子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

« モロヘイヤのイタリアンサラダ | トップページ | 秋田市産 島オクラ »

2010年9月 8日 (水)

日本農業が活力を失ったわけ

 日本の「食」と「農」の姿についてであるが、今回は、日本農業が活力を失ったわけについて書いてみたい。

 日本農業が活力を失い、衰退の一途をたどるのではないか、という危機感が強まったのは1990年代後半のことである。

 なによりも生産額が減り始めた。経済活動の結果を付加価値、つまり稼ぎだした「値打ち」で測る農業総生産は95年の7兆8446億円がピークである。21世紀に入ると6兆円を割り、毎年のようにジリジリと下がり続けている。売上高も粗利益も伸びない産業が沈滞ムードに陥るように、日本農業の先行きに危機感を抱く向きが増えだした。

 カロリーベースでみた食料自給率が50%を割ったのは、それより少し早い88年のことだった。国民の健康を保持するための食料を供給するのが農業の存在意義だとするならば、使命の半分も達成できず、他国の助けを借りなければならなくなったのである。

 そして94年には、耕地利用率が100%を割り込んだ。耕地利用率は、その国の農業に活力がどのくらいあるかを物語る指標でもある。温暖な気候に恵まれた日本列島では、狭い農地をフルに活かして二毛作、三毛作が出来る地域がずいぶんある。戦前の耕地利用率は140%台を維持し、日本の農家の「勤勉さ」を象徴していた。

 戦後になって、高度成長が始まった頃の60年にも、133.9%という高さを維持している。なのに99年には、耕地面積は高度成長のあおりで、60年の607万ヘクタールから13%も少なくなっていた。しかも1年中何も作付けを行わず、遊ばせている農地がたくさん出るというふがいない状態になっている。

 といって需要が減ったわけではない、家計が費やした食費総額を60年を基準に推計してみると。90年にはなんと15.3倍となり、さらに2004年には16.2倍へと増えている。ということは、90年代の日本農業には、生活者のニーズに応えることが出来ない何らかの事情が生まれた、と考えなければなるまい。

 たしかに90年代は、日本農業がグローバル化の荒波を次々にかぶった時でもある。91年には、アメリカの強い要望に屈して牛肉・オレンジの自由化を飲まざるをえなくなった。関税を払って、牛肉もオレンジ果汁も、大手を振って外国産が入ってくるようになった。

 93年末には、7年半に渡ったWTOウルグアイ・ラウンド交渉が終結し、農産物にも自由貿易ルールを原則として適用する国際合意が成立した。日本は防戦これ努め、ようやくコメについては特別扱いを認めてもらったものの、価格支持を主要な手段として国内農業を保護する事を、いつまでもおおっぴらに続ける事が出来なくなった。

 また、90年に入ってバブル経済がはじけたことも、日本農業にとって芳しくない事態であった。世はデフレ、生活者家計も所得が頭打ちの状態になった。そのあおりを受けて農産物価格も低迷する。国外からも国内からも、農家にとって明るい話しが少なくなったのが90年代である。

 だが、日本農業の将来に危機感が高まったのは、農業を取り巻く外的要因からだけではない。日本農業自身が抱える構造問題が、いっこうに解決の方向に向かわないことのほうが、危機感を強めたといってよい。苦境をはね返す力を出せそうにないことが、危機感を強めたのである。

 新しく農業に従事してくれる若者がいっこうに増えないものだから、農業就業人口は減り続けている。就業人口に占める65歳以上の比率、つまり高齢化も2000年には50%を超え、05年には58%に達した。耕地利用率が下がり続けているのは、こうした労働力面の脆弱さも大きく影響している。

 また、農水省はあの手この手で意欲ある農家への農地を集積させる施策を展開しているのだが、農業経営規模拡大は遅々としたペースでしか進んでいない。

 耕作放棄地や土地持ち非農家の急増は、こうした危機感を強めることになる。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

おものがわ夢工房粋果の雫...

おものがわ夢工房粋果の雫...

価格:2,000円(税込、送料別)

« モロヘイヤのイタリアンサラダ | トップページ | 秋田市産 島オクラ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野菜と果物に関する一考察」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
先日はコメントありがとうございます。
野菜ソムリエさんなんですね~
コメントいただいて、ああ、そういう資格あったなあ!私も取ろうかなと思って検索すると
講座を受けなきゃならない(゚□゚)
しかもお高い(゚□゚)
ああ~こんなに出せないわあ・・・とがっかり。。
世間は厳しいですねえ(笑)
栄養学の本とかよく見てるので
ぼんじょるのさんのブログでもお勉強させていただきます
よろしくお願いします
日本はこれからは自給自足で、食べていけるようにして欲しいです。
やっぱり日本で生産されたものを一番信用して買ってます私。。。
応援ポチして帰ります。

りえこっちのおうちごはんさんへ

御訪問頂きありがとうございます。そしてコメントを頂きありがとうございます。

勉強するに値する記事を書けるように努めていきますので、今後とも宜しくお願い致します。

私も、日本で生産されたものを一番信用していますよ。

また、ブログに遊びに行かせて頂きますね。

応援ポチありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519285/49386509

この記事へのトラックバック一覧です: 日本農業が活力を失ったわけ:

« モロヘイヤのイタリアンサラダ | トップページ | 秋田市産 島オクラ »

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー