子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

道の駅 なかせん(ドンパン節の里)

2012年5月15日 (火)

直球勝負の潔い炒飯です!!小松菜炒飯

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています  

Photo_3

 私は、「青菜」を美味しさを活かした「翡翠色」の「炒飯」が大好きです。

 季節の「青菜」を活かして、頻繁に作ります。

 夏は「モロヘイヤ」、「つるむらさき」で作り、冬は「ほうれん草」や「小松菜」、「水菜」で作ります。

 先日も、仕事の帰りに立ち寄った「直売所」で購入してきた「小松菜」で「炒飯」を作りました。

 「小松菜」は、冬が旬のお野菜ですが、まだまだ寒さが残る山間部では春先でも美味しい「小松菜」が手に入ります。

 そこが冬が長い秋田ならではの美味しい利点のひとつです。

 今回の「炒飯」に登場するお野菜は、「小松菜」オンリーです。

 「小松菜」だけで「炒飯」の美味しさを演出するのです。

 つまり、お野菜ひとつで勝負する潔さが決めての「炒飯」なのです。

 美味しくするためには、お野菜の目利きが決めてとなります。

 まさに、お野菜の本質が問われる「炒飯」なのです!!

 この「炒飯」も、お替わり必須です。

 ストレートに直球で迫る素朴な美味しさは何とも言えない清々しさがあります。

 そこに絡む「卵」の優しい食感も何ともいえません。

 この「炒飯」は、女友達の間で根強い人気を誇っております。

 この「炒飯」を食べると一発で素敵な女性になれそうな気がして参ります。

 栄養満点の「小松菜」の美味しさは、それぐらいのインパクトがあります。

 この味は女子力が上がってきます。

 心が楽しくなること間違いなしです。

 私が作る「炒飯」は、お野菜と秋田の食材の底力を強く感じることができる素敵な「炒飯」です。

 「炒飯」が好きな方は、是非作って頂きたいと思います。

 美味しくてほっぺたが落ちますよ!!

本日のティラミス

16

なぜか、この体勢でiPadを視聴しております視聴する際には「ぴーちゃん」と「エルモ」、「グリーンザウルスくん」は離しません

レシピです

≪小松菜炒飯≫

【材料】(2人分)

小松菜・・・2束

溶き卵・・・2個分

ご飯・・・300g

ねぎ油・・・大さじ1

菜種油・・・大さじ2

塩・・・小さじ2/3

※「ご飯」は通常とおり炊いて保温したものです。

※「小松菜」は洗って水につけておいてください。

※秋田県産の食材は、「中仙産小松菜」、「あやめ卵」、「大地の油」を使いました。

【作り方】

1.水につけてパリッとさせておいた「小松菜」についた水分を丁寧に拭き取ります。

2. 1.の根をカットして、細かく繊維を断つようにカットします。さらに垂直の方向に包丁を入れて細かいみじん切りにします(スムースチョッパーを使ってもいいですね)。

3.中華鍋を煙が出るまで熱し、「菜種油」を入れてなじませ、続いて「ねぎ油」を入れ、「溶き卵」を投入します。

4.「卵」に八分通り火を通したら「ご飯」を加えて中華鍋をあおり、全体が均一になるように炒めながら混ぜ合わせます。

5.塩と2.を加えて手早く混ぜ完成です。

※この「炒飯」はパラパラさせず少ししっとりさせるのが美味しく作るコツです。その方が「小松菜」の旨みが感じられます。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2012年5月12日 (土)

美味しい組み合わせです!!行者にんにくときのこの玄米酢炒め

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo  

 先日行なった弟子達との「道の駅巡り」で、たくさんのお野菜と出会いました。

 本日は、そこで出会った「行者にんにく」と「生椎茸」、「エリンギ」を使ったお料理「行者にんにくときのこの玄米酢炒め」を御紹介したいと思います。

 お料理したキノコは、「山内産生椎茸」、「中仙産エリンギ」です。

 「行者にんにくときのこの玄米酢炒め」は、美味しい「きのこ」を、「玄米酢」をベースにしたソースで炒めただけのシンプルなお料理ですが、「玄米酢ソース」の甘酸っぱい風味が「行者にんにく」や「きのこ」の滋味深い味と合わさり、なんとも言えない美味しさを紡ぎ出してくれます。

 「玄米酢」を使っているので、とてもヘルシーなのです。

 このお料理を美味しい「行者にんにく」の採れる春に食べるのが、我が家では定番です。

 私は、「きのこ」と「お酢」の組み合わせが大好きですので、その季節季節の「お野菜」をそこに加えて合わせることが多いです。

 そこから生み出される「お野菜」本来の味が堪らなく愛しいのです。

 美味しい「お野菜」と向き合う時間は、まさに至福のひとときです。

 「きのこ」が好きな方は、是非季節の「お野菜」と「お酢」とのコンビネーションを楽しんで頂きたいです。

 そして、そこから紡ぎ出される素敵な味を心ゆくまで味わってください!!

本日のティラミス

1

いっぱい食べた後は歯磨きです

レシピです

≪行者にんにくときのこの玄米酢炒め≫
【材料】4人分
行者にんにく・・・1束

生椎茸・・・6枚

エリンギ(大)・・・3本

菜種油・・・大さじ2

玄米酢ソース(合わせておきます)・・・・・・・

玄米酢・・・大さじ1.5

みりん・お酒・・・各大さじ1

塩・・・少々

【作り方】
1.「行者にんにく」は水でよく洗って下の赤い部分を剥き、3cm幅にカットします。

2.「生椎茸」は薄切りにし、「エリンギ」は食べやすい大きさに裂きます。

3.フライパンに「菜種油」を熱し、「生椎茸」と「エリンギ」を加えて強火で炒めます。

4.「生椎茸」と「エリンギ」の表面に油が回ったら「行者にんにく」を入れて更に炒めます。

5.「玄米酢ソース」を入れて炒め合わせて完成です。

※「きのこ」は、何でも良いです。お好みの「きのこ」を入れてください。「お酢」もお好みの「お酢」を使ってください。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年5月13日 (金)

道の駅 なかせん(4月30日)

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo_2  

 「森の駅」を後にして、次は「道の駅 なかせん」に向かった。

 「道の駅 なかせん」には、私の大好きな「お米の資料館」があり、そこには「ジャンボうさぎの剥製」が飾ってある。

Photo_3

 ここの「道の駅」は、おかき工場が隣接しており、窓越しに中の様子を拝見する事が出来る。  

 この日は、リニューアル間もないということもあり、大変な賑わいをみせていた。

 出店している地元の方々も笑顔に溢れていた。

 この日は、「こわれおかき」と「小山コンニャク店のこんにゃく」を購入した。  

 ここに足を運んだ際には、レジ前に置いてある「こわれおかき」は必ず購入する。

 こわれている「おかき」がたくさん袋に入っているので大変お買い得である。

 しかも、めちゃくちゃ美味しい!!

 たまに置いていないこともあるが、ここに来たら必ずチェックを入れることをオススメする。

 この日は、「杜仲茶」は購入しなかった。まだ、家にあるからである。

 この日は、角館に入ってからは、ずっと雨が降り続いていた。

  「今日は、運がなかったなぁ・・・・・」と思いながら「道の駅 なかせん」を後にした。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2010年6月 9日 (水)

道の駅 なかせん(6月5日)

Photo

 「道の駅 雁の里せんなん」を後にして、次は「道の駅 なかせん」に向かった。

 「道の駅 なかせん」には、私の大好きな「お米の資料館」があり、そこには「ジャンボうさぎの剥製」も飾ってある。

 ここの「道の駅」は、おかき工場が隣接しており、窓越しに中の様子を拝見する事が出来る。

 この日は、「切干大根」と「茶豆(ドライ)」を購入した。

 いつもなら、ここで名産品の「おかき」と「杜仲茶」を購入するのだが、まだ家に楽しむ分が残っているので今回は購入をしなかった。

 「お米の資料館」を見学し外に出ると、遠くに雨雲が広がっていた。

 「それにしても天気が変わりやすい日だなぁ・・・・・」と思いながら「道の駅 なかせん」を後にした。

Photo_2

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月26日 (金)

秋田産アピオス

Photo_7

 先日、「道の駅 なかせん」で購入してきた「アピオス(ホドイモ)」の話である。

 「アピオス」は、栄養的に極めて優れた野菜(芋)である。

 古来強精食とされてきたとのことである。

アピオスの栄養成分の100g総エネルギーは、従来のイモの中で最高といわれるサツマイモに比べて、62%も多い1.6倍であり、ジャガイモのもつエネルギーの2.6倍もある。イモだからデンプンなど炭水化物が多いが、その含有量は他のイモより高いのである。

 また、水分含量はどのイモよりも少ない。他のイモに比べて、繊維質が何倍も多いのが特徴で、タンパク質はジャガイモの3倍、ヤマイモの1.5倍、サトイモの2.4倍を含有する。 脂質は格段に多く、サツマイモの13倍である。さらに、アピオスのミネラル、ビタミンなどの分析結果をみると、カルシウムがサツマシモの5倍、ジャガイモにくらべれば30倍の多量を含有する。リンも他のイモより多い。 

 鉄分は他のイモの4倍、ナトリウムはサツマシモの約2倍、ジャガイモの10倍もある。カリウムだけは他のイモよりやや少ない。普通カルシウムの含有量の多いものは、それと拮抗菌にカリウムの吸収量が少ないものであるが、そのことがイモにもあらわれている。ビタミンCは、ジャガイモ、サツマイモに劣るが、サトイモやヤマイモ並には含まれている。

 食べてみた感想であるが、とても甘くて食べやすい。東京や横浜に住んでいる時も食べた事があるが、大仙市中仙産の「アピオス」は、その時に食べた「アピオス」よりも数段甘いし旨みがある。

 「アピオス」といえば、「青森県七戸産」が有名であるが、「大仙市中仙産」も味はひけをとらない。

 もし「道の駅 なかせん」を訪れる事があったら是非探して購入してみてほしい。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

杜仲茶の乾燥茶葉

Photo_6

 先日、「道の駅 なかせん」で購入してきた「杜仲茶の乾燥茶葉」の話である。

 秋のブログでも書いたが、秋田県大仙市中仙地域は「杜仲茶」の名産地である。

 道の駅「なかせん」に行くと、私はいつも購入している。

 先日も、講演会の資料集めの為に訪れた時に迷わず購入した。今の時期は、「乾燥茶葉」が販売されているのである。

 秋田県は、雪国である為に保存食の文化は発達している。この「乾燥茶葉」も、そんな先人の知恵の集大成のひとつであろう。

 「杜仲茶」は、人体に必要とされているミネラル(カルシウム、鉄分)を多く含有。利尿効果、血圧効果作用などが認められている。

 名前の由来は、中国産の落葉高木(葉、樹皮に有効成分含有)からである。

 生産状況は、栽培農家は58戸(農家の高齢化により減少傾向)、栽培面積は3ha。中仙町特産物生産促進協議会で、製品の販売・PRを県内および首都圏で展開している。

 私は、お茶が大好きでカミさんと二人で良く飲むが「杜仲茶」も良く飲む。

 今回の「乾燥茶葉」も2人で楽しみたい。

 最近は、「花粉症」の時期に突入間近である。私の友人は「杜仲茶」を飲み続けたら「花粉症」が軽くなったと言っていた。

 「花粉症」の方は、根気強く飲み続ければ治るかもしれないので、是非チャレンジしてみてほしい。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです  

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月24日 (水)

生産者懇談会での講演(大仙市にて)

Photo

 今日は、「ベジフルコミュニティあきた」経由で講演会の御依頼を頂き、大仙市に行って講演を行ってきた。

 講演会は、(有)協栄青果市場様からの御依頼であった。生産者の方向けに「食育」についてお話をしてほしいとの事であった。

 講演会は、夕方からスタートした。講演会に出席してくださった方は、皆さん、私よりも先輩の方ばかりで正直緊張したが、真剣に耳を傾けて頂き、積極的な御意見や質問を頂き私にとっては、大変に有意義な講演であった。

 講演が終わった後の「懇親会」でも、「勉強になりました。」、「参加して良かった。」というお言葉を貰えて、とても嬉しかった。生産者の方に掛けて頂いた言葉ひとつひとつに感動した。

 講演の内容は、私がいつも「食育」の際に述べている「食楽育(食を楽しんで育てていく。)」という話しを核に進めさせて頂いたが、普段聞く事のできない「生産者」の方や「仲卸し」の方の率直な意見をお伺いする事が出来て大変勉強させて頂いた。

 私の講演の進め方や、「食育」についての考え方への貴重なアドバイスも沢山頂戴することが出来て本当に頂いたアドバイス一言一言が「金言」であった。

 今日、アドバイス頂いた事を糧に今後も秋田の食の発展の為に貢献していきたい!!

 私が、生産者の方を元気づけに行ったのだが、逆に皆さんから沢山の元気をもらってしまい感激した。

 協栄青果市場の社長様を始めとする社員の皆様、大仙市の生産者の皆様、大仙市議会議長様、本日は本当にありがとうございました。この場を借りて感謝の気持ちを述べさせて頂きます。

 私の講演が、皆さまの今後の発展に役立って頂ければ、これほど嬉しい事はございません。

 お呼びいただければ、いつでも駆けつけます!!本日は、本当に多大な勉強をさせて頂きました。

 ありがとうございます。謹んでお礼を申し上げます。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月19日 (金)

道の駅 なかせん(2月18日)

218_4

先のブログの続きである。

13号線を南下していき田んぼ道を突っ切っていくと105号線に突き当たり、そこを左に曲がると「道の駅 なかせん」に到着する。

 ここの「道の駅」は、分かりづらい場所にあり行く時には迷う事もしばしばである。今日も田んぼ道のど真ん中で親切なお兄さんに105号線の場所を教えて頂いた。(本当にありがとうございます。)

 ここの「道の駅」は「ドンパン節」と「おかき工場」が有名なところである。ここに来たら、「おかき」に思いっきり目を奪われる。

 ここでは、「杜仲茶の乾燥茶葉」と「アピオス(芋)」、「杜仲麺」を購入した。ここの隠れた名物は「杜仲茶」である。意外と知らない方が多いが、ここの「杜仲茶」は最高の味わいである。これからは、「花粉症」の時期なので「花粉症」の方には是非オススメである。

 また、ここには「米資料展示コーナー(こめこめプラザ)」もあり、いろいろと「お米」について勉強が出来るというのも特徴である。真剣に米の資料を見ていると、いろいろと勉強になる。

218_5

 それと、「なかせん」では、10月後半に「ジャンボうさぎフェスティバル」が開催されており名物となっている。

 「フェスティバル」そのものだけではなく「ジャンボうさぎ自身」が「なかせん」の名物なのである。

 ジャンボうさぎとは通称「中仙(なかせん)うさぎ」と呼ばれている大きなうさぎである。。秋田で改良されたこの品種は、今も大仙市のうさぎ飼養者たちが保存と改良に取り組んでいる。そんなジャンボうさぎの重さや体の長さを審査して、いちばんジャンボなうさぎを決定しよう!というフェスティバルが開かれているわけである。

M級・L級・体長ジャンボなどの部門で「いかにジャンボか」が競われる。体重8キロ以上のうさぎばかり参加するジャンボ級には、10キロを超えるうさぎが現れることもある。

 現に初代チャンピオンの「ジャンボうさぎ」は、剥製として「こめこめプラザ」に展示されている。体重は10.7kgだそうである。

 足を運ぶ機会があったら是非拝見してほしい。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

Photo

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2009年12月23日 (水)

杜仲茶

 Photo              秋田県大仙市中仙地域は「杜仲茶」の名産地である。

 道の駅「なかせん」に行くと、私はいつも購入している。

 「杜仲茶」は、人体に必要とされているミネラル(カルシウム、鉄分)を多く含有。利尿効果、血圧効果作用などが認められている。

 名前の由来は、中国産の落葉高木(葉、樹皮に有効成分含有)からである。

 生産状況は、栽培農家は58戸(農家の高齢化により減少傾向)、栽培面積は3ha。中仙町特産物生産促進協議会で、製品の販売・PRを県内および首都圏で展開している。

 私は、お茶が大好きでカミさんと二人で良く飲むが「杜仲茶」も良く飲む。

 年が明ければ、あっという間に「花粉症」の時期である。私の友人は「杜仲茶」を飲み続けたら「花粉症」が軽くなったと言っていた。

 もし「花粉症」でお悩みの方は試してみる価値があるかもしれない。

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2009年7月21日 (火)

道の駅 なかせん(ドンパン節の里)

 こないだの続きである・・・最近、いつも同じ書き出しのような気もするが気のせいであろう。

Photo  「道の駅 かみおか」を後にして13号線を南下した後に、105号線沿いにある「道の駅 なかせん」に向かった。途中、若干迷ってしまったが無事到着することができた。

 いつもは、カミさんがナビゲーターとしてついているので、普通に迷わないのだが横にカミさんがいないと地図を見ながらなので不便である。しかし、この不便さが「道の駅はしごドライブ」には欠かせない。何事も上手くいかないから楽しいのである。

 この日は、御土産屋さんは休みであった。「おかきが買えない・・・・。」と落胆しスタンプだけを押して帰ろうとしたら、地場野菜の店はやっていた。そこに、「おかき」もしっかりと売っていた。「そうこなくっちゃ」である。

 そこのお店で、「おかき」を3種類購入した。ここの「道の駅」に来たら「おかき」は必ず購入しなけばダメである。ここの「おかき」はマジで旨い。「道の駅」の中に「おかき工場」があるくらいである。名物は、「おかき」であろう。ちなみにもう一つの名物は「杜仲茶」である。こちらもオススメである。ここのお店は、店のお姉さんが親切で好感が持てた。

 「道の駅 なかせん」は、ドンパン節が流れ「おかき」のほのかな香りが漂う夢空間であった。こんな素敵な空間に感謝である。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

100皿カレー 100皿シチュー Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) CAFE お米 お茶 かあちゃんの野菜畑 彩菜館 がっこ(漬物) たまねぎ食堂 ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム セミナー告知 ソフトクリーム ソフトドリンク チーズ ティラミス ハーブ パン フォーマックさんのお料理教室 ベジフルコミュニティあきた 冬の果物 冬の海の幸 冬野菜 夏の果物 夏の海の幸 夏祭り 夏野菜 川魚 弁当 心に響く言葉(人生の名言) 愛菜果 料理に関する一考察 料理(レシピ) 日記・コラム・つぶやき 春の果物 春の海の幸 春野菜 朝市 果実のお酒 梅酒 海の幸 玉子 直売所 秋の果物 秋田のイベント 秋田の名水 秋田の心和む風景 秋田の銘菓 秋田市民市場 秋野菜 米粉 納豆 緊急連絡 美容・コスメ 肉料理 調味料 豆腐 農家レストラン 道の駅 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) 道の駅 あに(マタギの里) 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) 道の駅 おおがた 道の駅 おがち(小町の郷) 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) 道の駅 ことおか(土笛の里) 道の駅 さんない(ウッディらんど) 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) 道の駅 たかのす(大太鼓の里) 道の駅 てんのう(夢と神話の里) 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) 道の駅 にしめ(はまなすの里) 道の駅 はちもり(お殿水) 道の駅 ひない(比内鶏の里) 道の駅 ふたつい(きみまちの里) 道の駅 みねはま(ポンポコ101) 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) 道の駅 十文字(まめでらが~) 道の駅 協和(四季の森) 道の駅 大館能代空港 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) 道の駅 東由利(黄桜の里) 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) 道の駅 象潟(ねむの丘) 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) 郷土料理 酒蔵 野菜と果物について思うところ・・・ 野菜と果物に関する一考察 野菜と果物を楽しむ心 野菜ソムリエになる為の勉強方法 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) 野菜作り 鍋料理 魚醤 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー