子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

豆腐

2012年5月 1日 (火)

春の優しさを味わおう!!こごみの白和え

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo
 本日は、「こごみの白和え」を御紹介させて頂きます。 

 このお料理は、「こごみ」のしゃきしゃき感と、「お豆腐」の柔らかで優しい味わいとのバランスが何とも言えません。

 そこに優しく薫る「だし」の味わいも堪りません。

 私は、「山菜」と「お豆腐」の組み合わせは美味しいので大好きです。

 毎年、春になると「こごみ」や「わらび」等の「山菜」で「白和え」を作って食べるのを楽しみにしております。

 心がほっこりと和む「白和え」は、大好きなお料理のひとつです。

 「白和え」は、調味料の組み合わせで遊べるのも素敵です。

 素材によって配合を変えるのは、ついついハマってしまいます。

 そして、調味料が堪らなく素敵な仕事をしてくれるので嬉しくなってしまいます。

 いろいろな素材の組み合わせにより醸し出される美味しさはテンションが上がります。

 ここに「山菜料理」の醍醐味のひとつがあります。

 そして、「山菜」と「お豆腐」の魅力を再認識するには、この「和え物」はぴったりです。

 さっぱりと優しく食べやすい美味しさは心を和ませてくれます。

 「こごみ」と「お豆腐」の優しい食感は噛み締める度に幸せな気持ちになって参ります。

 とても清々しく心地よい食感なので、美味しい「和えもの」が食べたい時には持ってこいです。

 この魅力的な味は、心と身体に春しか味わえない心地よさをもたらしてくれます。

 心地よく春を満喫したい方には是非食べて頂きたい「和え物」のひとつです。

本日のティラミス

1

熱心にiPadと向き合っております無我夢中です

レシピです

≪こごみの白和え≫

【材料】(4人分)

こごみ・・・1pk

だし汁・・・100mg

濃口醤油・・・小さじ2

味醂・・・小さじ1

日本酒・・・大さじ1

木綿豆腐・・・1/2丁

和え衣の調味料・・・・・・・

薄口醤油・・・小さじ1/2

味醂・・・大さじ1/2

塩・・・少々

※「木綿豆腐」と「和え衣の調味料」は、あらかじめ和えておきます。

【作り方】

1.「こごみ」は洗って汚れを落とします。お鍋に「だし汁」を入れて「調味料」を加えます。さらに「こごみ」を加え5分程煮て冷まします。

2.食べやすい大きさ(3cmくらい)にカットし、ザルで水気をきり「和え衣」と合わせて完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年6月22日 (水)

おからとキムチの韓国風玉子焼き

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo  

 美味しい卵焼きを食べたいと思い「おからとキムチの韓国風玉子焼き」を作る事にした。

 私は、「卵焼き」が好きで頻繁に作る。

 その際に、「お野菜」だけではなく、「おから」や「キムチ」を使うことも多い。

 今回は、「おから」と「白菜キムチ」をセレクトして、刻んだ「長ねぎ」と「にんにく」を加えて作る事にした。

 調味料は、「胡麻油」と「醤油」を使い、韓国風の「玉子焼き」に仕上げた。

 この「玉子焼き」は、それぞれの素材の持ち味がしっかりと活きているのが美味しさのポイントである。

 それぞれの食材がお互いを引き立たせており味の相乗効果を生み出してくれるのが嬉しい。

 おかずとしてもオススメであるが、お酒のつまみとして食べても申し分ない。

 この「玉子焼き」は、「キムチ」の味で美味しさが左右される。

 よく発酵した美味しい「キムチ」をセレクトしたい。

 「玉子焼き」が好きな方には、是非作って食べてみて頂きたい。

 濃厚かつ優しい味わいは一度味わってみる価値ありである。

レシピです

≪おからとキムチの韓国風玉子焼き≫

【材料】4人分

おから・・・適宜

キムチ・・・150g

卵・・・3個

長ねぎ(小口切り)・・・大さじ1

にんにく(みじん切り)・・・・・大さじ1/2
すりごま・・・小さじ2

醤油・・・大さじ2

胡麻油・・・大さじ1.5

【作り方】

1.ボウルに「卵」と「おから」、「醤油」を入れて、よく混ぜます。

2.「キムチ」と「長ねぎ」、「にんにく」、「胡麻油」、「すりごま」を和えてフライパンで炒めます。

3. 2.に1.を加えて切るように混ぜて焼いていきます。表面が固まり掛けましたら、ひっくり返し、じっくり焼いて完成です。

体調が良くなって参りました。少しずつコメントのお返事にも伺いますので宜しくお願い致します。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年5月29日 (日)

麻婆厚揚げ

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

 

Photo

  「麻婆豆腐」が好きだという事もあって、「麻婆ソース」をアレンジして食べるのが大好きである。

 定番の「麻婆茄子」を始め、「麻婆にんじん」、「麻婆とまと」、「麻婆南瓜」etc、いろいろと味を楽しむのが堪らない。

 今回は、そんな中から大好きな「厚揚げ」を入れてアレンジした「麻婆厚揚げ」を御紹介したいと思う。

 このお料理は、美味しい「厚揚げ」が手に入ると必ず作る我が家の定番料理である。

 「厚揚げ」のとろっとした食感と「麻婆ソース」のピリ辛感がよく絡み絶妙のハーモニーを醸し出してくれる。

 ご飯のおかずには持ってこいの逸品である。

 このお料理のポイントは、「厚揚げ」を手でちぎって油抜きを行なっている部分である。

 ざっくりと手でちぎることにより、味がしっかりと染み込み美味しさが際立ってくるのである。

 些細なことに気を配ることにより味が奥深くなり美味しくなる。

 これだからお料理は楽しくてたまらないのである。

  これからの時期に、ピリ辛でおいしいお料理はかかせない。

 「麻婆厚揚げ」は、そんな時期にじっくりと味わって心を豊かにして頂きたいお料理のひとつである。

レシピです

≪麻婆厚揚げ≫

【材料】(4人分)

厚揚げ・・・2枚

豚ひき肉・・・100g

にんにくの茎・・・50g

サラダ油・・・大さじ1.5

水溶き片栗粉・・・大さじ3(各大さじ1.5ずつ)

生クリーム・・・小さじ2

A・・・・・

にんにく・・・1片

生姜薄切り・・・2枚

長ネギ・・・1本

豆板醤・・・大さじ1/2

豆豉・・・大さじ1

おろしにんにく・一味唐辛子・・・各小さじ1

B・・・・・

鶏がらスープ・・・小さじ3/4

醤油・・・大さじ2

【作り方】

1.「厚揚げ」は食べやすい大きさに手でちぎり、油抜きをします。

2.「豆板醤」をのぞいたAの食材をみじん切りにします。

3.「にんにくの茎」は2cmの長さに切り、「塩」少々を加えた熱湯でゆで水にとります。冷めたら水気をよく切ります。

4.フライパンに「サラダ油」を入れ、強火でAを炒め、全体に混ざったら「豚挽き肉」を加えてほぐしながら炒めます。

5.「厚揚げ」を加えて、なるべく崩さないように大きく炒めます。さらにBを加えて、1分ほど強火で煮ます。

6.「水溶き片栗粉」でとろみをつけ、「にんにくの茎」を加えて火を止めます。仕上げに「生クリーム」を加えて和えて完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2010年7月29日 (木)

おからのイタリアンサラダ

Photo_3

 「華ちゃん豆腐のおから」と夏野菜で「おからのイタリアンサラダ」を作った。

 「イタリアンサラダ」と書いているが、私が「イタリアンサラダ風」にアレンジした創作料理である。正式なイタリアンではないので、「イタリア人もおからを食べるのかぁ」と早とちりをしないで頂きたい。

 この「イタリアンサラダ」は、煎った「おから」と個々に味付けした「夏野菜」を和えただけのシンプルなサラダであるが、とても美味しい。

 この「イタリアンサラダ」を食べた人は、その味の美味しさに驚く。それと彩りが華やかなので女性にはウケが良い。

 東京にいた時に、イタリア人の友人に振舞ったこともあるが、本場のイタリア人達にも好評であった。

 特に、夏には持って来いのサラダである。「ワイン」との相性も抜群である。

 自分の好きな野菜を使って料理を考えるのは本当に楽しい。

 料理を考えるだけで、毎日が楽しくなっていくから不思議である。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年6月 3日 (木)

野菜たっぷりの肉豆腐

Photo

 我が家の定番料理「野菜たっぷりの肉豆腐」の話しである。

 我が家では、定番の料理がいくつかあるが「肉豆腐」は定番中の定番である。その日その日で冷蔵庫に残っている野菜や旬の美味しい野菜を使って料理するのである。

 これがシンプルなのだが、とても美味しい。自分のお気に入りの「豆腐」と「お肉」と何種類かの野菜を入れるだけなのだが、野菜の旨みが「豆腐」と「お肉」に染み込み格別な味わいとなる。

 最近は、「華ちゃん豆腐」と「太平ポーク」を組み合わせる事が多い。秋田は美味しいお野菜が多いので、「秋田県産の野菜」にこだわるだけで美味しい料理となる。

 私は、出汁もしっかりとって料理するのでより深い味となる。

 出汁も、いちいちとらなくても「水だし」や「鶏ガラ」等を活用すれば手間が掛らず美味しい出汁がとれる。

 この「野菜たっぷりの肉豆腐」は、シンプルで美味しいので是非作ってみてほしい。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月28日 (金)

おからと野菜のブルーチーズソース仕立て

Photo_3

 話すと、いつも驚かれるのであるが、実は「おから」と「ブルーチーズ」は相性が良い。

 私は、「おから」を「チーズ」と一緒に料理するのが好きである。勿論、野菜も一緒に炒める。

 今回は、「ミセラ」というデンマーク産のブルーチーズを使った。ミセラは、イタリアのゴルゴンゾーラチーズをまねて作られたチーズで、ブルーチーズの中でも塩味が弱くクリーミーなのが特徴である。

 最初に、「新玉ねぎ」と「人参」を弱火で炒めて甘みを引き出す。その後に「おから」を入れて水分を飛ばしサラサラの状態にする。

 「おから」がサラサラになったら、「豆乳」と「生クリーム」を入れて炒める。最後に「ブルーチーズ」を入れて溶かし絡めて、上に「パセリ」のみじん切りを散らして完成である。

 これが、堪らなく美味しくて食べていて手が止まらなくなる。

 特に、「ブルーチーズ」が好きな人には堪らない味である。

 料理に使った「おから」は、勿論「華ちゃん豆腐工房のおから」である。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月26日 (水)

おからと野菜の煮物

Photo_2

 昨日の記事で書いた「華ちゃん豆腐工房」で作られた栄養満点の「おから」と「冷蔵庫」に入っていた野菜を使って煮物を作ってみた。

 我が家では、美味しい「おから(丸大豆から作られている栄養満点のおから)」が手に入ると、必ず野菜と一緒に煮物にする。

 入れる野菜は、何でも良い。「冷蔵庫」の中の余っている野菜でOKである。

 我が家では、旬の野菜を入れて作る事が多い。そうすると、季節感が感じられ食卓が華やかになるからである。

 味付けもシンプルで食べ飽きないので、弁当のおかずにも持ってこいである。

 参考までにレシピをのせておきますので、もし宜しかったら活用してみてください。

 ≪おからと野菜の煮物≫

 材料(4人分)・・・

 おから・・・80g

 長ネギ・・・1/4本

 人参・・・30g

 唐筍(真筍)・・・6本

 新玉ねぎ・・・1/2個

 ※野菜は、自分の好みで選んでみてください。参考までに今回の我が家の材料をのせておきます。

 胡麻油・・・大さじ2

 だし(昆布ベースのだし)・・・360cc

 醤油・・・大さじ1

 塩・・・少々

 絹さやえんどう・・・4枚

 作り方・・・

 ①長ネギは1cmの斜め切りにします。

 ②人参は、皮をむいてイチョウ切りにします(有機野菜でしたら皮ごと切っても良いです。)

 ③新玉ねぎは、イチョウ切りにする。

 ④唐筍(真筍)は、穂先を切り落として縦に薄く包丁を入れて皮をむきます。そして食べやすい大きさに切ります。

 ⑤鍋にごま油大さじ1をひいて、おからをよく炒めます。最初は強火で、おからが熱くなったら弱火にして、水分が抜け、かたまったおからがさらさらになるまで炒めます。

 ⑥別の鍋に胡麻油大さじ1を入れて熱し、野菜を炒めます絹さやえんどう以外)。だしに醤油と塩で味をつけて加えて煮ます。

 ⑦火が通ったら⑤のおからを入れて仕上げます。

 ⑧器に盛り、熱湯でさっとゆでた絹さやえんどうを斜め切りにして、天に盛ります。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月25日 (火)

華ちゃん豆腐工房のおから

Photo

 「彩菜館」に行くと、「華ちゃん豆腐」を始めとした「華ちゃんシリーズ」を購入するのを楽しみにしているが、その中でたまにしか購入できない「おから」について書きたいと思う。

 「おから」とは、「豆腐作り」の副産物である。「おから」にはミネラルやビタミンが多く含まれている。

 「華ちゃん豆腐工房」では、丸大豆をそのまま使って美味しい豆腐を作っている為に「華ちゃん豆腐工房」の「おから」は栄養満点である。

 「彩菜館」で、「華ちゃん豆腐工房」の「おから」を見つけたら購入して料理する事をオススメしたい。

 「丸大豆」から「豆腐」を作っている「豆腐屋さん」の「おから」は栄養満点な上に最高の味がするからである。

 それと、「華ちゃん豆腐工房」のそばにある農家レストラン「地張庵」のランチもオススメである。

 本物の「豆腐の味」を味わいたければ行ってみるのをオススメする!!

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月 9日 (日)

えごま豆腐(えごまの実で作った手作り豆腐)

Photo_2

 昨日の夕飯で食べた「くるみ豆腐」が美味しかったので、今日は、「えごまの実」を使って「えごま豆腐」を作ってみた。

 私は、「葛粉」を使った手作りの豆腐が大好きで時々思い立ったように作る。

 冬に「彩菜館」で購入した「えごまの実」が残っていたので、「胡麻」と同じ要領で煎ってすり潰して「豆腐」に仕上げた。

 「くるみ豆腐」の記事でも書いたが、他のでんぷんで代用するのではなく、本物の「葛粉」を使用する事により格別な味となる。

 「葛粉」は、「片栗粉」と同様、でんぷん質の食品であるが、性質が異なり、整腸作用があり、下痢を止めてくれる。

 この料理も「マクロビオテック」のひとつで「美容と健康」には、大変良い。

 今日は、「しょっつる」をベースにした「葛餡のソース」を作り豆腐にかけた。

 「えごまの実」は、αリノレン酸を多く含み生活習慣病や成人病予防に有効と言われている。使い方は、「胡麻」と一緒である。栄養満点な為に、大変ヘルシーである。

 「えごま」というと、「韓国野菜」の「大葉」に似た「葉野菜」を思い浮かべるが、実も料理に使えて美味しさを楽しむ事が出来るのである。

 興味のある方は、レシピを公開させて頂きますのでコメントを頂ければ幸いです。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月 8日 (土)

くるみ豆腐(くるみの実で作った手作り豆腐)

Photo_3

 今日の夕飯に久しぶりに「くるみ豆腐」を作った。

 カミさんが、久しぶりに食べたいと言い出したので作る事にした。

 本当は、採りたての「くるみ」を使って作った方が格別に美味しいのだが、今は旬でないので昨年の秋に大仙市の友人から貰った煎ってある「くるみ」を使って作る事にした。

 「くるみ豆腐」は、「ごま豆腐」と同じく「精進料理」には欠かせない一品である。他のでんぷんで代用するのではなく、本物の「葛粉」を使用する事により格別な味となる。

 「葛粉」は、「片栗粉」と同様、でんぷん質の食品であるが、性質が異なり、整腸作用があり、下痢を止めてくれる。

 この料理も「マクロビオテック」のひとつで「美容と健康」には、大変良い。

 「くるみ」の実をすり鉢でゴリゴリと油分が出るまで摺るのが旨みを出すポイントで、そこで味が決まる。

 興味のある方は、レシピを公開させて頂きますのでコメントを頂ければ幸いです。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

100皿カレー 100皿シチュー Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) CAFE お米 お茶 かあちゃんの野菜畑 彩菜館 がっこ(漬物) たまねぎ食堂 ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム セミナー告知 ソフトクリーム ソフトドリンク チーズ ティラミス ハーブ パン フォーマックさんのお料理教室 ベジフルコミュニティあきた 冬の果物 冬の海の幸 冬野菜 夏の果物 夏の海の幸 夏祭り 夏野菜 川魚 弁当 心に響く言葉(人生の名言) 愛菜果 料理に関する一考察 料理(レシピ) 日記・コラム・つぶやき 春の果物 春の海の幸 春野菜 朝市 果実のお酒 梅酒 海の幸 玉子 直売所 秋の果物 秋田のイベント 秋田の名水 秋田の心和む風景 秋田の銘菓 秋田市民市場 秋野菜 米粉 納豆 緊急連絡 美容・コスメ 肉料理 調味料 豆腐 農家レストラン 道の駅 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) 道の駅 あに(マタギの里) 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) 道の駅 おおがた 道の駅 おがち(小町の郷) 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) 道の駅 ことおか(土笛の里) 道の駅 さんない(ウッディらんど) 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) 道の駅 たかのす(大太鼓の里) 道の駅 てんのう(夢と神話の里) 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) 道の駅 にしめ(はまなすの里) 道の駅 はちもり(お殿水) 道の駅 ひない(比内鶏の里) 道の駅 ふたつい(きみまちの里) 道の駅 みねはま(ポンポコ101) 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) 道の駅 十文字(まめでらが~) 道の駅 協和(四季の森) 道の駅 大館能代空港 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) 道の駅 東由利(黄桜の里) 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) 道の駅 象潟(ねむの丘) 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) 郷土料理 酒蔵 野菜と果物について思うところ・・・ 野菜と果物に関する一考察 野菜と果物を楽しむ心 野菜ソムリエになる為の勉強方法 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) 野菜作り 鍋料理 魚醤 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー