダ バルサミコ風味」は、「牛フィレ肉」に「塩」と「あらびきブラックペッパー」を振ってを表面を焼き上げて叩いて薄くのばし、その上に食べやすく千切った「ハーブ」と薄くスライスした「バルミジャーノ。レッジャーノ」をのせた「サラダ」である。

 ドレッシングは、「バルサミコ酢」を効かせた甘酸っぱい味である。

 このお料理は、作り方は至ってシンプルであるが、「お肉」の香ばしさと「バルミジャーノ・レッジャーノ」のコクに、「ハーブ」の滋味深い味が加わり奥深い美味しさが醸し出されている。

 このお料理も、ホームパーティで、何かもう一品作りたいけど時間が無いという時や、アイデアが浮かばない時には重宝する。

 味だけではなく見栄えも映えるので、パーティー向きである。

 食べ応えのある「サラダ」を食べたいと思った時には、是非試して頂きたい逸品である。

 

レシピです

≪牛フィレ肉のハーブサラダ バルサミコ風味≫
 【材料】1皿分
 牛フィレ肉・・・60g

 ハーブ(ルッコラ、マスタードグリーン、ベビーリーフサラダなど)・・・適宜

 バルミジャーノ・レッジャーノ(チーズ)・・・10g

 ラード(焼き油用)・塩・あらびきブラックペッパー・・・適宜

 

 (ドレッシングの材料)・・・合わせておきます。

 バルサミコ酢・・・小さじ1

 エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル・・・大さじ1

 塩・胡椒・・・適宜

 ※ハーブの比率は自由です。辛めに仕上げたいときは「マスタード・グリーン」を多めに入れてください。

  【作り方】
 1.「牛フィレ肉」に「塩」・「あらびきブラックペッパー」をふります。充分に熱したフライパンに「ラード」を溶かし、強火で「牛フィレ肉」を焼きます(中は半生の状態。いわゆるミディアム・レア)。
 2. 1.を熱いうちに2~3cmの厚さのそぎ切りにし、ラップではさみ、肉叩きで薄くのばして皿に盛ります。
 3.「ハーブ」は食べやすい大きさにちぎり、軽く混ぜて2.の上にのせます。上から「ドレッシング」をかけ、スライスした「バルミジャーノ・レッジャーノ」をのせて完成です。
 

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

レシピブログのGABANスパイスを使った肉料理レシピモニター参加中

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年12月18日 (土)

豚肩ロースの白ワイン煮込み ローズマリー風味

Cimg0936  

 『GABAN「パーティで大活躍♪スパイスを使った肉料理」』のモニター希望の申し込みに当選して、張り切ってお料理を楽しんでいる♪

 今回は、GABANの素敵なスパイスを使った肉料理の第5弾を御紹介させて頂きたいと思う。

 GABANの「ローズマリー」を使った肉料理「豚肩ロースの白ワイン煮込み ローズマリー風味」である。

 「豚肩ロースの白ワイン煮込み ローズマリー風味」は、「豚肩ロース」に「塩」と「あらびきブラックペッパー」、「ローズマリー」、「タイム」を塗して表面を焼き上げて、「白ワイン」で煮込んだ料理である。

 この料理は、作り方は至ってシンプルであるが、「スパイス」と「白ワイン」の風味が「豚肩ロース」にじんわりと程良く染み込んでおり信じられないくらい美味しい。

 ホームパーティで、何かもう一品作りたいけど時間が無いという時や、アイデアが浮かばない時には重宝する。

 噛みしめる度に口の中に広がる芳醇な肉汁は、食べている人間を間違いなく幸せにしてくれる。

  また、このお料理は味だけではなく見栄えも映えるので、パーティー向きである。

  シンプルで美味しい「肉料理」を食べたいと思った時は、是非試して頂きたい逸品である。

 

レシピです

≪豚肩ロースの白ワイン煮込み ローズマリー風味≫
 【材料】4人分
 豚肩ロースのかたまり肉・・・400g

 塩・あらびきブラックペッパー・・・各小さじ1/2

 オリーブオイル・・・大さじ1

 ローズマリー・・・小さじ1

 タイム・・・小さじ1/2

 白ワイン・・・250cc

 (付け合わせ)

 大豆(さやから出した実)・・・300g

 オリーブオイル・・・大さじ2

 塩・・・適宜

  【作り方】
 1.「豚肩ロース」は、タコ糸で縛り、「塩」と「あらびき黒胡椒」、「ローズマリー」、「タイム」を手で摺りこみます。
 2.鍋に「オリーブオイル」を熱し、「豚肩ロース」全体にしっかりと焼き色をつけます。
 3.「白ワイン」を加えて蓋をし、弱火で30分間煮込むます。付け合わせの「大豆」は茹でて、すりつぶし、「オリーブオイル」と「塩」を加えて練っておきます。
 4.「豚肩ロース」の中央に竹串を刺して、出てきた汁が透き通っていたら出来上がりです。煮汁ごと冷まし、スライスして煮汁をかけます。付け合わせを添えて「ローズマリー(分量外)」をあしらい完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

レシピブログのGABANスパイスを使った肉料理レシピモニター参加中

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年12月11日 (土)

トレビスのグリル

 Dsc00228

 先日、「トレビス」を美味しく食べるお料理を紹介してほしいという御要望を頂いた。

 今回は、その御要望にお応えして「トレビスのグリル」を御紹介させて頂く。

 「トレビス」は、イタリアのお野菜で歯切れがよく、ほろ苦さが特徴である。

 鮮やかな赤紫色と歯応えを活かし、生でサラダにするのが一般的であるが、ソテーやグリルにしても美味しい。またリゾットやスープ、グラタンに入れても美味しい。

 「トレビスのグリル」は、「トレビス」の命である葉の苦みを活かしている。

 グリルして水分を飛ばすことでその苦みを最大限に引き出し、さらに「オリーブオイル」を加える事でまろやかさをプラスしている。

 このレシピは、「トレビス」だけではなく「チコリ」など苦みのあるお野菜にはもってこいである。

 温かいうちに食べると、思わず笑顔になる。

 ワインがすすむ逸品である。

 12月になると、クリスマスを始めとするパーティシーズンである。

 そんな中に「トレビスのグリル」のような美味しいお野菜料理があると盛り上がること間違いなしである。

 ビターな大人のグリル「トレビスのグリル」は、食べていると人生のほろ苦さを感じさせてくれる。

 しかし、そのほろ苦さをクイッとワインで流すと幸せが口いっぱいに広がる。

 ほろ苦いからこそ、人生が楽しくなっていく。

 そんな事を考えさせてくれる素敵な逸品である。

レシピです

≪トレビスのグリル≫
 【材料】4人分
 トレビス・・・1玉
 バルミジャーノ・レッジャーノ・・・適宜
 オリーブオイル・・・適宜
 バルサミコ酢・・・適宜
 塩・黒胡椒・・・適宜

【作り方】
1.「トレビス」は縦1/4にカットして、中弱火で熱したフッ素樹脂加工のフライパンで油をひかずに焼きます。
2.しんなりして葉に焼き色がついたらボウルに移し、「オリーブオイル」、「バルサミコ酢」、「塩」、「黒胡椒」を加えてさっと和えます。
3.皿に盛り、薄切りにした「バルミジャーノ・レッジャーノ」を散らします。好みで塩、黒胡椒をふって完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年12月10日 (金)

れんこんのイタリアンソテー

Dsc00216  

 本日は、旬のお野菜を使った「れんこんのイタリアンソテー」を御紹介させて頂こうと思う。

 「れんこんのイタリアンソテー」は、「パンチェッタ」を調味料感覚で使って塩気とコクをプラスした料理である。

 「パンチェッタ」で塩気を、「バルサミコ酢」で酸味を、「ローズマリー」で風味にアクセントをつけている。

 この3つのイタリアン食材を使う事で、「れんこん」のえぐみが独特の旨みに早変わりするのである。

 この料理は、シンプルであるが、シンプルだからこそ奥が深い!!

 ソテーのやり方次第で美味しさが左右される。

 私は、「バルサミコ酢」を使ってソテーした料理が大好物である。

 東京にいたときにお気に入りのイタリアンレストランがあり、そこで食べた「バルサミコ酢」でソテーした「やがら」が美味しくて感動したのである。

 その時から、「バルサミコ酢」は、私のお気入りの調味料のひとつとなった。

 その中でも、この「れんこんのイタリアンソテー」はお気に入りの料理のひとつである。

 「バルサミコ酢」で、美味しいお料理を食べたい方や、「れんこん」が好きな方には是非食べて頂きたい逸品である。

 これからの季節のおすすめの「野菜料理」である!!

レシピです

≪れんこんのイタリアンソテー≫
 【材料】4人分
 れんこん・・・1本(300g)
 パンチェッタ(イタリアのベーコン)・・・50g
 ローズマリー・・・2枝
 にんにく・・・適宜
 オリーブオイル・・・適宜
 バルサミコ酢・・・適宜
 塩・・・適宜

【作り方】
1.「れんこん」は皮をむいて3mmの厚さに切ります。「パンチェッタ」は小さめの角切りにします。
2.フライパンに「オリーブオイル」を入れて中火にかけ、「パンチェッタ」を軽く炒めたら、「れんこん」を加えて3~4分、歯応えが残る程度に炒めます。
3.みじん切りにした「ローズマリー」と「にんにく」、「バルサミコ酢」、「塩」を加えて味を調えて完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年12月 6日 (月)

パーティで大活躍♪豚もも肉のスパイス塩釜焼き

Cimg0874  

先日、『GABAN「パーティで大活躍♪スパイスを使った肉料理」』のモニター希望の申し込みをしたら「当選しました!!」という嬉しいお知らせが来た。

 そんなわけで、GABANの素敵なスパイスを使った肉料理を御紹介させて頂きたいと思う。

 愛用のGABANのスパイスを使ってよく作る料理のひとつは、「豚もも肉のスパイス塩釜焼き」である。

 「豚もも肉のスパイス塩釜焼き」は、魚で作る「塩釜焼き」を私なりにアレンジした料理である。

 「野菜」でも作る事が多いが、「お肉」で美味しく作る事も多い。

 「塩釜」を仕込む際に、「スパイス(私は、ローズマリー、パセリ、タイムを使用する事が多い)」を練り込み、「豚もも肉」を包んで焼き上げた料理である。

Cimg0866

 「豚もも肉」を焼き上げるときは、「ローズマリー」をめいいっぱい効かせる。

 「ローズマリー」を使うと風味がとても良くなり、美味しくなるのである。

 出来あがった「塩釜」を叩き割るのが楽しい。

 我が家でも、誰が割るのかで揉めるほどである。

 お子様がいる御家庭なら割る時に盛りあがる事請け合いである。

 「塩釜」を割った後に、「豚もも肉」を掘り出して食べるのだが、これが信じられないくらい美味しい。

 「スパイス」の味が、「豚もも肉」に浸透しており美味いの何のって、やめられなくて止まらない味なのである。

 特に、塩がまぶされた「お肉の表面」が香ばしく堪らない。 

 スパイスの香りがツーンと鼻を抜け、噛みしめる度に口に広がる旨みが堪らない。

 この料理は、ホームパーティで作る事が多いが、評判がすこぶる良い!!

 パーティのシーズンには、「豚もも肉」を丸ごと塩釜焼きにするのが最高の贅沢である。

 パーティで塩釜を割れば盛り上がる事間違い無しである。

Cimg0876

レシピです

≪豚もも肉のスパイス塩釜焼き≫
【材料】4人分
豚もも肉・・・400g

岩塩(粒子の大きい塩)・・・500g

卵白・・・2個
GABANスパイス(ローズマリー、タイム、パセリなど)のみじん切り・・・大さじ4(今回は、豚もも肉ですのでローズマリーを大さじ2、他のスパイスを大さじ1ずつ使いました。)
ローズマリー(GABANスパイス)・・・適宜

【作り方】
1.「岩塩」と「卵白」と「スパイスのみじん切り」を全部混ぜてペースト状にし、一部を耐熱皿に平らにのばします。
2.1.の上に「豚もも肉」を置き、「ローズマリー(GABANスパイス)」をのせ、残りのペーストで「豚もも肉」をすっぽりと覆うようにします。

3.200℃のオーブンで約1時間焼いて完成です。

※岩塩のペーストが耐熱皿にこびりつくので、耐熱皿の上に、皿よりもやや小さめに切ったアルミホイルを敷いておくと後片付けが楽です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

レシピブログのGABANスパイスを使った肉料理レシピモニター参加中

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年10月14日 (木)

さんまのハーブグリル

Photo

 美味しい「秋田県産さんま」が手に入ったので 、「ハーブグリル」にして食べた。

 旬の「さんま」は、濃厚な旨みがあるので、「ハーブ」を使っていなたく料理すると抜群の美味しさである。

 フライパンに、オリーブオイルを敷き、スライスした「にんにく」を入れて香りが出るまで炒めて、「さんま」を投入。

 「さんま」に火が通ったら、「白ワイン」と「ハーブ」を入れて煮込んでいく。

 「ハーブ」は、「タイム」と「イタリアンパセリ」、「ローリエ」を使った。

 シンプルな調理法であるが、とても美味しいのである。

 次回は、「パスタ」にして食べてみたいと思う。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年6月24日 (木)

ハーブワールドAKITA

Photo_4

 「道の駅 にしめ」の傍に「ハーブワールドAKITA」がある。

 「ハーブワールドAKITA」は、いろいろなハーブが購入できる素敵な場所である。

 秋田にUターンしてきて「ハーブ」が手に入らなく困る事が多くなった。その為に、よく使う「ハーブ」は実家に置かせて貰っている。

 今日も、欲しい「ハーブ」があるので寄る事にした。

 今は、「ラベンダー」のシーズンという事もあり園内は「ラベンダー一色」であった。

 今日は、「オレガノ」と「ラベンダー」を購入した。私は、「ラベンダー」の香りが好きで10代の頃から「ラベンダー畑」に、よく足を運んでいた。

 いろいろなところに旅行に行った際に、「ラベンダー畑」があると必ず立ち寄る。

 イメージと合わないので、この事は滅多に口にはしないが・・・・・。

 次回来る時は、カミさんと娘を連れて来て散歩をしたいと思う。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

100皿カレー 100皿シチュー Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) CAFE お米 お茶 かあちゃんの野菜畑 彩菜館 がっこ(漬物) たまねぎ食堂 ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム セミナー告知 ソフトクリーム ソフトドリンク チーズ ティラミス ハーブ パン フォーマックさんのお料理教室 ベジフルコミュニティあきた 冬の果物 冬の海の幸 冬野菜 夏の果物 夏の海の幸 夏祭り 夏野菜 川魚 弁当 心に響く言葉(人生の名言) 愛菜果 料理に関する一考察 料理(レシピ) 日記・コラム・つぶやき 春の果物 春の海の幸 春野菜 朝市 果実のお酒 梅酒 海の幸 玉子 直売所 秋の果物 秋田のイベント 秋田の名水 秋田の心和む風景 秋田の銘菓 秋田市民市場 秋野菜 米粉 納豆 緊急連絡 美容・コスメ 肉料理 調味料 豆腐 農家レストラン 道の駅 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) 道の駅 あに(マタギの里) 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) 道の駅 おおがた 道の駅 おがち(小町の郷) 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) 道の駅 ことおか(土笛の里) 道の駅 さんない(ウッディらんど) 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) 道の駅 たかのす(大太鼓の里) 道の駅 てんのう(夢と神話の里) 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) 道の駅 にしめ(はまなすの里) 道の駅 はちもり(お殿水) 道の駅 ひない(比内鶏の里) 道の駅 ふたつい(きみまちの里) 道の駅 みねはま(ポンポコ101) 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) 道の駅 十文字(まめでらが~) 道の駅 協和(四季の森) 道の駅 大館能代空港 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) 道の駅 東由利(黄桜の里) 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) 道の駅 象潟(ねむの丘) 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) 郷土料理 酒蔵 野菜と果物について思うところ・・・ 野菜と果物に関する一考察 野菜と果物を楽しむ心 野菜ソムリエになる為の勉強方法 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) 野菜作り 鍋料理 魚醤 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー