子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

冬の海の幸

2011年4月28日 (木)

すごえもんの蒸籠蒸し

皆様、地震災害の御心配をして頂きありがとうございます。

 引き続き私のブログを目にして頂き頑張って欲しいという気持ちを込めてブログ記事を書いていきたいと思います。

 また、私が無事であることを知らせるためにも、記事を書いていきたいと思います。

Photo  

 先日、「男鹿産のすごえもん」が手に入ったので「蒸籠蒸し」にして食べた。

 「蒸籠使い」の血が騒いだのである。

 「すごえもん」は、名前からも連想されるとおり見た目がグロテスクなお魚である。

 男鹿の入道崎の辺りで獲れる魚である。

 見ためのグロテスクさとは違い、白身の繊細な魚である。

 正式名称は、「ケムシカジカ」という。

 私は、美味しいお魚には目がなく男鹿や金浦で捕れた美味しいお魚を見ると必ず手が伸びる。特に「蒸し魚」と「煮魚」が好物である。

 今回のソースは、「醤油」と「オイスターソース」を基調にした香港風の味付けにした。

 美味しいお野菜は、美味しいお魚の味を最大限に引き出してくれる。

 美味しいお野菜と美味しいお魚のハーモニーは最高である。

 美味しい白身魚が手に入った時には、是非「蒸し魚」を作ってみて頂きたい。

 その美味しさに驚くこと間違いなしである。

 心も体もほんわかとする「蒸し魚」は、最高のお料理のひとつである。

レシピです

≪すごえもんの蒸籠蒸し≫
【材料】
すごえもん(他の白身魚でも良いです)・・・1尾(目安は500g前後です)

白髪ねぎ・・・50g

長ねぎの白い部分・・・20cm

生姜・・・1片

サラダ油・・・大さじ1

塩・胡椒・・・適宜

(タレの材料)

水・・・100cc

醤油・・・大さじ2

オイスターソース・・・小さじ2

砂糖・・小さじ1/2

【作り方】
1.「すごえもん」は、はらわたを取って水でさっと洗い、ペーパータオルで水気を拭き取ります。お魚の下部に包丁を入れます。
2.お皿の上に「長ねぎ」を切ったものを1本置き、塩、胡椒をした「すごえもん」をのせます。こうすると臭みを取ると同時に蒸気が下を通り、火を通りやすくすることが出来ます。

3.エラに生姜を差し込みます。これも臭み取りと火の通りを高めるために行います。

4.お皿を「蒸籠」に入れ沸騰した鍋にのせ、蓋をして強火にかけます。500gでしたら約8分間です(魚を蒸す時は、100gに対して1分30秒が目安です。)

5.「タレの材料」は軽く沸騰させて火を止めます。

6.「すごえもん」に熱した「サラダ油」をかけ、「白髪ねぎ」をのせ、タレをかけて完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年2月 2日 (水)

だだみの刺身

Cimg1144  

 先日「秋田市民市場」に買い物に出かけた。

 何か美味しそうな食材がないか見ていたら「だだみの刺身」を見つけた。

 迷わずにすぐに購入した。「だだみ」は、私の大好物のひとつである。

 「だだみ」とは、「たらの白子」の事で秋田県では「だだみ」と呼ばれている。

 主に「みそ汁」として食される事が多いが、新鮮な状態であると刺身として食べる事が出来る。私が購入した「だだみ」は、朝に水揚げされた新鮮な状態であったので刺身として食べる事が出来た。

 今の時期しか味わえない貴重な珍味である為、大変人気が高い。

 私も「だだみの刺身」は久しぶりに食べたが、あまりの美味しさと懐かしさにほっぺたが緩んでしまった。特に食感と口に広がる旨みが堪らない。

 またちょくちょく市場に出かけて、購入してきたいと思う。

 なかなか新鮮で美味しい「だだみの刺身」には、お目にかかれないので市場で新鮮な「だだみの刺身」を見かけた際には、すぐに購入する事をオススメする。

 とろけるような食感は最高です!!

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

2010年11月20日 (土)

大根と牛すじのビーフシチュー

Cimg0749

 『GABANスパイスを使って本格派!「おうちビストロシチュー」』に当選し、GABANの素敵なスパイスを使ったシチューを御紹介しているが、本日は第3弾となるシチューを御紹介したい。

 柔らかく煮込んだ「大根」と「ギュウスジ」が美味しい「大根とギュウスジのビーフシチュー」である。

 このシチューは、柔らかくなるまで下茹でした「ギュウスジ」と煮込んで甘くなった「大根」が合わさる事で素晴らしい味を紡ぎだしている。

 私は、「大根とギュウスジの煮込み」が大好物で、そこからヒントを得て作ったシチューである。

 このシチューは、友人達が遊びに来て飲んだ後に〆として作ってあげたのが始まりで、東京の友人の間では、このシチューを食べないと、飲み会の〆が来ないとまで言われている。

 「大根」がたっぷりと入っているので、飲んだ後の小腹に、とても優しいのである。 

 まさに酒呑みの為のシチューといえるかもしれない。

 煮込む時に入れる「ローリエ」の香りと「クミン」の香りが胃をキュッと押さえてくれる感じが、大変心地良い。

 久しぶりに作って食べたが、とても美味しかった。

 「大根とギュウスジのシチュー」は、友人達と飲み明かした日々を思い起こさせてくれるノスタルジックなシチューである。

 

  

レシピです

≪大根とギュウスジのシチュー≫

【材料】(4人分)

ギュウスジ・・・300g

大根・・・1/3本

人参・・・1本  

玉ねぎ・・・1個

長ネギ・・・1/3本

長ネギの青い部分・・・適宜

生姜・・・1かけ

薄力粉・・・大さじ1

バター・・・大さじ1

トマトペースト・・・大さじ1  

赤ワイン・・・100ml

ビーフスープ・・・300ml

ローリエ(ホール)・・・1枚

クミン(パウダー)・・・少々

デミグラスソース・・・150ml

塩・胡椒・・・適宜

【作り方】

1.鍋に「ギュウスジ」と「長ネギの青い部分」、「生姜」を入れてアクを取りながら30分煮込む。煮込んだ後に、ぬるま湯で洗い流して汚れを取り、ひと口大に切る。

2.「玉ねぎ」は薄切りに、「人参」は皮をむいて乱切りに、「長ネギ」はみじん切りにする。

3.「大根」は、皮をむき、7mmのイチョウ切りにする。

4.鍋にバターを弱めの中火で熱し、「玉ねぎ」と「長ネギ」を炒める。しんなりしてきたら薄力粉を投入して馴染むまで炒める。

5.4.の鍋にトマトペーストを入れてざっと混ぜたところで、に赤ワインを入れて馴染ませる。その後に「大根」と「人参」を投入する。

6.「大根」と「人参」が馴染んできたら、「ギュウスジ」を投入。軽くかき混ぜて馴染んできたら「ビーフスープ」を入れ、「ローリエ(ホール)」と「クミン(粉末)」を入れて30分ほど弱火で煮る。出てきたアクは除く。

7.30分煮込んで全体に馴染んでいるようであったら、「デミグラスソース」を投入。時々かき混ぜながら20分煮込む。仕上げに塩・胡椒で味を調えて完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

GABANスパイスで本格派!おうちビストロシチューレシピモニター参加中

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

2010年2月25日 (木)

道の駅 岩城(2月24日)

224

 「まるっと鳥海道の駅BATTLE !!」が、2月を通して開催されている。

 由利地域に6箇所ある道の駅が、それぞれの地域の自慢の食材を活用したメニューを作成し。2月1ヶ月間の販売数量を競い合っているのである。

その6駅とは、「道の駅 岩城」、「道の駅 にしめ」、「道の駅 おおうち」、「道の駅 象潟」、「道の駅 東由利」、「道の駅 清水の里 鳥海郷」である。

 先週までの順位は、1位が「道の駅 岩城」の「あぶり海鮮丼」、2位が「道の駅 おおうち」の「ぽぽろ丼」、3位が「道の駅 にしめ」の「特製ダブル丼」である。

 昨日の夜にカミさんと2人で、「由利地域観光振興会のイベントブログ」を見ていたら、「道の駅 岩城」の「あぶり海鮮丼」を食べに行こうという話しになり、今日は天気も良かったので買い物の帰りに行ってみる事にした。

 「道の駅 岩城」だったら行って帰ってくるのにも、それほど時間がかからない。

 しかし、行ってみてショック!!

 お店が休みであった・・・・・。営業しているのは、海産物屋さんと軽食スナックのお店だけであり、レストランと直売所は休みであった・・・・・。

 このまま帰るのは悔しいので、日本海の雄大な景色を散歩しながら見て回った。天気が快晴だったので「鳥海山」と「男鹿半島」がキレイに見えた。

 快晴の時の「道の駅 岩城」の風景は最高である。

 「海産物屋」さんは「アイナメ」が並んでおり、春の息吹を感じた。6年前に友人と釣りに出かけて40cmの「アイナメ」を釣ったのを思い出してしまった。

 売場のメインは、「サメ」であった。まるごと一匹が豪快に売られていた。

 この後、悔しい思いを胸に「道の駅 にしめ」に向かった・・・・・。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

224_2

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月 1日 (月)

マダラ(真鱈)のしょっつる鍋

Photo_3

 昨日、カミさんと買い物に出かけたら、今が旬の「マダラ」の試食販売を行っていた。産地は男鹿の金浦産との事であったが、味が大変良かったので購入して「鍋」で食べる事にした。

 いろいろ迷った挙句に「しょっつる鍋」にして食べる事にした。「新鮮な野菜」をたっぷり入れてグツグツと煮込んだ為に、野菜の旨みと滋味が「マダラ」の旨みと混ざり合って最高の味であった。

 やはり旬の「マダラ」の鍋は最高の味わいである。この寒い時期の「マダラ」の鍋は、体が温まるし心もポカポカになる。

 秋田は、美味しい魚が多い。新鮮な野菜とグツグツ煮込んで鍋を囲むと、それだけで幸せな気持ちになる。

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年1月22日 (金)

ギバサ

 先のブログでも書いたが、今日「秋田市民市場」で生の「ギバサ」を購入した。

 「ギバサ」は、子供の頃からの好物で東京や横浜に住んでいる時も品川のアンテナショップに出かけて購入していた。

 「ギバサ」は、秋田では「ギバサ」と呼ばれているが、一般的には「あかもく」と呼ばれており海藻である。褐藻類に属しており「ワカメ」、「モズク」、「ヒジキ」の仲間である。

 ミネラルなどの栄養が豊富で、高血圧抑制・血糖上昇予防・抗腫瘍作用・コレストロール低下、また、骨粗しょう症予防に役立つビタミンKも豊富に含まれている。

 食べた事が無い方は、是非食べてみてほしい。ネバネバ感が病みつきになる栄養満点の美味しい海藻である。

2010年1月13日 (水)

金浦産のかじか

Photo_5 Photo_3   こないだ、カミさんと買い物に行った際に「美味しい魚」を食べたいという話になり「金浦産のかじか」を購入した。

 カミさんが煮つけで食べたいというので煮つけにして食べたが、味が淡白な為に濃いめの煮汁と相性が良く美味しく食べる事が出来た。

 カジカは、北海道南部から本州、四国、九州の河川に広く分布している。河川で過ごすモノもいるが、降海するモノもいる。

 私は、淡白な白身の魚が好物で、店頭で見かけると直ぐに手が伸びる。今度見つけた時は蒸して食べたいと思う。            

2010年1月 9日 (土)

はたはたの甘露煮

Photo_3  年末に、両親が男鹿に旅行に出かけた際に何品か御土産を頂いた話しを書いたが、そのうちの一品「はたはたの甘露煮」の話である。

 このブログでは、「はたはた」の事はたくさん書いているので細かい説明は省略するが、本当に美味しい秋田の冬の代名詞とも言える魚である。

 私は、魚の「甘露煮」は好きで良く食べるが、特に男鹿産の「はたはたの甘露煮」が大好物だ。高校の時に男鹿に住んでいる友達に食べさせてもらって以来味が忘れられない。

 久しぶりに食べたが懐かしい味がした。

久しぶりに食べた「はたはたの甘露煮」は、遠い昔のノスタルジックな味がした。

2010年1月 5日 (火)

安亀商店のハタハタ寿司

     Photo_2                       前Photo回のブログで、「道の駅 しょうわ」で「安亀商店のハタハタ寿司」を購入した話しを書いたが、その「ハタハタ寿司」についての話である。

 「安亀商店のハタハタ寿司」は、地元の女性が手作りしており無添加の寿司である。しかも、味が円やかで美味しいので、私のお気に入りの「ハタハタ寿司」である。「秋田市民市場」にもお店があり、そちらで購入される方の方も多い。

 「ハタハタ寿司」は、「飯ずし」の一種で12月に自家製の寿司を作り、正月に食べる家庭も多い。「ハタハタ寿司」は秋田ならではの寿司であり、糀の発酵文化と秋田の県魚である「ハタハタ」を融合した素晴らしい寿司である。

 「安亀商店のハタハタ寿司」は、味も良く無添加なので自信を持ってオススメ出来る一品である。もし、見かけたら是非食べてみてほしい。

2009年12月30日 (水)

だだみの刺身

Photo_2  今日は、「秋田市民市場」に年末の買い物に出かけた。何か美味しそうな食材がないか見ていたら「だだみの刺身」を見つけた。

 迷わずにすぐに購入した。「だだみ」は、私の大好物のひとつである。

 「だだみ」とは、「たらの白子」の事で秋田県では「だだみ」と呼ばれている。主に「みそ汁」として食される事が多いが、新鮮な状態であると刺身として食べる事が出来る。私が購入した「だだみ」は、朝に水揚げされた新鮮な状態であったので刺身として食べる事が出来た。

 今の時期しか味わえない貴重な珍味である為、大変人気が高い。私も「だだみの刺身」は久しぶりに食べたが、あまりの美味しさと懐かしさにほっぺたが緩んでしまった。特に食感と口に広がる旨みが堪らない。

 年明けに市場に出かけて、また購入してきたいと思う。

 ちなみに皿に盛り付けた写真を載せようと思ったのだが、撮り忘れてしまった為に、買ってきて間もない状態の写真を載せておく・・・・・。

その他のカテゴリー

100皿カレー 100皿シチュー Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) CAFE お米 お茶 かあちゃんの野菜畑 彩菜館 がっこ(漬物) たまねぎ食堂 ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム セミナー告知 ソフトクリーム ソフトドリンク チーズ ティラミス ハーブ パン フォーマックさんのお料理教室 ベジフルコミュニティあきた 冬の果物 冬の海の幸 冬野菜 夏の果物 夏の海の幸 夏祭り 夏野菜 川魚 弁当 心に響く言葉(人生の名言) 愛菜果 料理に関する一考察 料理(レシピ) 日記・コラム・つぶやき 春の果物 春の海の幸 春野菜 朝市 果実のお酒 梅酒 海の幸 玉子 直売所 秋の果物 秋田のイベント 秋田の名水 秋田の心和む風景 秋田の銘菓 秋田市民市場 秋野菜 米粉 納豆 緊急連絡 美容・コスメ 肉料理 調味料 豆腐 農家レストラン 道の駅 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) 道の駅 あに(マタギの里) 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) 道の駅 おおがた 道の駅 おがち(小町の郷) 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) 道の駅 ことおか(土笛の里) 道の駅 さんない(ウッディらんど) 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) 道の駅 たかのす(大太鼓の里) 道の駅 てんのう(夢と神話の里) 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) 道の駅 にしめ(はまなすの里) 道の駅 はちもり(お殿水) 道の駅 ひない(比内鶏の里) 道の駅 ふたつい(きみまちの里) 道の駅 みねはま(ポンポコ101) 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) 道の駅 十文字(まめでらが~) 道の駅 協和(四季の森) 道の駅 大館能代空港 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) 道の駅 東由利(黄桜の里) 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) 道の駅 象潟(ねむの丘) 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) 郷土料理 酒蔵 野菜と果物について思うところ・・・ 野菜と果物に関する一考察 野菜と果物を楽しむ心 野菜ソムリエになる為の勉強方法 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) 野菜作り 鍋料理 魚醤 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー