子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

麺文化

2010年5月20日 (木)

金浦産八の字がに(ワタリガニ)の卵とじ

Photo_3

 今日の夕飯の買い物で新鮮な「八の字がに(ワタリガニ)」が手に入ったので購入してきて「卵とじ」にして食べた。

 ただ、「卵とじ」にするだけでは面白みにかけるので茹でた「稲庭うどん」に載せて「パスタサラダ風」にアレンジしてみた。

 この「八の字がにの卵とじ」であるが、「かに」のエラをとってぶつ切りにして、「新玉ねぎ」と、薄切りにした「生姜」と「かにみそ」を炒めて「卵」でとじるだけのシンプルな料理なのだが、とても美味しい。

 「八の字がに」は、小さいので捌くのも簡単だし「かにみそ」も美味しいのでオススメの食材である。

 特に、今の時期の「新玉ねぎ」との相性が抜群に良く美味しい味となる。

 「稲庭うどん」との相性も抜群で食べていて幸せな気持ちになった。

 やはり、金浦産の海の幸は最高である。

Photo_4

apple1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月 5日 (水)

こまち麺

Photo

 先日、友人からメールがあった。そこに、このような一文が書かれていた。

 「ぼんちゃんのブログで、「こまち麺」と「稲庭うどん」の記事探したけど無かったよ。野菜や果物だけでなく、私の好物の麺の記事も、たまには書いてちょ!!」

 自分では、書いたつもりでいたがブログをチェックしたら確かに書いていなかった・・・・。

 そんな訳で、今回は「こまち麺」の話である。

 「こまち麺」を始めて食べたのは、私が未だ「東京」で仕事をしている時で、「FOODEX 2008」の時である。その時に「秋田県ブース」で試食をさせてもらい社長さんと名刺交換をさせて頂き、「サンプル」を頂いた。

 発想が素晴らしくて感心したのを、今でもはっきりと覚えている。そして、今年の「FOODEX 2010」でも出展しており、忙しそうにしている社長さんに名刺だけお渡ししてきた。

 「こまち麺」は、秋田県産の「あきたこまち」を使った「半生麺」である。独特の粘りと甘み、旨みがあり、うるち米で作っている為に「モチモチ感」があり、とても美味しい。

 私も、東京と横浜在住時には、先に書いた友人を始め、いろいろな方に料理して食べてもらった。私は、「パスタ」を料理するのが好きなので、その応用で季節の野菜や魚を使ったメニューを考えて、友人達に振舞い大盛況だったのを思い出す。

 先日の友人からのメールを読んで、そんな懐かしい思い出を思い出してしまった。

 「こまち麺」のパッケージは変わってしまったが、思い出はいつまでも色あせない・・・・・。

 この友人には、昔喜んでもらった「とっておきのレシピ」と「こまち麺」を明日送ろうかなと思っている。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年4月24日 (土)

秋田ゆうわ特産しいたけめん

Photo_5

 先日、雄和の農家レストラン「ゆう菜家」で購入してきた「しいたけめん」の話である。

 「しいたけめん」は、山紫水明の里、秋田県秋田市雄和で評判の農家レストラン「ゆう菜家」の自慢の麺である。農薬を一切使わず自家栽培で育てた原木しいたけを摘みたての新鮮さそのままに「生」で練り込み小麦粉と塩だけで仕上げた自然乾燥麺である。

 麺自体もシコシコとしており、つるりとした喉越しと「原木しいたけ」の濃厚な味が癖になる。

 原木しいたけが好きな私やカミさんには、堪らない味の麺である。

 秋田にUターンしてから「野菜を練り込んだ麺」を食べる機会が圧倒的に増えたが、「ゆう菜家」の麺は、そんな中でもずば抜けている。

 また、「ゆう菜家」に行った際には購入してきたい。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年4月 1日 (木)

男鹿のやきそば

Photo

 最近、話題の「男鹿のやきそば」の話である。

 今日の昼に、「男鹿のやきそば」を食べた。「男鹿のやきそば」は、「男鹿市商工会しょっつる利活用推進協議会」が監修している「焼きそば」で、以前から気になっていた。

 カミさんが、昼に料理して食卓に出してくれた。

 男鹿のやきそばには3つのルールがあるらしく・・・・。

 ①ハタハタのしょっつるをベースとした指定のたれを使う。

 ②粉末にしたワカメと昆布だしを混ぜた指定の麺を使う。

 ③具材は、主に男鹿をイメージさせる食材を使い、ベーコンとハムを除き肉類は使用し    ない。

 と、なっている。

 実際に食べた感想であるが、味がさっぱりとしていて美味しかった。旬の海産物を使いアレンジを利かせれば幅が無限に広がりそうである。

 まだまだ大きな可能性を秘めている未知なる要素を持っている。

 私は、男鹿の海産物を使ったパスタを良く作るので、次回は、その技法を応用して更に美味しい「男鹿のやきそば」を作りたい。

 そして、カミさんを驚かせたいと思う。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

a href="http://food.blogmura.com/yasaisommelier/">にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年1月16日 (土)

道の駅てんのう(1月14日)

Photo  昨日、吹雪いている中「道の駅」に向かった。昨日の目的地は、「道の駅おおがた」であったが途中で「道の駅 てんのう」に立ち寄った。

 残念なことに直売所は休業中であったが、美味しい事で有名な蕎麦屋「八兵衛」でランチを食べた。

 お店は、ランチのピークが過ぎていたという事もあり空いていたのでゆっくりと食べる事が出来た。

 蕎麦は、噂に違わぬ美味しさで食後に出された「蕎麦湯」も美味しかったし体が温まった。

 お客様は少なかったのだが、駐車場や建物前の雪かきがされており働いている方々の意識の高さを感じた。昨今、雪かきを手抜きしている施設が多い中で「道の駅 てんのう」は、手を抜かずにメンテナンスを行っているのには感心させられた。

 今度来るときは、「天王温泉くらら」に入って、ゆっくりしたい。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年1月14日 (木)

モロヘイヤ麺

Photo  昨日のランチに、雄和の農家レストラン「ゆう菜館」で購入した「モロヘイヤ麺」を食べた。上にトッピングした野菜は、今が旬の冬野菜である「千都大根」、「雪中人参」、「雪中ブロッコリー」である。

 麺も濃厚な「モロヘイヤ」の味がし、野菜も天然の甘みに満たされていたので、とても美味しい「うどん」を食べる事ができ、心もお腹も満たされた。

 「モロヘイヤ麺」は、山紫水明の里、秋田県秋田市雄和で評判の農家レストラン「ゆう菜家」の自慢の麺である。農薬を一切使わず自家栽培で育てたモロヘイヤを摘みたての新鮮さそのままに「生」で練り込み小麦粉と塩だけで仕上げた自然乾燥麺である。

 麺自体もシコシコとしており、つるりとした喉越しと「モロヘイヤ」の濃厚な味が堪らなく香ばしい。

 是非食べてほしいオススメの新鮮野菜を練り込んだ「干しうどん」である。ちなみに「生麺」も販売されている。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2009年9月24日 (木)

山内縄文そば

 7月に「道の駅 さんない」に出かけたが、その際に購入した「山内縄文そば」の話である。

 道の駅に行くと、あちこちで麺を購入しているが「山内縄文そば」もそのうちのひとつである。我が家の食材保管庫には、いろいろな食材が収納されているが時折もったいぶって食べない食材もあるが、特に麺類は多い気がする。

 そんな訳で、こないだ思い切って「山内縄文そば」を食べた訳だが、そば粉の味が良いらしく、とても素朴な味がした。地元(横手市山内産)のそば粉を使って伝統的な手作りの味を残した乾麺に仕上げている為か風味や味が本当に良い。

 名前の由来は、この地区が国内有数の縄文土器や石器が発掘されている事に由来している。

 また、ひとつ秋田の美味しい麺を知った。

2009年9月15日 (火)

マーボーかぼちゃ麺

Photo  「マーボー豆腐」が好きだという事もあって、「マーボーソース」をアレンジして野菜を食べるのが大好きである。

 定番の「マーボー茄子」を始め、「マーボーにんじん」、「マーボーとまと」、「マーボーかぼちゃ」etc、いろいろと味を楽しむのが堪らない。

 そんな中でも、美味しい南瓜が手に入った時に作る「マーボーかぼちゃ麺」は最高である。「マーボーかぼちゃ」を茹でた「稲庭うどん」にかけて「パスタ」や「汁なし坦々麺」のようにして食べるのであるが、そのソースと麺の抜群の相性が堪らない。

 こないだも、「彩菜館」で購入してきた美味しい「みやこかぼちゃ」があったので迷わずに作った。「みやこかぼちゃ」の甘みと「「マーボーソース」のピリ辛感、「稲庭うどん」ののど越し感が絶妙のハーモニーを醸し出しており最高の味であった。この味は病みつきになる。うちのカミさんも大好きで、よく食べたいとせがまれる。

 「マーボーかぼちゃ麺」は、間違いなく野菜を美味しく食べる事の出来る最高の料理のひとつである。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2009年8月28日 (金)

西馬音内そば

 麺が続いているが、今日も麺の話題である。

 盆踊りで知られ、そば作りに欠かせない美味しい水に恵まれた、羽後町西馬音内には、関西風そば「西馬音内そば(にしもないそば)」という美味しいそばがある。

 ここは、江戸時代、北前船で関西地方との取引が盛んだった場所であり、北前船に乗った弥助という若者が、蕎麦屋が多かった大阪・砂場に行き、帰郷して、そこで学んだそば打ち技術を披露したのが始まりと言われている。

 西馬音内そばは、白くて細いそばに冷たく濃いダシをかけ、刻みネギをのせただけのシンプルな「冷がけ」と呼ばれる食べ方が主流である。水に恵まれたこの地のそばは、そば本来の香りが生きていて、豊かな味わいを堪能する事が出来る。西馬音内地区内に6~7件のそば屋が密集し、昔から伝わる美味しい「冷がけ」が味わえる。その中でも本家と呼ばれる「弥助そば」は、そば粉のつなぎにふのりを使った二八そばである。麺のコシの強さと昆布、鰹節でとったダシが絶妙に絡み合う。

 西馬音内地区に行ったら是非食べてみてほしい。マジでうまいです。

横手焼きそば

 昨日のブログに続き、今日も麺の話である。

 今年は、B-1グランプリが秋田県横手市の「秋田ふるさと村」で開催されるという事で「横手焼きそば」がいつにもまして話題になっている。

 「横手焼きそば」は、終戦直後、横手市内でお好み焼き屋を営んでいたオーナーが、鉄板を使ってより多くの人が手軽に食事が出来ないかと模索して生まれたという背景がある。

 焼きそばが、ラーメンなどに比べて安価だった事や、駄菓子屋や民家でも食べられる手軽さから、最盛期の昭和30年代には市内の各町内に焼きそば屋が一軒以上はあったとまでいわれた。

 「横手焼きそば」の特徴は、太くまっすぐな角麺とキャベツ、豚焼き肉で作るシンプルな味。薄口ソースで味付けされた、麺の上に目玉焼きがのせてある。薄めの焼き色で、少し汁気があってしんなりしているのもおいしさの秘密である。福神漬けもアクセントで添えられている。

 2006年度に開催されたB級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」では、準優勝を獲得し、注目を集めた。

 現在は。横手市内に50店舗以上の焼きそば屋が軒を連ね。さまざまな具材で特徴を出している。

 今年こそは、「B-1グランプリ」で優勝をと期待してしまうのは、私だけではないであろう。

 書いているうちに食べたくなってきてしまった・・・・・。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

100皿カレー | 100皿シチュー | Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) | CAFE | お米 | お茶 | かあちゃんの野菜畑 彩菜館 | がっこ(漬物) | たまねぎ食堂 | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | セミナー告知 | ソフトクリーム | ソフトドリンク | チーズ | ティラミス | ハーブ | パン | フォーマックさんのお料理教室 | ベジフルコミュニティあきた | 冬の果物 | 冬の海の幸 | 冬野菜 | 夏の果物 | 夏の海の幸 | 夏祭り | 夏野菜 | 川魚 | 弁当 | 心に響く言葉(人生の名言) | 愛菜果 | 料理に関する一考察 | 料理(レシピ) | 日記・コラム・つぶやき | 春の果物 | 春の海の幸 | 春野菜 | 朝市 | 果実のお酒 | 梅酒 | 海の幸 | 玉子 | 直売所 | 秋の果物 | 秋田のイベント | 秋田の名水 | 秋田の心和む風景 | 秋田の銘菓 | 秋田市民市場 | 秋野菜 | 米粉 | 納豆 | 緊急連絡 | 美容・コスメ | 肉料理 | 調味料 | 豆腐 | 農家レストラン | 道の駅 | 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) | 道の駅 あに(マタギの里) | 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) | 道の駅 おおがた | 道の駅 おがち(小町の郷) | 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) | 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) | 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) | 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) | 道の駅 ことおか(土笛の里) | 道の駅 さんない(ウッディらんど) | 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) | 道の駅 たかのす(大太鼓の里) | 道の駅 てんのう(夢と神話の里) | 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) | 道の駅 にしめ(はまなすの里) | 道の駅 はちもり(お殿水) | 道の駅 ひない(比内鶏の里) | 道の駅 ふたつい(きみまちの里) | 道の駅 みねはま(ポンポコ101) | 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) | 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) | 道の駅 十文字(まめでらが~) | 道の駅 協和(四季の森) | 道の駅 大館能代空港 | 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) | 道の駅 東由利(黄桜の里) | 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) | 道の駅 象潟(ねむの丘) | 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) | 郷土料理 | 酒蔵 | 野菜と果物について思うところ・・・ | 野菜と果物に関する一考察 | 野菜と果物のヘルシーパワー | 野菜と果物を楽しむ心 | 野菜ソムリエになる為の勉強方法 | 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) | 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) | 野菜作り | 鍋料理 | 魚醤 | 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー