子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚)

2011年12月29日 (木)

道の駅かみおか(12月15日)

banana被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いていますbanana

1215


 先日、山内地方の農家さんに用事があったので山内地方に足を運びました。

 その際に、通り道にある「道の駅かみおか」にも立ち寄りました。

 13号線を大曲方面に南下していくと右手に「道の駅 かみおか」が見えてきます。

 ここでは、「花みそ(和菓子)の紫芋、白芋、紅芋」と「大根」、「乾燥大豆(紫秘伝)」を購入しました。

 ここを見た時間は、朝の早い時間であったが人がたくさんいました。

 お目当ては、ここでもやはり「ハタハタ」です。

 冬の風物詩「ハタハタ」は、ここでも大人気です。

1215_2

 ここの「道の駅」は、和菓子が充実しているのが特徴です。

 「茶屋っこ一里塚」と言われるだけあって昔から伝統的な和菓子が多いのだと思います。

 ここは和やかな雰囲気が漂っているのも特徴です

 ここで心を和やかにし山内方面に車を走らせていきました。

bananaいつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

bananaコメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

bananaお料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

clipレシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2010年6月23日 (水)

秋田県産野菜で作る台湾風おでん

Photo_2

 先日、作った「台湾風おでん」の話である。

 私は、夏に台湾に行った際に食べた「台湾のおでん」の美味しさが忘れられない。

 暑い中で汗をかきながら食べた「おでん」が最高に美味しかったのである。

 その為に、夏には「台湾風おでん」を頻繁に作る。これが本当に美味しいのである。

 今は、秋田県に住んでいるので「秋田県産」の食材を使って作る。また、秋田は美味しい食材が多いので、本当に美味しい「おでん」が出来るのである。

 今回は、「太平ポーク(豚トロ)」、「秘伝(乾燥枝豆)」、「乾燥シイタケ」、「長ネギ」、「たまご」を使って料理を行った。勿論全て秋田県産である。

 この「おでん」は、台湾風なので味付けも勿論台湾の調味料を使って作る。しっかりと「八角」を効かせて味にコクをつけるのである。

 しょうゆをベースにした薄味の出汁で煮込むのであるが、夏に食べてもさっぱりとしているので夏の暑い盛りでも美味しくて箸が止まらなくなる。

 「たまご」は、「道の駅 岩城」で購入してきた「地鶏のたまご」を使ったのだが味が濃厚で美味しかった。

 「秘伝」と「しいたけ」も滋味深く濃厚な味がして「秋田産乾燥野菜」の質の高さを感じる事が出来た。

 これから、夏本番になってくるが今年も美味しい「台湾風おでん」を満喫したいと思う。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年6月 9日 (水)

道の駅 かみおか(6月5日)

 「道の駅 なかせん」を後にして、次は「道の駅 かみおか」に向かった。

 この時点で、夕方になっており「雲行きも怪しいなぁ」と思っていたら空が真っ暗になってきた。

 この日は、「直売所」はお休みであった為に「野菜」を購入する事が出来ず残念であった。

 ここに来ると必ず購入する銘菓がある。「花みそ」である。

Photo_3

 「花みそ」は、和菓子なのだが不思議なモッチリ感があり大変美味しい。そのうえ、いろいろな種類の味があるので飽きないのである。この日は、「紫米」と「梅しそ」を購入した。

 買い物をして表に出て「道の駅 かみおか」の写真を撮ろうと携帯を構えたら、急にどしゃぶりの雨が降ってきた。

 あまりにも凄い勢いで降りだしたので、急いで車に乗り込んだ。残念ながら写真を撮る事が出来なかった。

 悔しい思いを胸に、「道の駅 かみおか」を後にした。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月11日 (火)

五目豆(秋田産秘伝を使った美味しい煮物)

Photo

 昨日、記事で書いた「大仙市神岡産」の「秘伝(枝豆)の乾燥豆」と「根菜」、「乾燥しいたけ」、「玉こんにゃく」、「高野豆腐」を使って「五目豆」を作った。

 煮豆のポイントは、「豆」を柔らかく水煮にしてから、味付けをする事である。柔らかくなる前に調味料を加えると、煮上がりの豆が固くなってしまうのである。

 これは、煮豆全般に言えることである。

 この「五目豆」は、「美容と健康」にも大変良いおかずである。素材それぞれが足りない栄養素を補完する為に、栄養の摂りこぼしが少ないし、何と言っても美味しい。

 やはり、美味しいのが一番である。

 うちのカミさんも、この「五目豆」を作るといつもの2倍くらい御飯を食べる。美味しいので御飯がススムそうである。

 先日、娘が生まれたので、これからは今まで以上に食生活には「感動と楽しみ」、「安全と健康」についての配慮が必要である。

 これを管理するのは、カミさんであるが、監督して責任を持つのは、やはり一家の大黒柱である私である。

 これからも、時々は台所に立つ事が重要さを帯びてくるであろう。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年5月10日 (月)

枝豆(秘伝)の乾燥豆

Photo

 2月に「道の駅 かみおか」で購入してきた「秘伝(枝豆)の乾燥豆」の話である。

 私は、「乾燥豆」を水で戻して料理するのが大好きなので、冬には、よく「秋田県産の乾燥豆」を購入して料理をする。

 今回は、「神岡産の秘伝(枝豆)」を水で戻して「五目豆」を作ろうと思って、さっき鍋に「乾燥豆」を移し水に漬け込んだ。

 「乾燥豆」の漬け込み方法にも裏技があり、それを行う事により料理した時の味が大きく変わってくる。作る料理によって使い分けるのである。

 今回は、「和食」を作るので「和食」に合わせた仕込み方法を行った。

 明日になり、料理をするのが楽しみである。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月26日 (金)

大仙市神岡産 シェリー(じゃがいも)

Photo_4

 先日「道の駅 かみおか」で購入してきた「シェリー(じゃがいも)」の話しである。

 「シェリー」は、「シンシア」と同じくフランス生まれの美味しい「じゃがいも」である。赤皮で肌艶が良くメークインに似た形をしている。また、非常に食味が良く、様々な料理に向くので、いろいろな料理に使いやすい。しかも煮崩れがしにくい。

 我が家では、先日記事にも書いた「ミルクスープ」として食べたが、甘みが濃厚で美味しかった。

また、外見的特徴として大きくなるとサツマイモのように長くなる。先にも書いたが「メイクイーン」と煮ている。

 秋に収穫してからの休眠が長く出来るので貯蔵性が高い。しかも冷蔵すると甘味が増すので寝かせておいた方が美味しくなるという特徴も「シンシア」と同じである。

 この「じゃがいも」は、「寝るじゃがいもは、よく栄養を蓄える」というありがたい「じゃがいも」なのである。

 秋田で、また美味しい「じゃがいも」を発見してしまった。

Photo_5

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月24日 (水)

生産者懇談会での講演(大仙市にて)

Photo

 今日は、「ベジフルコミュニティあきた」経由で講演会の御依頼を頂き、大仙市に行って講演を行ってきた。

 講演会は、(有)協栄青果市場様からの御依頼であった。生産者の方向けに「食育」についてお話をしてほしいとの事であった。

 講演会は、夕方からスタートした。講演会に出席してくださった方は、皆さん、私よりも先輩の方ばかりで正直緊張したが、真剣に耳を傾けて頂き、積極的な御意見や質問を頂き私にとっては、大変に有意義な講演であった。

 講演が終わった後の「懇親会」でも、「勉強になりました。」、「参加して良かった。」というお言葉を貰えて、とても嬉しかった。生産者の方に掛けて頂いた言葉ひとつひとつに感動した。

 講演の内容は、私がいつも「食育」の際に述べている「食楽育(食を楽しんで育てていく。)」という話しを核に進めさせて頂いたが、普段聞く事のできない「生産者」の方や「仲卸し」の方の率直な意見をお伺いする事が出来て大変勉強させて頂いた。

 私の講演の進め方や、「食育」についての考え方への貴重なアドバイスも沢山頂戴することが出来て本当に頂いたアドバイス一言一言が「金言」であった。

 今日、アドバイス頂いた事を糧に今後も秋田の食の発展の為に貢献していきたい!!

 私が、生産者の方を元気づけに行ったのだが、逆に皆さんから沢山の元気をもらってしまい感激した。

 協栄青果市場の社長様を始めとする社員の皆様、大仙市の生産者の皆様、大仙市議会議長様、本日は本当にありがとうございました。この場を借りて感謝の気持ちを述べさせて頂きます。

 私の講演が、皆さまの今後の発展に役立って頂ければ、これほど嬉しい事はございません。

 お呼びいただければ、いつでも駆けつけます!!本日は、本当に多大な勉強をさせて頂きました。

 ありがとうございます。謹んでお礼を申し上げます。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleftapple

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月19日 (金)

道の駅 かみおか(2月18日)

218_2

 先のブログの続きである。

 快晴の状態は、まだまだ続きそうなので、46号線の来た道を戻り、今度は「道の駅 かみおか」に向かった。

 13号線を大曲方面に南下していくと右手に「道の駅 かみおか」が見えてくる。

 ここでは、「花みそ(和菓子)の紫芋、白芋、紅芋」と「シェリー(じゃがいも)」、「乾燥大豆(紫秘伝)」を購入した。

 「紫秘伝」の「乾燥豆」を購入できるとは思っていなかったので思わぬ収穫であった。

 ここの「道の駅」は、和菓子が充実しているのが特徴である。「茶屋っこ一里塚」と言われるだけあって昔から伝統的な和菓子が多いのであろう。

 ここの道の駅は、リラックスしてお食事が出来る食堂も目玉である。今日も、ここでランチを食べた。食堂の「おばちゃん」の笑顔が休む人を和ませてくれる。

 お昼を食べるには、最高の空間がここにはある。

 ここで購入した野菜等についても随時ブログで紹介していきたい。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleftapple

 218_3

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2009年7月20日 (月)

道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚)

 前回の続きである。

 「道の駅 きょうわ」を出た後は、13号線に戻り「道の駅 かみおか」に向かった。この日は日差しが強く暑かった。午後からは雨と聞いていたが普通に暑かった。車の窓を全開にして田舎の心地よい土と太陽の匂いを感じながら13号線を走らせた。

 20分くらい走らせた頃に右手に「道の駅 かみおか」が見えてきた。田んぼの中にあるのどかな風景を見ていたら心が和んだ。

 着いた当たりに妹から電話があり、少し話をした。「兄貴は、相変わらず好きなことを思う存分やってるね。お姉さんを困らせちゃダメだよ。」と小言を言われてしまった・・・・。まあ、そんなことは全く気にしないが、カミさんに迷惑かけてるかもと少し思ってしまった・・・。

 ここの駅は、餅菓子(花みそ)が特産品らしい。そんな訳で、外の食堂で売っている餅を食べたが、コメの味がしっかりとしていて美味しかった。タレの味も比較的濃い目だが、餅の力強い味も負けておらず、コシのある素晴らしい味であった。

 ここにある「茶屋っこ一里塚」は、江戸時代慶長9年に徳川家康によって各街道に一里塚が築かれたモノの一つである。ここの一里塚は江戸日本橋から133番目である。

 そんな伝統ある一里塚のある「道の駅 かみおか」は、懐かしい匂いのする温かい空間であった。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

100皿カレー | 100皿シチュー | Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) | CAFE | お米 | お茶 | かあちゃんの野菜畑 彩菜館 | がっこ(漬物) | たまねぎ食堂 | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | セミナー告知 | ソフトクリーム | ソフトドリンク | チーズ | ティラミス | ハーブ | パン | フォーマックさんのお料理教室 | ベジフルコミュニティあきた | 冬の果物 | 冬の海の幸 | 冬野菜 | 夏の果物 | 夏の海の幸 | 夏祭り | 夏野菜 | 川魚 | 弁当 | 心に響く言葉(人生の名言) | 愛菜果 | 料理に関する一考察 | 料理(レシピ) | 日記・コラム・つぶやき | 春の果物 | 春の海の幸 | 春野菜 | 朝市 | 果実のお酒 | 梅酒 | 海の幸 | 玉子 | 直売所 | 秋の果物 | 秋田のイベント | 秋田の名水 | 秋田の心和む風景 | 秋田の銘菓 | 秋田市民市場 | 秋野菜 | 米粉 | 納豆 | 緊急連絡 | 美容・コスメ | 肉料理 | 調味料 | 豆腐 | 農家レストラン | 道の駅 | 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) | 道の駅 あに(マタギの里) | 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) | 道の駅 おおがた | 道の駅 おがち(小町の郷) | 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) | 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) | 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) | 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) | 道の駅 ことおか(土笛の里) | 道の駅 さんない(ウッディらんど) | 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) | 道の駅 たかのす(大太鼓の里) | 道の駅 てんのう(夢と神話の里) | 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) | 道の駅 にしめ(はまなすの里) | 道の駅 はちもり(お殿水) | 道の駅 ひない(比内鶏の里) | 道の駅 ふたつい(きみまちの里) | 道の駅 みねはま(ポンポコ101) | 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) | 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) | 道の駅 十文字(まめでらが~) | 道の駅 協和(四季の森) | 道の駅 大館能代空港 | 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) | 道の駅 東由利(黄桜の里) | 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) | 道の駅 象潟(ねむの丘) | 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) | 郷土料理 | 酒蔵 | 野菜と果物について思うところ・・・ | 野菜と果物に関する一考察 | 野菜と果物のヘルシーパワー | 野菜と果物を楽しむ心 | 野菜ソムリエになる為の勉強方法 | 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) | 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) | 野菜作り | 鍋料理 | 魚醤 | 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー