子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

« 枝豆と糸こんにゃくの炒め物 | トップページ | れんこんのミルフィーユ仕立て »

2011年3月 4日 (金)

えごま豆腐

Photo_2

 先日食べた「くるみ豆腐」が美味しかったので、あくる日は、「えごまの実」を使って「えごま豆腐」を作ってみた。

 私は、「葛粉」を使った手作りの豆腐が大好きで時々思い立ったように作る。

 「彩菜館」で購入した「えごまの実」が残っていたので、「胡麻」と同じ要領で煎ってすり潰して「豆腐」に仕上げた。

 「くるみ豆腐」の記事でも書いたが、他のでんぷんで代用するのではなく、本物の「葛粉」を使用する事により格別な味となる。

 「葛粉」は、「片栗粉」と同様、でんぷん質の食品であるが、性質が異なり、整腸作用があり、下痢を止めてくれる。

 この料理も勿論「美容と健康」に良い。

 今日は、「しょっつる」をベースにした「葛餡のソース」を作り豆腐にかけた。

 「えごまの実」は、αリノレン酸を多く含み生活習慣病や成人病予防に有効と言われている。使い方は、「胡麻」と一緒である。栄養満点な為に、大変ヘルシーである。

 「えごま」というと、「韓国野菜」の「大葉」に似た「葉野菜」を思い浮かべるが、実も料理に使えて美味しさを楽しむ事が出来るのである。

 

restaurantレシピですrestaurant

 ≪えごま豆腐≫

 【材料】(4人分)

 えごまの実・・・90g

 葛粉・・・90g

 昆布だし・・・360cc

 水塩・・・小さじ1

 おろしわさび・・・適宜

 葛餡・・・・・・・・

 葛粉・・・大さじ3

 昆布だし・・・90cc

 しょっつる・・・少量

 【作り方】

 1.「えごまの実」をすり鉢でよく摺ります。

 2.「葛粉」とすった「えごまの実」を合わせ、「昆布だし」に入れて、よく混ぜ合わせます。

 3.裏漉しにかけて、ダマを取り除きます。ざるで漉してもOKです。水塩を加えて味を調えます。

 4.強火にかけて練り上げます。重たくなって粘りが出てきたら、流し缶(容量400cc)に流します。

 5.粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固めます。

 6.「葛餡」を作ります。「昆布だし」に「しょっつる」を加えて味をつけ、火にかけて水で溶いた「葛粉」を加えてとろみをつけます。

 7. 5.の「えごま豆腐」を切り出し、器に盛ります。6.の「葛餡」をかけ、すりおろした「わさび」を天に盛ります。

bananaいつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

bananaコメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

bananaお料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

clipレシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

« 枝豆と糸こんにゃくの炒め物 | トップページ | れんこんのミルフィーユ仕立て »

かあちゃんの野菜畑 彩菜館」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

夏野菜」カテゴリの記事

料理(レシピ)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
えごま豆腐!!
素晴らしいです!!
手作りってびっくりです。

えごまの実。
初めて聞きました。

どんな実だろう???
ネットで検索してみます。

ぼんじょるのさん、おはようございます。

わあ(^^)
えごま豆腐まで!!
本当に、びっくりです。
そしてまた、すごく美味しそうです。
そういえば以前、るーママは、エゴマそばをいただいたこと。
ふっと、思い出しました。
このお豆腐と同じ色のおそばだったな~と。

栄養満点なエゴマ、これからどんどん食生活にとりいれていきたい!
そう思いました(^^)

おはようございます。

すごーい!!
えごまの実ってしらないです。
探してみます。
すごーく興味あります。
くるみ豆腐も早く作りたいです。

ぼんじょるのさん、おはようございます♪

えごま・しょっつる、初めて効きました~

どんなお味か興味あります♪♪♪

応援ポチッ☆

こんにちは
先日は丁寧な回答ありがとうございました

ぼんじょるのさんは野菜だけじゃなく広範囲で知識が豊富ですね

野菜ソムリエで料理上手でイクメンで性格良しとくればもう最強じゃないですか

お顔は想像ですがかなりの色男かと


隠しても無駄ですよ

ふふふふ

えごまの実初めて存在を知りました

赤ピーマン探したらありました

普通のピーマンより若干お値段高めでしたが
最近悲しいくらいにブロッコリーが高くて

ずーーと手が出せてません


応援ぽちっと☆

こんにちは^^
いつもコメント応援ありがとうございます。

えごまのお豆腐ですか^^
体に良さそうです。
今日も美味しそうですね。

ぽちっと。

ぼんじょるのさん、こんばんは~
えごま、まだ食べた事がないのですが、とても美味しそう!!!
滋養たっぷりって感じで、良いですよねぇ...
また寒くなったみたいなので、暖かくしてお過ごしくださ~い☆
ぽちぽち☆

こんばんは(^^♪
えごまの豆腐、美味しそう♪
えごまと言えば、韓国に旅行に行った時、
焼肉をえごまの葉っぱに包んで
食べたのを覚えています。
えごまの実はまだ食べた事が
ありません。
香ばしくて美味しそうですね(^^)

応援ポチ☆

エゴマ豆腐、以前教えていただいたレシピですね~。

エゴマがもっと多くの人に認知されたらいいですね。
試験栽培して、エゴマを収穫し、搾油までやったんですよ!!

これからもアドバイスお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519285/50908494

この記事へのトラックバック一覧です: えごま豆腐:

« 枝豆と糸こんにゃくの炒め物 | トップページ | れんこんのミルフィーユ仕立て »

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー