子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

« 夏野菜と鶏皮のサラダ | トップページ | 秋田市民市場(7月30日) »

2010年7月30日 (金)

秋田市産トマトベリー

Photo_2

 先日、「彩菜館」で購入してきた「秋田市産トマトベリー(ミニトマト)」の話である。

 トマトベリーはイチゴのようなかわいいハート型をした直径約三センチのミニトマトである。甘くて肉厚な食感を楽しめるのが特徴である。

 糖度は通常のトマトが約六度であるのに対し、九度から十度以上とスイカなみに甘く、またトマト特有の苦味や臭さがなく、甘味と酸味のバランスが絶妙で、フルーツ・スウィーツ感覚で食べる事ができる。

 形もハート形で可愛らしい形をしている。

 この「トマトベリー」は、毎年オープンデーにお邪魔させて頂きている「トキタ種苗」さんが手掛けた「ミニトマト」である。

 初めて「オープンデー」で見た時の衝撃は忘れらない。とてもインパクトが強かったのである。

 ちなみに、この「トマトベリー」は、野菜ソムリエコミュニティ秋田の仲間達と畑に植えて育てている。

 併せて「とまと」の栄養面についても触れたいと思う。

 あまり言及されることはないが、「とまと」の栄養的価値のとても大きな特徴は「一度にたくさん食べられること」だろう。農林水産省、厚生労働省、文部科学省の三省が策定した『食生活指針』では「一日に野菜を350g以上(そのうち緑黄色野菜を120g以上)食べましょう」と推奨しているが、これがなかなか達成されない。その理由のひとつが「野菜は一度にたくさんは食べられない」ことである。その点「とまと」は一回の食事で100gくらいは食べる事ができる。100g当たりの栄養量で比較すると、カロテンやビタミンCなどは葉物野菜のほうが多いが、葉物野菜は一度に100gはなかなか食べきれない。

 また、ハウス栽培が盛んに行われているので、一年中食べられる点も「とまと」の大きな特徴である。ただし、「とまと」の旬は夏であり、旬の時期にはハウス物よりも栄養価が高い事は分かっているので、「とまと」の栄養的価値は夏場に高くなるといえる。「とまと」の酸味は主としてさわやかな風味のあるクエン酸である。クエン酸は食欲を増進させる働きを持っている。食欲が低下しがちな夏場には冷やした「とまと」が食事を美味しくしてくれる。

 野菜を薬のように扱っている本の中では、よく「とまとの赤い色はカロテンではなくリコピンです」と書かれている。間違いではないが、「とまと」はカロテン(黄色の色素)豊富に(100g中540㎍)含んでいる緑黄色野菜である。大きな「とまと」をひとつ食べれば、緑黄色野菜の推奨量=一日120gをクリアできる。カロテンは体内でビタミンAに変わり、目や皮膚や消化器官などの粘膜などの働きを活発にして免疫機能を高め、体を外敵から守る働きをする。またビタミンAはさまざまながんのリスクを低減することが知られている。

 葉物の緑黄色野菜ほどではないが、ビタミンCも豊富に含んでいる。ビタミンAとCは、相互に影響し合ってより強力な抗酸化作用を発揮することがわかっているので、両者を豊富に含む「とまと」は、がん予防や老化予防に大きな効果を発揮するといえる。

 栄養素以外の機能性成分としてはリコペン(lycopen リコピンともいう)がある。カロテンと同じカロテノイド色素だが、こちらはビタミンAには変換されない。しかし、抗酸化力としてはカロテンよりも強力だと見られており、がんや老化の進行を抑制する働きがあるとされている。リコペンは加熱に強いので、煮たり焼いたりしても抗酸化力があまり低下しないという長所がある。

 また、カロテンもリコペンも油と一緒に調理すると吸収力が高まる。ホールトマトやトマトピューレやケチャップあるいはトマトジュースなどに加工される、真っ赤な調理用トマトはリコペンが特にたくさん含まれている。リコペンは加熱しても損失が少なく、むしろ吸収率が上がるので、これらのトマト加工品も調理に上手に取り入れたい。

 「とまと」にはビタミン様物質であるルチン(ビタミンPとも呼ばれる)とピオチン(ビタミンHとも呼ばれる)が含まれている。ルチンは毛細血管を強化して高血圧を予防したり動脈硬化の進行を遅らせたりする作用がある。ビオチンは、ビタミンCとともにコラーゲンの生成を助け、肌を健康に保つ働きをするといわれている。

 ミネラルではカリウムを多く含んでいるので、血圧が高い人は積極的に食べたい野菜であるが、食塩をふりかけるのはやめたい。「とまと」のカリウムの良さを食塩のナトリウムが消してしまうのだ。がんや老化の原因となる過酸化物質を分解する作用を持っているセレンというミネラルを含んでいるので生活習慣病予防効果がある野菜といっていいだろう。

 「ミニトマト」は普通の「とまと」に比べて、カロテン、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが豊富である。持ち運びにも便利なので、お弁当などに積極的に利用したい野菜である。

 「トマトベリー」は、個人的に思い入れの強い「ミニトマト」である。

 より多くの人に愛されるように心の底から願う。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。downwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

« 夏野菜と鶏皮のサラダ | トップページ | 秋田市民市場(7月30日) »

かあちゃんの野菜畑 彩菜館」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

夏野菜」カテゴリの記事

愛菜果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519285/49014445

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田市産トマトベリー:

« 夏野菜と鶏皮のサラダ | トップページ | 秋田市民市場(7月30日) »

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー