子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

鍋料理

2012年1月12日 (木)

ごっちゃんです!!お野菜たっぷりの白味噌ちゃんこ鍋

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo
 本日は、お野菜たっぷりのお鍋「白味噌ちゃんこ鍋」を御紹介いたします。

 我が家では、冬は美味しい「お野菜」が手に入ると体が温まる「白味噌ちゃんこ鍋」を作ります。

 このお鍋は、東京に住んでいたときに食べにいった「ちゃんこ鍋」をモチーフにして作りました。

 いくつか「ちゃんこ鍋」のレパートリーがあるのですが、この「ちゃんこ鍋」は一番気に入っております。

 スープは、「白味噌」をベースに、「醤油」や「酒」、「黒砂糖」で味付けをし「生姜」でアクセントをつけております。

 少し濃いめの味付けなのですが、「お野菜」が入ることにより抜群の美味しさを発揮します。

 「生姜」が入っているので体もぽかぽかになります。

 お野菜は、「大根」、「にんじん」、「芽キャベツ」、「玉ねぎ」をセレクトし、お肉は、「豚肉」をセレクトすることが多いです。

 たっぷりの「お野菜」と「お肉」を豪快にグツグツと煮込むのが魅力なのです。

 このお鍋は、肌寒い日に心も体も芯から温めてくれる最高のお鍋のひとつです。

 そして、何と言っても「お野菜」を美味しく味わえるお鍋なのです

 「白味噌ベースのダシ」に絡めて食べる「お野菜」は絶品です。

 美味しい「野菜鍋」を食べると幸せな気持ちになります。

 これからの時期も引き続き「野菜鍋」を思う存分に楽しんでいきたいと思います。

本日のティラミス

12

お相撲さんの弓取り式ではありません。木刀をティラミスが振り回しております。振り回して立てかけてあったお布団を倒してテンションを上げております。

レシピです

≪お野菜たっぷりの白味噌ちゃんこ鍋≫
【材料】4人分
豚バラ肉(薄切り)・・・500g

大根・・・1/2本

人参・・・1本
芽キャベツ・・・10個

玉ねぎ2個

厚揚げ・・・1枚

スープ・・・・・・・・・・

水・・・2L

白味噌・・・お玉2杯くらい

醤油・・・お玉2杯

酒・みりん・・・各お玉1杯

黒砂糖・・・お玉1杯

生姜(すりおろします)・・・お好みの量

※白味噌はお好みの量を入れてください。目安は普段飲んでいる味噌汁より濃いめの量です。

【作り方】
1.「大根」はいちょう切りにします。「にんじん」は小さめの乱切りにします。「玉ねぎ」は食べやすい大きさにカットします。「大根」と「にんじん」は下ゆでしておきます。
2.「お鍋」に水を入れて沸かします。沸騰したら「白味噌」を溶き入れます。その後に「醤油」を入れよく混ぜます。「みりん」、「酒」、「生姜」を入れ沸騰させます。

3.お鍋に「豚バラ肉」を入れて表面の色が変わったら、「お野菜」と「厚揚げ」を入れます。再び沸騰して「お野菜」に火が通ったら食べごろです。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2010年10月29日 (金)

ほうれん草のピリ辛鍋

Cimg0646_2

 急に冷え込み、寒い日が続いている。

 美味しい「ほうれん草」が手に入ったので、体が温まる「ほうれん草のピリ辛鍋」を作る事にした。

 スープは、「鶏ガラスープ」をベースに、「コチュジャン」をメインとしたピリ辛な味付けにした。

 野菜は、「ほうれん草」と「ごぼう」、「長ネギ」をセレクト、肉は、「太平ポーク(豚肉)」をセレクトした。

 あえて食材を絞り、シンプルな鍋としてまとめた。

 この鍋は、寒い日に心も体も芯から温めてくれる最高の鍋のひとつである。

 そして、何と言っても「ほうれん草」を美味しく味わえる鍋なのである。

 「ピリ辛」のダシに絡めて食べる「ほうれん草」は絶品である。

 今年も、鍋の季節がやってきた。思う存分楽しんでいきたい。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年10月 9日 (土)

秋野菜の酒粕鍋

Photo_2

 美味しい「秋野菜」と「秋鮭」、「酒粕」と3拍子揃ったら、やはり「酒粕鍋」だろうと思い「秋野菜の酒粕鍋」を作った。

 食材は、すべて秋田県産である。

 「酒粕」は、「福碌寿酒造」の逸品を使った。

 「福碌寿酒造」は、「五城目朝市」の際にいつも仕込み水を分けてもらっており懇意にして頂いている。

 「酒粕鍋」は、これから寒くなってくるシーズンにはオススメの鍋である。

 心も体もポカポカに温まるので、食べていると自然と笑顔が湧きでてくる。

 今回は、「秋野菜」をふんだんに使ったが、「秋野菜」の滋味深い味が鍋の中に広がり、味のリズムを軽快に打ち鳴らしていた。

 今回は、「天然生シイタケ」、「天然なめこ」、「天然まいたけ」、「里いも」、「ごぼう」、「長ネギ」をセレクトした。

 鍋は、お野菜をたくさん摂る事が出来るので、野菜が好きな人には堪らない料理である。

 私は、一年中鍋を食べているが、これからは本格的な鍋シーズンである。

 今年の秋と冬は、どんな美味しい野菜が鍋を美味しくしてくれるのか、いまから楽しみである。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年7月 6日 (火)

ホルモンと豚トロの煮込み

Photo

 先日、作った「ホルモンと豚トロの煮込み」の話である。

 我が家では、「ホルモンの煮込み」に「豚トロ」を入れる。理由は単純明快で、相性が良いからである。

 我が家の「ホルモンと豚トロの煮込み」は、味噌ベースの味付けである。

 野菜は、その時に冷蔵庫に入っている食材を入れる。この日は、友人から頂いた「秋田市産大根」と「秋田市産ごぼう」を使った。

 これが、本当に美味しく。暑い季節である今の時期でも美味しく食べる事が出来る。

 味噌がしみ込んだ「お肉」や「野菜」の味は、本当に格別である。

 梅雨時に食べる「煮込み」は、ジメジメした気持ちをぶっ飛ばしてくれるので最高である。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年6月 1日 (火)

旬のじゅんさいで作った「じゅんさい鶏鍋」は最高~☆☆☆

531

 昨日のブログで、「じゅんさい摘み」の話しを書いたが、今日はその「じゅんさい」を使って「じゅんさい鶏鍋」を作った。

 出汁も、「鶏ガラ」と「長ネギ」と「生姜」を煮込み本格的に作った。私は、出汁をしっかりとって料理するのが好きなので手間を掛けるのは苦にならない。

 「じゅんさい」は、県内各地の沼に自生しているが、山本地区は日本一の産地として有名である。「鶏肉」と「じゅんさい」の相性は抜群であり、両方ともたっぷりと入れて食べるのが産地ならではの楽しみである。

 我が家では、鍋を作る際には野菜を大量に入れて滋味の溢れた鍋を作るのが定番である。今回の鍋も多分に洩れず野菜をたっぷりと入れて作った。

 野菜は、全て秋田県産の野菜を使った「地産地消鍋」である。

 それにしても「生のじゅんさい」は、信じられないくらい美味しい。摘んできた大量の「じゅんさい」を鍋にしてお腹いっぱい食べるというのは、地元の人間だけに許された特権であろう。

 「じゅんさい」が大好きな東京の友人達からは、口々に「うらやましい」、「贅沢だ」と電話で言われた。

 以前にブログで述べたが、秋田の郷土料理では、美味しい鍋料理は数多いが「じゅんさい鶏鍋」も最高の「鍋料理」のひとつである。これだけ野菜の美味しい「鍋料理」も珍しいであろう。

 何回も繰り返すが、この「じゅんさい鶏鍋」を味わわずして「野菜の美味しい鍋」を語れないと心から思わされる「鍋料理」のひとつである。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月12日 (水)

太平ポークと山菜の鍋

Photo

 今日の夕飯で、「彩菜館」で購入してきた「こしあぶら」、「みず」、「ほんな」の3種類の「山菜」と「太平ポークの肩ロース」、合わせて冷蔵庫にあった「長ネギ」と「じゅんさい」を使って「鍋」を作った。

 出汁も、しっかりと「昆布」と「椎茸」からとり醤油ベースの美味しい出汁を作り、丹精込めて美味しい鍋を作った。

 「山菜」は、本来であれば「鴨肉」との相性が良いのであるが、「太平ポーク」は味がしっかりとしている為に、「山菜」との相性も抜群であった。

 「山菜」と「じゅんさい」、「肩ロース」ともに煮込み過ぎると味が飛んでしまうので絶妙な火加減が重要となってくるが、毎年作っており火加減は心得ているので美味しく作る事が出来た。

 やはり、旬の「山菜鍋」の味は格別である。

 作り方は、いたってシンプルなので、是非今の「山菜」の美味しい時期に「山菜鍋」を味わう事をオススメしたい。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月 4日 (木)

じゅんさい鶏鍋

Photo_3

 今日は、「秋田市民市場」で買い物をしてきた話しを先のブログで書き、美味しい「舞茸」を購入した事も書いたが、その美味しい食材達で何を作ったのかというと「じゅんさい鶏鍋」を作った。

 「じゅんさい」は、夏が旬の為に生では手に入らないのでパック詰めで酢漬けになっている「じゅんさい」を水に軽く漬けて酢を抜いて料理に使った。夏の暑い時期に汗をかきながら「生のじゅんさい」で作った「じゅんさい鶏鍋」を食べても美味しいのだが、今の時期に体を温めながら食べる鍋も文句なしに美味しい。

 「じゅんさい」は、県内各地の沼に自生しているが、山本地区は日本一の産地として有名である。「鶏肉」と「じゅんさい」の相性は抜群であり、両方ともたっぷりと入れて食べるのが産地ならではの楽しみである。

 今日は、美味しい「生椎茸」と「舞茸」(両方とも白神産地産の地場物)が手に入ったので「きのこ」の味を活かす為に、「ごぼう」と「長ネギ」、「白滝」とシンプルな鍋にした。

 勿論、素材の味を活かすためである。出汁も「比内地鶏」のガラでとり、食材は全て秋田県産で統一した。いわゆる「地産地消鍋」である。

 食べた感想であるが、「鶏肉」と「野菜」の相性がめちゃくちゃに最高な為に美味しく食べる事が出来た。味も薄味にして素材そのものの味を活かしたので滋味溢れる「鍋料理」となった。

 秋田の郷土料理では、美味しい鍋料理は数多いが「じゅんさい鶏鍋」も最高の「鍋料理」のひとつである。これだけ野菜の美味しい「鍋料理」も珍しいであろう。

 この「じゅんさい鶏鍋」を味わわずして「野菜の美味しい鍋」を語れないと心から思わされる「鍋料理」のひとつである。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月 1日 (月)

マダラ(真鱈)のしょっつる鍋

Photo_3

 昨日、カミさんと買い物に出かけたら、今が旬の「マダラ」の試食販売を行っていた。産地は男鹿の金浦産との事であったが、味が大変良かったので購入して「鍋」で食べる事にした。

 いろいろ迷った挙句に「しょっつる鍋」にして食べる事にした。「新鮮な野菜」をたっぷり入れてグツグツと煮込んだ為に、野菜の旨みと滋味が「マダラ」の旨みと混ざり合って最高の味であった。

 やはり旬の「マダラ」の鍋は最高の味わいである。この寒い時期の「マダラ」の鍋は、体が温まるし心もポカポカになる。

 秋田は、美味しい魚が多い。新鮮な野菜とグツグツ煮込んで鍋を囲むと、それだけで幸せな気持ちになる。

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年1月27日 (水)

黄々一発白菜と豚肉の花椒鍋

 カミさんに、「あの鍋の事をブログに書いたの?」と聞かれて思い出した鍋料理があったので書きたいと思う。

 1か月半程前に両親を家に招待して、ディナーを食べた。自分が料理の腕を振るったのだが、寒いという事もあり久しぶりに「白菜と豚肉の花椒鍋」を作った。使った白菜は、勿論お気に入りに「黄々一発白菜」である。

     Photo_2         まずは、前日に「豚のバラ肉」に塩をすり込んでラップで包み一晩寝かせておく。いわゆる塩豚を作るのである。あまり寝かせすぎると塩が効きすぎてしまうので、一晩くらいが丁度良かったりする。

  そして食べる当日に「塩豚」を薄く切り皿に盛り付けPhoto_3る。白菜は、根元に切れ込みを入れ手で割く。その後に食べやすい大きさにカットする。普段は入れないのだが、この日は、秋田産の美味しい「せり」を入れた。

 食材の下拵えを行ったら、今度は鍋のスープである。土鍋に鶏がらでとったスープを入れ沸騰さPhoto_4せる。沸騰したら包丁の背で潰した「ニンニク」と「鷹の爪」、「花椒」、「紹興酒」を入れてひと煮立ちさせる。これでスープは完成である。

 準備が整ったら「塩豚」と「白菜」、「せり」を鍋に入れて食べるのである。久しぶりに食べたが、やはり美味しい。「黄々一発白菜」の甘みと程よい塩が効いた「塩豚」が驚く程合うのである。また、「花椒」のピリリとした味と口の中に広がる清涼感ある後味が美味しさを倍増させPhoto_6ていく。「豚バラ肉」も角煮で食べると量は食べれなかったりするが、「塩豚」にするとスルリと入るから不思議である。4人でぺろりと食べてしまった。

 そして、〆は「中華麺」である。今回は、シコシコした太麺をセレクトした。スープと良く絡み美味しいからである。また、この〆の「中華麺」も味わい深い。「黄々一発白菜」と「塩豚」から出た旨みがスープに凝縮されている為、何ともいえない味となるのだ。器にスープと麺を盛り、上から黒胡椒をかけて食べる。口の中に広がる滋味が堪らない。幸せな気持ちで胸が一杯になる。

 やはり、旬の野菜を使った鍋は最高である!!

 両親からも好評であったので良かった!!

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年1月24日 (日)

山の芋鍋

Photo  今日は、田沢湖名物「山の芋鍋」の話である。地元では、「乳頭温泉」の「山の芋鍋」が有名である。

 「カミさんに、秋田の名物鍋を全部味わってもらう!!」と宣言してから、いろいろ料理してきたが、今日は、「山の芋鍋」を作った。

 「昆布だし」をベースに味噌で味付けをして、「ごぼう」、「まいたけ」、「ぶなしめじ」、「白菜」、「水菜」を入れて煮込み、最後にすりおろした「山の芋」を団子状にして入れた。

「鶏肉」を入れようかと思ったが、今日はあえてヘルシーに野菜だけで作ってみた。  

 地元の人に言わせると、そのときにある「野菜」と「鶏肉」を「味噌味」か「醤油味」で煮込んで「山の芋」をすりおろして煮込めば、「山の芋鍋」の完成だとの事である。

 そんな感じで作った「山の芋鍋」であるが、カミさんの評価は抜群であった。「秋田の郷土料理は本当に美味しいね。」との事であった。

 カミさんは、浜っ娘であるが、横浜育ちでは流石に「山の芋鍋」は食べた事はないだろう。秋田の美味しい料理を、またひとつ知ってもらい幸せな気持ちを味わってもらった。

 田沢湖名物「山の芋鍋」は、今が旬である。食べていて心までぽっかぽっかになる「山の芋鍋」を是非味わってほしい。

 秋田以外の地方でも、材料は手に入るので、是非チャレンジしてほしい。美味しくて幸せな気持ちになる事は、間違い無しである。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

100皿カレー 100皿シチュー Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) CAFE お米 お茶 かあちゃんの野菜畑 彩菜館 がっこ(漬物) たまねぎ食堂 ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム セミナー告知 ソフトクリーム ソフトドリンク チーズ ティラミス ハーブ パン フォーマックさんのお料理教室 ベジフルコミュニティあきた 冬の果物 冬の海の幸 冬野菜 夏の果物 夏の海の幸 夏祭り 夏野菜 川魚 弁当 心に響く言葉(人生の名言) 愛菜果 料理に関する一考察 料理(レシピ) 日記・コラム・つぶやき 春の果物 春の海の幸 春野菜 朝市 果実のお酒 梅酒 海の幸 玉子 直売所 秋の果物 秋田のイベント 秋田の名水 秋田の心和む風景 秋田の銘菓 秋田市民市場 秋野菜 米粉 納豆 緊急連絡 美容・コスメ 肉料理 調味料 豆腐 農家レストラン 道の駅 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) 道の駅 あに(マタギの里) 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) 道の駅 おおがた 道の駅 おがち(小町の郷) 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) 道の駅 ことおか(土笛の里) 道の駅 さんない(ウッディらんど) 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) 道の駅 たかのす(大太鼓の里) 道の駅 てんのう(夢と神話の里) 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) 道の駅 にしめ(はまなすの里) 道の駅 はちもり(お殿水) 道の駅 ひない(比内鶏の里) 道の駅 ふたつい(きみまちの里) 道の駅 みねはま(ポンポコ101) 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) 道の駅 十文字(まめでらが~) 道の駅 協和(四季の森) 道の駅 大館能代空港 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) 道の駅 東由利(黄桜の里) 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) 道の駅 象潟(ねむの丘) 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) 郷土料理 酒蔵 野菜と果物について思うところ・・・ 野菜と果物に関する一考察 野菜と果物を楽しむ心 野菜ソムリエになる為の勉強方法 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) 野菜作り 鍋料理 魚醤 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー