子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

« 新じゃがのトロトロオムレツ(メークイン編) | トップページ | 「幻の山豚 太平ポーク」のスペアリブのイタリアングリル »

2010年5月 9日 (日)

えごま豆腐(えごまの実で作った手作り豆腐)

Photo_2

 昨日の夕飯で食べた「くるみ豆腐」が美味しかったので、今日は、「えごまの実」を使って「えごま豆腐」を作ってみた。

 私は、「葛粉」を使った手作りの豆腐が大好きで時々思い立ったように作る。

 冬に「彩菜館」で購入した「えごまの実」が残っていたので、「胡麻」と同じ要領で煎ってすり潰して「豆腐」に仕上げた。

 「くるみ豆腐」の記事でも書いたが、他のでんぷんで代用するのではなく、本物の「葛粉」を使用する事により格別な味となる。

 「葛粉」は、「片栗粉」と同様、でんぷん質の食品であるが、性質が異なり、整腸作用があり、下痢を止めてくれる。

 この料理も「マクロビオテック」のひとつで「美容と健康」には、大変良い。

 今日は、「しょっつる」をベースにした「葛餡のソース」を作り豆腐にかけた。

 「えごまの実」は、αリノレン酸を多く含み生活習慣病や成人病予防に有効と言われている。使い方は、「胡麻」と一緒である。栄養満点な為に、大変ヘルシーである。

 「えごま」というと、「韓国野菜」の「大葉」に似た「葉野菜」を思い浮かべるが、実も料理に使えて美味しさを楽しむ事が出来るのである。

 興味のある方は、レシピを公開させて頂きますのでコメントを頂ければ幸いです。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

« 新じゃがのトロトロオムレツ(メークイン編) | トップページ | 「幻の山豚 太平ポーク」のスペアリブのイタリアングリル »

かあちゃんの野菜畑 彩菜館」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

豆腐」カテゴリの記事

コメント

エゴマ豆腐ですか!! おいしそうです。

実は、今年富山でエゴマの試験栽培をすることにしました。
葉を食べる韓国種と搾油用に6種類を
日本エゴマの会からとりよせて
月曜日に種をまきました。

エゴマの情報を教えてくださればうれしいです。
よろしくお願いします。

 となりの大阪人さん、いつもコメントを頂きありがとうございます。
 
 えごまの情報は、調理法や用途で宜しいでしょうか?
一般的には、大葉と同様に薬味やてんぷらにします。私は、梅と一緒に春巻きにしたり、かいわれやチャーシューと一緒に生春巻きにして食べるのが好きです。
 
 種実は、ブログでも書いている通り「豆腐」にするのが好きです。あとは、煎ってすりつぶして、砂糖や醤油と合わせて「和えごろも」にしたりします。

 一部だけ抜粋して書きだしましたが、まだまだ美味しい食べ方はあります。
 
 もし、何か質問があれば可能な限り答えさせて頂きますので質問を頂戴できれば幸いです。

ありがとうございます。
くるみ豆腐の作り方もみてみますね。

調理法・用途も知りたいのですが
栽培に関してなにかご存知ですか?
栽培しているのは、韓国種ではなくて
在来種ですか?


試験栽培して、うまくいったら
富山の新しい特産物にしたいと思っています。

種を収穫したら搾油します。
α-リノレン酸が豊富な油がとれますものね。
じつはエゴマ栽培でシニア野菜ソムリエの論文を
書きました。現在結果待ちです。

質問ありがとうございます。

私の知っている限りでお答えさせて頂きます。

私は、義祖父が農家を営んでおりますが、私自身は農業人ではないので、正直なところ御期待に答えられないかもしれませんが出来る限りの範囲でお答えさせて頂きます。

私が「えごま豆腐」に使ったのは黒種で早生(岩手種)です。秋田市で栽培されている方がいまして、直売所で購入致しました。

えごまは、黒種と白種ともに国産の在来種では早生(岩手種)中生(福島田村種)晩生(岐阜白川種)があり、開花時期が1~2週間違います(早生8月下旬、中生9月中旬、晩生9月下旬)。なお、シソを含めお互いに交雑し易いので注意が必要です。

○土づくり・肥料
 肥えた土地は最初無肥料で十分育ちます(肥料が多いと徒長して収量が減ります)。やせ地には植物性堆肥を1アール当たり10~50kg施します。二年目以降は植物性堆肥のほかに貝化石などのミネラルを1アール当たり5~10kg、ぼかし(発酵)肥料(コメヌカ1:油かす1:魚粉1)などを10~15kg施してください

○種まき
 5月中旬(早生、北海道や北東北)から6月下旬(晩生、西日本)に種まきをします。ポイントは早すぎないこと。発芽適温は23度です。蒔き幅20cmに条まきします。覆土は薄く、足で踏み込んでください。4~5日ほどで発芽します。育苗の場合、栽培面積の10分の1の苗床を用意し、1m2に5mlの種をを畝間20cm、条に均一ま居てください。1m2の苗床で10m2の栽培面積分ができます。苗床肥料は堆肥90kg, ぼかし30kg, 貝化石10kgぐらいを与えてください。

栽培方法には、この辺りの知識しか、私にはありません。「となりの大阪人」さんの方が実際に栽培されているようなので、私よりも詳しいと思います。

○えごま豆腐のレシピ
≪4人分≫
えごま・・・90cc
葛粉・・・90cc
だし・・・360cc
水塩・・・小さじ1

葛餡
葛粉・・・大さじ3
だし・・・90cc
薄口しょうゆ・・・少量
おろしわさび

①えごまを煎ってすり鉢でよくする。
②葛粉とすったえごまを合わせ、だしに入れてよく混ぜ合わせる。
③裏漉しにかけて、ダマを取り除く。ザル漉しでも良い。水塩を加えて味を調える。
④強火にかけて練り上げる。重たくなって粘りが出てきたら、流し缶(容量400cc)に流し込む。
⑤粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やし固める。
⑥葛餡を作る。だしに薄口醤油を加えて味をつけ、火にかけて水で溶いた葛粉を加えてとろみをつける。
⑦⑤のえごま豆腐を切り出し、器に盛る。⑥の葛餡をかけ、すりおろしたわさびを天に盛ります。

また、何かありましたらコメントを頂けましたら幸いです。
私自身も勉強になりますので、えごまについて勉強をして「となりの大阪人」さんのお役に立てればと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。

詳しい情報をありがとうございます。
ネットでのつながりなのに、丁寧に答えていただいて
本当に感謝しています。

農文協の「えごま」という本を買って調べて
日本エゴマの会から手に入る種をすべて購入しました。

富山ではどの品種がいいのか今年は調べてみます。
私は農業はまったくの門外漢ですが
富山大学の農場と、農家の方の協力を得たので
なんとか試験栽培までこぎつけました。

野菜ソムリエとして健康についてお話をしていると
脂質の話は避けて通れないと思いました。

「オメガ3系の油を豊富に含んだエゴマ油を
 搾油して商品化できないか」

という思いがわいてきました。
最初はフラックスシードオイルを考えていましたが
北海道が栽培の南限であることがわかりました。

エゴマはもともと昔から日本で栽培されていたので
フラックス(亜麻仁) よりも簡単に栽培できそうですし
葉、実 油、搾りカスは堆肥になることがわかったので
中山間地の耕作放棄地や休耕田には最適な
作物だと考えています。

ブログに、キトキトさんエゴマプロジェクトとして
記事を書いています。よかったら遊びにいらしてください。
感想やアドバイスがあればよろしくお願いします。

心が熱い方の質問には、熱い思いで答えるというのが私の考えです。

「となりの大阪人」さんのブログを拝見させて頂いて熱いモノを常々感じているので、こちらも熱い思いで答えさせて頂きました。

エゴマプロジェクトの成功を秋田の大地から応援しています。

たまには、ブログにお邪魔してコメントを書かせて頂きたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

ありがとございます。よろしくお願いします。

やるだけのことをやって、秋の収穫を楽しみたいと
思っています。

おはようございます。

さっそく浅沼醤油店さんのサイトにおじゃまし
商品を注文しました。

ぼんじょるのさんのおかげで世界が広がりました。
わくわくしています。
ありがとうございました。

Twitterで、こちらの記事を紹介しますね~
witch38miyaで登録しています。

こんばんは。

お役に立てたみたいで良かったです。
また、「エゴマ」の情報がありましたら流させて頂きます。

ちなみに、私はTwitterでは
VFBuongiornoで登録しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519285/48310091

この記事へのトラックバック一覧です: えごま豆腐(えごまの実で作った手作り豆腐):

« 新じゃがのトロトロオムレツ(メークイン編) | トップページ | 「幻の山豚 太平ポーク」のスペアリブのイタリアングリル »

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー