子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

« 初夏の風物詩「じゅんさい摘み」に行ってきました | トップページ | 旬のじゅんさいで作った「じゅんさい鶏鍋」は最高~☆☆☆ »

2010年5月31日 (月)

野菜ソムリエコニュニティあきた学習会~野菜料理のコツ~

Photo_3

 昨日の午前中に山本郡三種町で「じゅんさい摘み」を楽しんだ後に、急いで秋田市に戻り「野菜ソムリエコミュニティあきた」の学習会に参加した。

 10分ほど遅れて会場に到着し、講師の松崎先生の前に並んでいる食材(卵とパイナップル)とホワイトボードを見て先生が教えようとしている事が直ぐに理解できた。

 何故かというと、私もレストランで働いて勉強していた時期があり料理人と接する期間が長かった為に、料理人の心意気と大切にしているコダワリというのが分かるからである。

 先生が、昔はよく怒っていたが最近は仏顔で仕事をしていると笑いながらおっしゃっていたが、私は、料理人が気合が入っており檄を飛ばしながら仕事をしていた時期の最後の時期を知っている人間だけに先生のおっしゃっている話しは懐かしく聞かせて頂いた。

 約4年前に「バンビーノ」というレストランを舞台にしたドラマが放映されて佐藤 隆太さんの演じる料理人が傍若無人だと批判の対象になっていたが、料理人というのは只闇雲に怒っているのではなく、コダワリがあるから怒っているのである。

 それを、どのように取るかは人それぞれであるが、私は社会人としての一歩をレストランでスタートし料理人の方々に素材に関するこだわりや想いというのを叩き込まれて成長してきているので、先生のお話は昔の自分の事を思い出させて頂き原点回帰をさせて頂いた。

 先生は、「料理は温度が大切です。その為には、食卓に並べる料理には段取り力が重視されます。いかに手際よく料理するかというのも腕の見せ所ですよ。」とおっしゃっていたが、その一言に昨日の学習会で先生のおっしゃっていた「料理へのこだわり」の全てが集約されていると思う。

 何事も基本が大切なのである。基本をおろそかにすると全ての応用が安っぽくなってしまうのである。

 「卵」を使った料理というのは、料理の基本を学ぶには一番分かりやすいと思う。先生のおっしゃっていた通りで少しの時間で「卵」の状態が変わってしまうからだ。

 すなわち、料理を作っている人間のこだわりや心が料理に反映されてしまうのである。すなわち誤魔化しが効かないのである。

 私達、野菜ソムリエに置き換えてみれば「ジュニア野菜ソムリエ」のカリキュラム(授業)、特に一番最初の「コミュニケーション」の授業を如何に理解出来るか、その授業やテキスト内容からどれくらいの事を感じ取り学びとれるかという事になってくる。

 そこで、ただ何となく授業を聞いていただけであったり、後になってから、その重要性に気付き意味を考え抜かなかった人では、基本がおろそかになっている為に「野菜ソムリエ」の本質が理解出来ず、厚みのない「野菜ソムリエ」となってしまう。

 全ての事柄には、意味があり、必然性がある。「ジュニア野菜ソムリエ」の授業で「コミュニケーション」を一番初めに学ぶことにも確固たる理由が存在するのである。

 先生が、学習会の中でおっしゃっていた「出汁やドレッシングに関しても一度は本物を作ってみましょう。それをやらないと、市販されているドレッシングの味の良し悪しや本質が見えてきませんよ。」という言葉にも深い意味が隠されている。

 一度は、自分自身で基本を学び経験しないと的確な応用が聞かないという事である。

 「野菜ソムリエ」に例えれば、トマトの味の説明は本を読めば分かる。最近は、野菜に関する本も増えてきたので雑誌のトマト特集号などを読めば味の説明が出来てしまう。

 しかし、そこで実際にいろいろな種類のトマトを食べた事があり人に伝える人と、本の知識だけで伝える人と、どちらの人の方が本質を伝えられるであろうかという事に繋がる。

 すなわち楽しみと感動を伝えられる力という部分で差がついてくるのである。

 私は、今回の学習会に参加し講師の松崎先生から多くの事を学ばせて頂いた。私にとって、この2時間は濃密な時間であった。

 今後もコミュニティの学習会には積極的に参加し、いろいろな事を学び自分自身の更なるレベルアップに繋げていきたい。

apple日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回押して頂けると幸いですdownwardleft

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

« 初夏の風物詩「じゅんさい摘み」に行ってきました | トップページ | 旬のじゅんさいで作った「じゅんさい鶏鍋」は最高~☆☆☆ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ベジフルコミュニティあきた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519285/48503182

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜ソムリエコニュニティあきた学習会~野菜料理のコツ~:

« 初夏の風物詩「じゅんさい摘み」に行ってきました | トップページ | 旬のじゅんさいで作った「じゅんさい鶏鍋」は最高~☆☆☆ »

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー