子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

道の駅 にしめ(はまなすの里)

2012年4月26日 (木)

春の山菜マジック!!うるいの日向夏ポン酢和え

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo_2

 本日は、「うるいの日向夏ポン酢和え」を御紹介させて頂きたいと思います。

 私は、「山菜」が大好きで、お料理の際には頻繁に活用します。

 毎年、春に「山菜」を食べるのが楽しみです。

 先日、弟子達(ブルーミン・オニオン)と秋田県南の「道の駅」を巡った時も「山菜」をたくさん購入しました。

 ここで「山菜」の栄養と効能について書いてみたいと思います。

 現在、「野菜」として食べられている植物は、もともとは野草あるいは山菜であったものです。

 味、栄養、育てやすさ、収量などを改善しながら「野菜」として品種改良されたものです。

 今でも、「山菜」として残っている植物は、味や栽培法などに何らかの不都合があって「野菜」にまでは至らなかったものだと考えて良いと思います。

 しかし、栄養的にみると、一般的には「野菜」よりも栄養価が高い事が多いようです。

 「たらの芽」、「ぜんまい」、「こごみ」、「よもぎ」、「あいこ」等々・・・・・、山菜類などのほとんどが「緑黄色野菜」に入ります。

 しかも、ビタミン類やミネラル類や食物繊維などを、かなり高度に含んでいるものが多いのです。

 ただ、くせがある為に大量には食べられないので過度な期待は禁物です。

 また、一般に山菜類はあくの強いモノが多いです。

 あくの正体はそのほとんどが「ポリフェノール類」です。(これは野菜のあくの場合でも同じ事が言えます。)

 近年、「ポリフェノール類」には抗酸化作用が認められ、がんを予防したり、動脈硬化を抑制して老化を遅らせるなど、さまざまな保健機能が知られるようになりました。その点からみれば、「山菜」にもがんや老化予防効果が期待できるのかもしれません。

 適量を食べれば、他の野菜には見られない機能性を発揮する「山菜」であっても、食べ過ぎると口や胃の粘膜を傷害するなどの欠点も出てくるようです。(私の友人は、大学生の時に実家から送られてくる「山菜」ばかり毎日食べていたら「尿道結石」になってしまいました。)

 つまり、「野菜」に昇格出来なかったことには、何らかの理由があるずなのです。

 栄養価は、相当に高いのですが、栄養を期待して食べるというよりも、その「山菜」からしか得られない独特の味や風味を楽しんだり、その時期にしか食べられない季節感を堪能するために食するものだと捉えた方がよさそうです。

 しかし、「山菜」は美味しいので食べると止まらないというのが現実ですが・・・・・。

 とにかく、「秋田県」は美味しい「山菜」が多いです。

 食べ過ぎには気をつけながら味と風味を楽しんでいきたいと思います。

 いろいろな「山菜」が子供の頃から馴染みがありますが、「うるい」もそんな馴染みのある「山菜」のひとつです。

 今回は、「日向夏」と和えてさっぱりと頂ける「日向夏ポン酢和え」に仕立ててみました。

 毎年、この時期は美味しい「日向夏」を頂くことが多いので、「山菜」と合わせてお料理することが多いです。

 また、「日向夏」と「山菜」の相性も抜群なのです。

 このお料理は、茹でた「うるい」に刻んだ「日向夏の皮」と「ポン酢」で和えただけのシンプルな逸品です。

 しかし、シンプルだからこそ味わえる、それぞれの素材の美味しさを感じることができ、とても素敵な逸品となっております。

 さっぱりと爽やかな味と滋味深い「うるい」の組み合わせは、後をひく美味しさとなり、その感覚が堪りません。

 その後をひく味に春の力強くも優しい風を感じることができるのです。

 食卓に吹く春風に心を満たされたい方は、是非食べて頂きたいです。

 心が春の香りでいっぱいになること間違いなしです。

 「うるいの日向夏ポン酢和え」は、心が爽やかになる素敵な逸品です。

本日のティラミス

27 

春は揚げ物〜♪美味しそうな「コロッケ」の香りに釣られてダンボールオバケが出没です

レシピです

≪うるいの日向夏ポン酢和え≫
【材料】4人分
うるい・・・1束

日向夏の皮・・・1/4個
ポン酢・・・適宜

青のり・・・少々

【作り方】
1.「うるい」は、水で洗ってハカマを取り除きます。そして食べやすい大きさに2等分します。2.お湯を沸かし「塩」をひとつまみ(分量外)入れて「うるい」を茹でます。茹でる際には茎を先に入れて、しばらくしてから葉をいれてください。
3.1分ほど茹でたらザルにとって、うちわで仰ぎながら冷まします。

4.「日向夏」は皮をそいで、細切りにします。

5.「うるい」と「日向夏の皮」を混ぜます。さらに「ポン酢」と「青のり」で和えて完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年12月24日 (土)

道の駅 にしめ(12月13日)

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

1213_9  

 「道の駅 おおうち」を後にして西目方面に車を走らせました。

 時間的には余裕があったので「道の駅 にしめ」にも立ち寄りました。

1213_10

 「道の駅 にしめ」は、自然に囲まれており、その恵まれた環境の中に自分を置くと大変気持ちをリラックスさせる事が出来るのが素敵です。

 大変、気持ちが落ち着く「道の駅」のひとつです。

1213_11

 この日は、「シナノスウィート」と「長ねぎ」を購入しました。

 Photo

 「はたはた」のシーズンということもあり、「道の駅 にしめ」も「はたはた」が山積みにされておりました。

 秋田の冬の風物詩ですね。

 この日も、「道の駅 にしめ」ではいろいろな発見がありました。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2010年6月29日 (火)

ラタトウィユ

Photo_2

 先日作った「ラタトウィユ」の話である。

 「ラタトウィユ」は、言わずと知れた「地中海料理」である。

 我が家では、旬の野菜を使った「ラタトウィユ」をよく作る。

 いろいろな野菜を入れて作るのであるが、我が家では一般的な「ラタトウィユ」を作る時には入れない食材を入れる。

 それは「豆類」である。

 我が家では、カミさんが「豆類」が大好物なので「旬の豆類」や美味しい「乾燥豆」を丁寧に戻して投入する。

 先日は、「ひよこ豆」を「ラタトウィユ」の食材として使った。

 豆を入れると、食感が良くなり味が引き立つ。また、トマト味の豆は美味しいので食もススム。

 「ラタトウィユ」は、野菜をたくさん満喫できるので、野菜をたくさん摂りたい方には大変オススメである。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年6月24日 (木)

道の駅 にしめ(6月24日)

Photo_3

 「道の駅 岩城」を後にして西目方面に車を走らせた。

 せっかく、西目方面に来たのだからと思い「道の駅 にしめ」に立ち寄った。

 「道の駅 にしめ」は、自然に囲まれており、その恵まれた環境の中に自分を置くと大変気持ちをリラックスさせる事が出来る。

 大変、気持ちが落ち着く「道の駅」のひとつである。

 今回は、「赤玉ねぎ」と「おかひじき」を購入した。

 西目一帯は、夏に楽しめる場所が多い。次回は、カミさんと娘を連れてきて家族で散歩をしたいと思う。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年3月 8日 (月)

紅化粧大根

Photo_4

 今日は、先日「道の駅 にしめ」で購入した「紅化粧大根」の話である。

 「紅化粧大根」は、全体が鮮やかな紅色で中は純白色の大根である。肉質がち密でみずみずしく、非常に甘味が強いのが特徴で、紅白の色合いを生かしてサラダや酢漬け等幅広い料理に出来る。

 長さは20~25cmである。その真っ赤な外観は、大変目立ち心が惹きつけられる。

 私は、「大根」が大好きであるが、この「紅化粧大根」は、そんな中でもお気に入りの大根のひとつである。

 今回は、前回のブログでも書いたとおり、「お月見サラダ」として食べた。

 とても、美味しく満足度の高い味であった。

 大根は、ビタミンCが多く、消化酵素の「アミラーゼ」が豊富である。「アミラーゼ」は消化を促し、胸やけや胃もたれを予防するが、加熱すると効力を失ってしまう。また酵素の「オキシターゼ」には、がん予防効果がある。葉には「カロテン」、「カルシウム」、「食物繊維」が含まれ栄養価が高い。

 冬大根は、味が格別に美味しいので毎年食べるのを楽しみにしている

 もう、春が近づいてきているが、もう一度だけ食べたいと強く思う。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

根菜のチム

Photo_2

 今日のディナーは、私が作った。

 メイン料理は、「根菜のチム」である。以前にブログでも書いたが「チム」とは、「韓国料理の蒸し煮」の事である。

 今日は、「秋田県産の鶏肉」と「大潟村産のパープルスウィートロード」、「西目産の人参」、「五城目産の生椎茸」を使って料理を行った。

 この「チム」は、鍋の中で「好みのお肉」と「調味料」を和えて、好みの野菜をカットして投入。後は、蓋をして弱火で30分~40分蒸すだけという簡単で美味しい料理である。

 胡麻油と他の調味料と「お肉」、「お野菜」が織りなす味のハーモニーが堪らなく心地よく美味しい。

 簡単で手間が掛らないので、大変オススメな料理である。

 レシピ公開の要望があればしますので、遠慮なくリクエストをお願い致します。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年3月 4日 (木)

たけのこ白菜ときのこの醤油煮

Photo

 先日、作った「たけのこ白菜ときのこの醤油煮」の話である。

 「白菜の醤油煮」は、私の大好きな中華料理のひとつであり、今回の料理は、それを応用した料理である。

 味付けは、至ってシンプルで「胡麻油」と「醤油」だけである。それを「餡かけ」にして料理するのだが格別に旨い。

 今回の、キノコは「大潟村産あわび茸」と「西目産の生シイタケ」を使った。「たけのこ白菜」の中心部分を使って料理したのだが、「きのこ」の甘みと旨み、「白菜」の甘みが「醤油」と「胡麻油」と絶妙に絡み合い至高の味を紡ぎだす。

 ちょっと料理方法を工夫しただけなのだが、味のクオリティが格別に上がる。

 もし、リクエストがあれば「レシピ」を公開いたしますので、遠慮なくコメントをお願い致します。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年3月 2日 (火)

お月見サラダ

Photo_5

 昨日作った「お月見サラダ」の話である。

 このサラダは、大変シンプルである。「西目産の紅化粧大根」を千切りにして器に盛り、すりおろした「八竜町産の長芋」をかけて真中に卵の黄身をのせて、最後に「紫蘇」の葉を散らしただけである。

 「ゆずポン酢」で食べたのだが、このサラダが格別に旨い。甘辛い「紅化粧大根」と、適度に水分含有量が多い長芋と卵の黄身との相性が抜群に良いのだ。

 アクセントになっている「紫蘇」の葉も美味しさを引き立たせている。

 ちなみに、「ゆずポン酢」は「道の駅 きさかた」で購入した「名物の3兄弟ゆずポン酢」である。

 このサラダは、シンプルかつ美味しいので是非試してほしい。

 ちなみに、普通の大根を使うときは、大根の頭の部分を使ってほしい。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

野菜のミネラルたっぷりのデミグラスソースシチュー

 昨日、作った「野菜のミネラルたっぷりのデミグラスソースシチュー」の話しである。

 久しぶりに、「デミグラスソースのシチュー」を食べたいと思いディナーで作る事にした。どうせ作るんだったら、とことんこだわろうと思い気合を入れて作る事にした。

まずは、「鶏肉」を塩、胡椒で和えて、数種類のスパイス「パプリカ」、「ナツメグ」、「ドライパセリ」を振りヨーグルトで和えて冷蔵庫で3時間寝かせる。

Photo

↑こんな感じです。

その後に、鍋に岩塩を振り、乱切りにした「大潟村産の人参」、ざく切りにした「協和産のとまと」、くし切りにした「西目産の玉ねぎ」を敷きつめる。

Photo_2

↑こんな感じにぎっしり鍋に詰めます。

 そして、弱火にかける。するとひたひたと野菜の水分が湧き出てきて水を全く使わない野菜だけのミネラルたっぷりの水分が鍋に溜まる。これは、野菜から出てきた純粋な水分である。

Photo_3

↑こんな感じに、野菜のミネラルたっぷりに水分がひたひたに溜まってきます。

 普段は、「野菜のミネラル水分」だけで料理するのであるが、この日は、前日に出汁をとった「比内地鶏のスープ」が冷蔵庫に入っていたので、「野菜のミネラル水分」と「比内地鶏」のスープをブレンドした。

 大変コクのあるスープベースが仕上がる。

 その「ブレンドスープ」に、「大潟村産芽キャベツ」と「大潟村産あわび茸」を入れ、スパイスの「ローリエ」を入れて蓋をして1時間煮込む。

 1時間後に、今度はスパイスとヨーグルトで和えておいた「鶏肉」を鍋に投入し、約1時間煮込む。

 その後に、デミグラスソースを入れてかき混ぜながら焦がさないように煮詰める。

 最後に、「じゃがいも(この日は、シェリー)」を入れて、じゃがいもに火が通ったら完成である。

 大変、野菜の味が濃厚な「ベジタブル風味が強いデミグラスソースシチュー」が完成した。

 ディナーで食べたが、野菜の味が濃厚なヘルシーなシチューになった。口当たりも円やかで喉越しと食感も最高である。

 カミさんも、御満悦であった。

 カレーとシチューは、どうしても作るのに凝り過ぎてしまう。

 良いのか悪いのかは、賛否両論であるが手間を掛けただけの美味しい「シチュー」が出来たので、手間を掛けただけの事はあった。

 ちなみに、私は簡単に作る美味しいカレーやシチューも得意である。

Photo_4

↑完成した「デミグラスソースのシチュー」です。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

2010年2月25日 (木)

道の駅 にしめ(2月24日)

224_3

 悔しい思いを胸に、20分車を飛ばして訪れた「道の駅 にしめ」であったが、またしても「レストラン」が休み・・・・・。

「えっ、どういう事????」

正直納得が出来なかった。2駅続けて休みとは・・・・・。予想だにしなかった。文句を言っていても埒があかないので、「由利本荘市観光振興会」のある「道の駅 象潟」に電話してみた。

 そしたら、「えっ、キャンペーン期間中なのに休みですか???」という答えが帰ってきた。どうやら休みというのは把握していないようであった。

 とりあえず、また他の道の駅に行くにしても行かないにしても、今日営業しており「限定メニュー(競い合っているメニュー)」が食べられる「道の駅」を調べてもらった。

 その結果、他の「道の駅」は全部営業しているとの事であった。

 カミさんと相談したところ「折角、ここまで来たのだから一番近い「道の駅 おおうち」に行こう。」という結論に達し、腹ペコを堪えて次の駅に向かう事にした。

 「道の駅 にしめ」では、「直売所」で買い物をした。「長ねぎ」と「紅化粧大根」、「小松菜」、「なんばんの三升漬」を購入した。

 美味しそうな野菜を手に入れる事が出来たので、その点に関しては大満足であった。

 お腹を空かせながら、次の駅に向かった・・・・・。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いです

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

100皿カレー 100皿シチュー Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) CAFE お米 お茶 かあちゃんの野菜畑 彩菜館 がっこ(漬物) たまねぎ食堂 ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム セミナー告知 ソフトクリーム ソフトドリンク チーズ ティラミス ハーブ パン フォーマックさんのお料理教室 ベジフルコミュニティあきた 冬の果物 冬の海の幸 冬野菜 夏の果物 夏の海の幸 夏祭り 夏野菜 川魚 弁当 心に響く言葉(人生の名言) 愛菜果 料理に関する一考察 料理(レシピ) 日記・コラム・つぶやき 春の果物 春の海の幸 春野菜 朝市 果実のお酒 梅酒 海の幸 玉子 直売所 秋の果物 秋田のイベント 秋田の名水 秋田の心和む風景 秋田の銘菓 秋田市民市場 秋野菜 米粉 納豆 緊急連絡 美容・コスメ 肉料理 調味料 豆腐 農家レストラン 道の駅 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) 道の駅 あに(マタギの里) 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) 道の駅 おおがた 道の駅 おがち(小町の郷) 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) 道の駅 ことおか(土笛の里) 道の駅 さんない(ウッディらんど) 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) 道の駅 たかのす(大太鼓の里) 道の駅 てんのう(夢と神話の里) 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) 道の駅 にしめ(はまなすの里) 道の駅 はちもり(お殿水) 道の駅 ひない(比内鶏の里) 道の駅 ふたつい(きみまちの里) 道の駅 みねはま(ポンポコ101) 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) 道の駅 十文字(まめでらが~) 道の駅 協和(四季の森) 道の駅 大館能代空港 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) 道の駅 東由利(黄桜の里) 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) 道の駅 象潟(ねむの丘) 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) 郷土料理 酒蔵 野菜と果物について思うところ・・・ 野菜と果物に関する一考察 野菜と果物を楽しむ心 野菜ソムリエになる為の勉強方法 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) 野菜作り 鍋料理 魚醤 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー