子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海)

2011年12月24日 (土)

道の駅 清水の里・鳥海郷(12月13日)

banana被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いていますbanana

Photo_2  

 「道の駅 東由利」を後にし秋田市に帰ろうかと思ったのですが、思ったよりも早い時間でしたので羽後町を経由して「道の駅 清水の里・鳥海郷」に向かうことにしました。

 雪が深くなると足を運ぶのが大変ですので思い切って行くことにしました。

 羽後町に入る手前あたりから雪が降り積もっており、羽後町に入ると辺り一面が銀世界でした。

 「道の駅 東由利」に着いた時には、空は曇り空であったが山に入った途端に雪が降って参りました。

 ひたすら山道を経由して車で走り抜けていくと「道の駅 清水の里・鳥海郷」が見えてきました。

Photo_3

 ここに来る時は、いつも雨や雪が降っています。

 その為に、「雨や雪が降っている道の駅」という印象が強いです。

 ここでは、「大根」と「大根のなた漬け」を購入いたしました。

 ここで購入できる「漬物」は美味しいので大好きです。

 ここは春の「山菜」がたくさん並びます。

 「山菜」が並ぶのが今から楽しみです。

bananaいつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

bananaコメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

bananaお料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

clipレシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2010年6月11日 (金)

朝採り孟宗筍のステーキ

Photo

 先日、「道の駅 清水の里・鳥海郷」で購入してきた「朝採り孟宗筍」を使いステーキを作った。

 あく抜きをしてみて皮をむいてみたら、身がギッシリと詰まっており味が抜群であった。

 「この味の良さだったらステーキにして食べよう!!」と、思い料理を始めた。

 ステーキにする際には、下の部分を使う。普通の「孟宗筍」の場合下の部分は固くて食べづらいものなのだが、今回は朝採りしてきた「孟宗筍」を直ぐにあく抜きした為に先から根元まで柔らかい状態であった。

 その柔らかい状態の「孟宗筍」の下の部分を2種類に切り分ける。

 1つは、節の真ん中を切って中に薄い筍の板がある状態。もう1つは丸くて真中が空洞になるように切るのである。

 後は、小麦粉と米粉をブレンドした粉を塗して火が通るまで焼いていく。

 今回は、味が良かったのでミディアムレアの状態に焼き上げた。

 その後に、「孟宗筍」の先の部分をカットして同じくブレンドした粉で焼き上げた。いわゆる「クルトン」を筍の柔らかい先の部分で作り、味と食感を楽しむのである。

 ソースは、にんにくを菜種油で炒めて香りが出たらベーコンを炒める。適度に油が出てきたら醤油と日本酒を入れて煮詰める。

 そうするとステーキに合う美味しいソースが完成する。

 盛り付ける際には、真中に板が付いている筍(お皿状になっている)にソースを注ぐ。

 食べるときに、ここの部分のソースに「孟宗筍のステーキ」をつけて食べるのである。

 久しぶりに作ってみたが、最高の味わいで思わず笑みがこぼれた。

 「秋田県の孟宗筍」も美味しさでは、他の産地に負けないのである。

 「やはり、美味しい孟宗筍が手に入った時はステーキにするのが良いなぁ」と改めて思った。

 この「孟宗筍のステーキ」は、信じられないくらい美味しいので興味のある方は、是非試してみてほしい。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年6月10日 (木)

道の駅 清水の里・鳥海郷の朝採り孟宗筍

Photo

  先日、「道の駅 清水の里・鳥海郷」で購入してきた「朝採り孟宗筍」の話である。

 この「孟宗筍」は、とにかく大きかった。長さが60cm強である。

 料理を行う際に「あく抜き」を行い皮をむいてみたが、中までギッシリと身が詰まっていた。

 今年食べた「孟宗筍」の中では、文句なしに一番の大きさであった。

 秋田県では、「孟宗竹」は、鳥海山近辺しか生えておらず、この辺りが日本の「孟宗竹」栽培の北限ではという説が有力である。(ちなみに、「淡竹(はちく)」は、寒さに強いので北海道南部でも栽培されている。出回る時期は、「孟宗竹」の後です。)

 旬は、3月~5月で筍の中では一番早い。秋田県産は、北国なので出回る時期は関西や関東よりも遅くなる。

 原産は中国江南地方と言われ、1736年に琉球経由で、鹿児島に伝来されたと言われている。

 「てんぷら」や「サラダ」にしても美味しいが、私は煮物が好きなので「若竹煮」が一番好物である。

 竹の子も部位によって使いわけて食べると美味しく食べる事が出来る。繊維の軟らかい穂先は「吸い物」や「和え物」、中ほどは「煮物」、硬い根元はすりおろして「揚げ物」にするのも一興である。大きい「竹の子」が手に入った時は、色々な食べ方を試してみるのも楽しみのひとつである。

 そろそろ「秋田県」の「孟宗筍」も終了である。出回っているうちは味を楽しみたいと思っているが、今回の「孟宗筍」に勝てる上級品は、今年はもうお目にかかれないであろう。

 ちなみに高そうと思われるかもしれないが、250円とお買い得であった。

 東京や横浜の高級スーパーさんで販売されている「孟宗筍」より品質も味も上回っている。

 こういう美味しい野菜が採れる「秋田県」というのは、本当に恵まれているとつくづく思う。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年6月 7日 (月)

道の駅 清水の里・鳥海郷(6月5日)

Photo

 「道の駅 おがち」を後にして、次は「道の駅 清水の里・鳥海郷」に向かった。ここの道の駅は、山菜が名物である。

「何か掘り出し物があるに違いない!!」と思いながら車を走らせていった。

 「道の駅 おがち」に着いた時には、空は曇り空であったが山に入った途端に道が濡れていた。どうやら鳥海山方面は雨が降っていたようである。

 ひたすら山道を車で走り抜けていくと「道の駅 清水の里・鳥海郷」が見えてきた。

 ここに来る時は、いつも雨が降っている。その為に、「雨が降っている道の駅」という印象が強い。

 直売所に足を運んでみたら、やはり掘り出し物があった。長さ60cm強の「孟宗筍」である。迷わずに購入した。値段も250円と破格であった。

 この「孟宗筍」は、私にとって今年最後の天然物となりそうである。美味しく料理して食べたい。

 直売所で買い物をした後は、「さくら味のジャージーソフトクリーム」を食べた。

 この「ソフトクリーム」は、後味が匂い立つように上品で食べていて幸福感を感じた。

 今度は、「筑陽茄子」や「日本一メロン」が並ぶ頃に出かけていきたいと考えている。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2009年8月 7日 (金)

筑陽なす

 「道の駅 清水の里・鳥海郷」で買ってきた筑陽茄子の話である。

 私は、夏野菜では茄子が一番好きである。正直言うと甲乙つけ難いのだが僅差で茄子が一番好きである。

 筑陽茄子は、「長茄子」の品種名である。肉質は、緻密できめ細かいのが特徴である。果肉がしっかりしているので煮ても焼いても美味しく、漬物でも美味しく頂ける。

 今回は、シンプルに焼いて食べた。その方が、果肉の美味しさが分かりやすいと思ったからである。食べてみると分かったが、シンプルに焼いて食べて正解であった。茄子本来の味を味わうことができた。

 秋田の美味しい茄子を求めて、今月は秋田県各地に足を運んでみたい。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2009年8月 6日 (木)

日本一メロン

Photo  「道の駅 清水の里・鳥海郷」で買ってきた「日本一メロン」の話である。

 先のブログで「道の駅 清水の里・鳥海郷」で生産者の爺様に自信満々に進められたメロンを買った話を書いたが、「日本一メロン」が、そのメロンである。

 このメロンは、表面は黄色い。ネットはないノーネットタイプのメロンである。糖度が16度以上あるというのが売りで、とても甘い。果肉は固めなので、柔らかい果肉のメロンが好みの人は好まないかもしれないが、私は、固めも柔らかめもどちらも好きなので美味しく食べることが出来た。

 確かに爺様のおっしゃっていた通り、甘くて美味しかった。やはり、何年も年期を積んだ達人の作る果物は美味い。もう一度会えるのであれば「おそれいりました。」と言いたい。

 「清水の里・鳥海郷」で作られた、爺様一押しの「日本一メロン」はただのメロンではなかった。とても魂のこもった渾身の一品であった。

 ちなみに「日本一」というのは品種名である。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2009年8月 1日 (土)

道の駅 清水の里・鳥海郷(ほっといん鳥海)

Photo  先のブログの続きである。

 「道の駅 おがち」を後にして、13号線を更に南下して今度は「道の駅 清水の里・鳥海郷」に向かった。いくつものトンネルを潜って山の中の道路を走っていく。山の中なので空気はキレイでリフレッシュできる。車の窓を全開にして、ひたすら走っていく。途中108号線に入り「笹子川」を過ぎて、しばらく進むと「道の駅 清水の里・鳥海郷」が見えてくる。

 ここの駅は、前に訪ねた「道の駅 おがち」とは対照的で空いていた。山の中にある秘境という雰囲気を漂わせており、曇り空が更に拍車をかけていた。

 建物の中に入ると、青果売場が左手に広がっていた。入って直ぐに後ろから、ドンとぶつかられて振り返ると、箱に大量のメロンを入れて運んでいる爺様であった。生産者の方なんだろうと思って見ていたら、やはり店に「メロン」を並べていた。店の中をぐるりと回って爺様の傍にいてメロンを選んでいたら爺様が話しかけてきた。

 「私が丹精を込めて作ったメロンです。アムスメロンより甘くて美味しいです。もし良かったら食べてみてください。」

 育てた本人に言われたら食べるしかないでしょ。ひとつメロンを手に取った。「日本一」と品種名が書いていた。私が手にとって「食べてみますよ。」と答えたら満面の笑みであった。私は、生産者の方の素敵な笑顔に弱い・・・・・。

 ここでは、他に「しし唐味噌」と「茄子(筑陽茄子)」、「名人テイさんが作った梅最中」を買った。帰り際に「道の駅きっぷ」を買ったら非売品の「5周年記念の道の駅きっぷ」を貰った。店員さんの話だと全部の道の駅にあるわけではないらしい。また、何枚に一枚「金の記念切符」があるらしい。

 ここの駅で、この日の「道の駅」巡りは終わった。この駅で15件の駅のスタンプを集めたことになる。約半分である。この日で秋田県南部の「道の駅」はすべて周ることが出来た。後は北である。

 「道の駅 清水の里・鳥海」は、山奥なる秘境のような神秘的な空間であった。ただひとつ心残りであったのは「リンドウソフトクリーム」が食べられなかった事である。次回は必ず食べたい・・・というか絶対に食べる。

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

100皿カレー | 100皿シチュー | Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) | CAFE | お米 | お茶 | かあちゃんの野菜畑 彩菜館 | がっこ(漬物) | たまねぎ食堂 | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | セミナー告知 | ソフトクリーム | ソフトドリンク | チーズ | ティラミス | ハーブ | パン | フォーマックさんのお料理教室 | ベジフルコミュニティあきた | 冬の果物 | 冬の海の幸 | 冬野菜 | 夏の果物 | 夏の海の幸 | 夏祭り | 夏野菜 | 川魚 | 弁当 | 心に響く言葉(人生の名言) | 愛菜果 | 料理に関する一考察 | 料理(レシピ) | 日記・コラム・つぶやき | 春の果物 | 春の海の幸 | 春野菜 | 朝市 | 果実のお酒 | 梅酒 | 海の幸 | 玉子 | 直売所 | 秋の果物 | 秋田のイベント | 秋田の名水 | 秋田の心和む風景 | 秋田の銘菓 | 秋田市民市場 | 秋野菜 | 米粉 | 納豆 | 緊急連絡 | 美容・コスメ | 肉料理 | 調味料 | 豆腐 | 農家レストラン | 道の駅 | 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) | 道の駅 あに(マタギの里) | 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) | 道の駅 おおがた | 道の駅 おがち(小町の郷) | 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) | 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) | 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) | 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) | 道の駅 ことおか(土笛の里) | 道の駅 さんない(ウッディらんど) | 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) | 道の駅 たかのす(大太鼓の里) | 道の駅 てんのう(夢と神話の里) | 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) | 道の駅 にしめ(はまなすの里) | 道の駅 はちもり(お殿水) | 道の駅 ひない(比内鶏の里) | 道の駅 ふたつい(きみまちの里) | 道の駅 みねはま(ポンポコ101) | 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) | 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) | 道の駅 十文字(まめでらが~) | 道の駅 協和(四季の森) | 道の駅 大館能代空港 | 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) | 道の駅 東由利(黄桜の里) | 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) | 道の駅 象潟(ねむの丘) | 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) | 郷土料理 | 酒蔵 | 野菜と果物について思うところ・・・ | 野菜と果物に関する一考察 | 野菜と果物のヘルシーパワー | 野菜と果物を楽しむ心 | 野菜ソムリエになる為の勉強方法 | 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) | 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) | 野菜作り | 鍋料理 | 魚醤 | 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー