子育てスタイル

すくパラ

Dish for JAPAN

野菜ソムリエになろう!!

  • 野菜ソムリエになるには、どうしたらいいの?野菜ソムリエの資格は、どこで申し込むの?という問い合わせをたくさん頂いております。その問い合わせにお答えさせて頂く為にバナーを設置致しました。興味のある方は、こちらからどうぞ!!こちらから申し込みも出来ますよ!!

Twiitter

置手紙

  • おきてがみ

Favorites Blog

100皿シチュー

2012年2月 8日 (水)

100皿シチュー 81皿目のシチュー たっぷりきのこのしぼり大根シチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo  

 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いております。

 「100皿シチュー」なので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介しております。

 ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いております。

 皆様に喜んで頂けるのが何より嬉しいです。

 81皿目のシチューは、たっぷりの「きのこ」と「しぼり大根ソース」のハーモニーが魅力的な「たっぷりきのこのしぼり大根シチュー」です。

 この「シチュー」は、秋田の伝統野菜のひとつである「松館しぼり大根」の美味しさを活かしているのがポイントです。

Photo_2

 「松舘しぼり大根」は、鹿角市八幡平松舘地区が生産地です。

 目が覚めるほどの辛さと独特の風味が特徴の大根です。

 形状は長さが15cm~20cm、直径7~8cmのカブを細長くした楔型です。

 辛みは土壌に由来すると言われており、昔から八幡平松舘地区で栽培しないと独特の辛みが出ないといわれております。

 この大根をおろして「蕎麦」にかけて食べると辛さと麺の食感の相性が良く堪りません。 一般的にはしぼり汁を薬味に使うのが一般的です。

 湯豆腐にかけたり刺身のワサビ代わりにして食べます。

 この「シチュー」は、「しぼり大根」のしぼり汁を加えてピリッとした辛みを加えているのです。

 「シチュー」に「しぼり大根」の美味しさが加わることにより美味しさがギュッギュッと引き締まるのです。

 「きのこ」は、「しいたけ」と「ひらたけ」、「エリンギ」をセレクトしました。

 ちなみに「しいたけ」は、五城目朝市で仕入れてきました。

 3種類の「きのこ」をセレクトすることにより味により深みと美味しさが加わり、とても美味しくなるのです。

 また、食感の心地よさや見た目の面白さも素敵な効果をもたらしてくれます。

 目と口で味わうことができる部分もポイントなのです。

 この「シチュー」は、旬の美味しい「大根」を活かしているので美味しさだけではなく栄養面でも満足度が高いのです。

 この「シチュー」は、とても気に入っており冬には必ず作ります。

 ピリッとした心地よい刺激を感じられるのがお気に入りポイントのひとつです。

 寒い時期に、「大根」と仲良しになりたい方には、是非オススメしたい「シチュー」のひとつです。

 口の中に広がるピリッとした美味しさは至福のひとことですよ!!

本日のティラミス

28

 昨日のダンボールおばけに対抗するべく兵隊さんが出動です。手に持っているのは人参です。ちなみに、この人参は長さが80cmほどです。

レシピです

≪たっぷりきのこのしぼり大根シチュー≫

【材料】(4人分)

松館しぼり大根(または辛味大根)・・・1/2本

エリンギ・・・1本

ひらたけ・・・1/2株

生しいたけ・・・2枚

鶏皮・・・150g

スープストック・・・500ml

玉ねぎ・・・1/2個

薄力粉・・・大さじ4

オリーブ油・・・大さじ3

【作り方】

1.「しぼり大根」は、すりおろして汁を絞ります。「エリンギ」は縦に3mm幅に薄切りにし、「生しいたけ」は石づきを落として薄切りにします。「ひらたけ」は食べやすい大きさにカットします。「玉ねぎ」は薄切りにします。「鶏皮」も食べやすい大きさにカットします。

2.お鍋に「オリーブオイル」を弱めの中火で熱し、「玉ねぎ」を加えます。「玉ねぎ」が馴染んできたら「鶏皮」を加えて炒めます。全体が馴染んだら、「きのこ」3種類を入れて炒めます。「きのこ」が馴染んだら「小麦粉」を加えてさらに炒めます。

3.「スープストック」を加えてのばしていきます。全体が馴染んだら「しぼり大根の汁」を加えて完成です。味が薄く感じるようでしたらお好みで「塩・胡椒(分量外)」で味を調整してください。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2012年2月 1日 (水)

100皿シチュー 80皿目のシチュー たっぷりお野菜と豚モツの白味噌シチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています  


Photo


 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いております。

 「100皿シチュー」ですので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介しております。

 ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いております。

 皆様に喜んで頂けるのが何より嬉しいです。

 80皿目のシチューは、「白味噌」の風味が効いた「お野菜」と「豚モツ」が魅力的な「たっぷりお野菜と豚モツの白味噌シチュー」です。

 この「シチュー」は、煮込んでほっこりとした「お野菜」と「豚モツ」の優しい風味が合わさる事により、生みだされる美味しさが特徴となっています。

 「お野菜」は、「大根」と「人参」、「冬キャベツ」、「玉ねぎ」が入っています。

 それらを包み込む「白味噌」の優しい風味が何とも言えない美味しさの立役者となっているのがポイントです。

 煮込んでほっこりとした「お野菜」の食感は何とも言えない優しい味わいです。

 その瞬間、ふわっと感じる心地良さが堪らなく気持ちいいのです。

 「豚モツ」のもちもちとした食感も素敵です。

 もちもちとした食感が生み出す味わいは最高の一言です。

 食感の微妙な違いが味のシンフォニーを織りなし更に美味しくなるのです。

 この食感の違う素材をいろいろいと組み合わせるというのが遊び心があり楽しいのです。

 その遊び心が食べる楽しみを促進してくれます。

 この「シチュー」は、癒しの食感が満載で食べる人々の気持ちをワクワクさせてくれます。

 「シチュー」を食べてワクワクしたい方には、是非食べて頂きたい逸品です!!

本日のティラミス

1

歯磨きをしております。毎食後の歯磨きが欠かせません。たくさん食べてたくさん磨く。我が家の家訓のひとつで家族で実行しております。

レシピです

≪たっぷりお野菜と豚モツの白味噌シチュー≫

【材料】(4人分)

豚モツ・・・300g

大根・・・1/2本

人参・・・1本

玉ねぎ・・・1/2個

薄力粉・・・大さじ4

オリーブ油・・・大さじ3

水・・・500ml 

白味噌・・・大さじ2

お酒・・・100cc

砂糖・・・大さじ1/2

塩・・・少量

だし昆布・・・10cm

干ししいたけ・・・3枚

【作り方】

1.「大根」と「人参」は皮をむいて半月切りにします。「きゃべつ」は食べやすい大きさにカットします。「玉ねぎ」は薄切りにします。「豚モツ」は軽く下ゆでします。

2.シチューベースを作ります。お鍋に「水」を張り、「だし昆布」と「干ししいたけ」を入れて煮立てます。十分に沸騰したら取り出します。(取り出した「昆布」と「しいたけ」は佃煮にすると美味しいです。)

3.「白味噌」、「酒」、「砂糖」、「塩」を入れて煮立てます。

4.「豚モツ」をお鍋に入れて煮立てます。「豚モツ」に火が通ったところで「玉ねぎ」以外の「お野菜」を入れ、15分ほど煮込んでしんなりしたら「シチューベース」の完成です。

5.別のお鍋に「オリーブオイル」を弱めの中火で熱し「玉ねぎ」を加えて炒めます。火がとおり柔らかくなったら「薄力粉」を投入して馴染むまで炒めます。

6. 5.のお鍋に4.の「シチューベース」の出汁を加えてのばしていきます。伸ばしきったら「シチューベース」の具を入れて軽く煮込んで馴染ませたら完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

<b>この記事をtwitterへRTする

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2012年1月24日 (火)

100皿シチュー 79皿目のシチュー  ブロッコリーとエビの甘酒風味シチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo


 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いております。

 「100皿シチュー」なので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介していきます。

 ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いております。

 皆様に喜んで頂けるのが何より嬉しいです。

 79皿目のシチューは、優しく煮込んだ「ブロッコリー」とぷりっとした「エビ」のハーモニーが美味しい「ブロッコリーとエビの甘酒風味シチュー」です。

 この「シチュー」は、旬の美味しい「ブロッコリー」をお腹いっぱい食べたいと思い考案しました。

 「ブロッコリー」は、2種類(グリーンとパープル)入れており美味しさだけではなく色彩の面からも楽しさを加味しております。

 ぷりぷりとした「えび」も食感と旨さで「シチュー」に花を添えており素敵なアクセントとなっています。

 そこに加わる「甘酒」のコクも更に美味しさをプラスしています。

 また「シチュー」に絡みつく「カラフルビーンズ」、「とんぶり」、「玉ねぎ」の食感も美味しさを構築している重要な要素です。

 これらのどれかひとつが欠けても、この美味しい「シチュー」は成り立たないのです。

 美味しい冬野菜を使った「シチュー」は数多いですが、その中でも、この「シチュー」は「ブロッコリー」の美味しさを思う存分満喫する事ができます。

 栄養満点の冬野菜を食べて幸せな気持ちにひたりたい方には、この「シチュー」は特にオススメです。

本日のティラミス

124

水族館のお写真からもう一枚。ペンギンさんに夢中になっています。餌を食べているペンギンさんをマジマジと見つめておりました。

 

 

レシピです

≪ブロッコリーとエビの甘酒風味シチュー≫

【材料】(4人分)

えび・・・200g

ブロッコリー・・・1株(2種類使う場合は1/2株ずつ)

カラフルビーンズ(お好みの豆3種類)・・・50g

とんぶり・・・適宜

玉ねぎ・・・1/2個

水・・・50cc

甘酒・・・大さじ1

クミン・・・小さじ1/3

薄力粉・・・大さじ4

オリーブオイル・・・大さじ3

スープストック・・・450ml

塩・胡椒・・・適宜

【作り方】

1「ブロッコリー」は、小房に分けます。「玉ねぎ」は薄切りにします。「エビ」は殻と背わたを取って下ごしらえをします。

2.お鍋に「オリーブオイル」を弱めの中火で熱し、「クミンを入れます。「クミン」の香りが出てきたら1.の「玉ねぎ」を炒めます。しんなりしてきたら1.の「エビ」を加えてさらに炒めます。「エビ」の表面に火が通ったら「ブロッコリー」を加えて更に炒めます。

3.「ブロッコリー」の表面に火がとおったら「水」を入れて蓋をして弱火で10分程蒸します。

4.蒸して全体に火が通ったら「薄力粉」を振り入れます。炒めて全体を馴染ませたら「スープストック」を入れて伸ばしていきます。沸騰したら火を弱めて「甘酒」を入れて馴染ませます。そして「とんぶり」を加えます。最後に「塩・胡椒」で味を調えて完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2012年1月18日 (水)

100皿シチュー 78皿目のシチュー 牛すね肉と人参の梅風味ビーフシチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo_2

  「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いております。

 「100皿シチュー」なので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介していきます。

 78皿目のシチューは、柔らかくて旨みが濃厚な「牛すね肉」と「人参」を初めとする「お野菜」を「梅風味のデミグラスソース」で包み込んだ「牛すね肉と人参の梅風味ビーフシチュー」です。

 この「シチュー」は、所々に食材を美味しく召し上がる為の工夫が為されております。

 まずは「牛すね肉」です。

 「牛すね肉」は、「赤ワイン」と「砂糖」を揉みこんで寝かせてから「シチュー」に投入しております。

 なぜ「砂糖」を揉み込むのかというと、揉む込む事により「砂糖」が「お肉」のたんぱく質と水分を結びつけるのです。

 その為に、焼いても肉汁が失われず柔らかく仕上がるのです。

 これは「砂糖」の持つ「親水性」によるものです。

 ちなみに、このテクニックは他のお料理でも応用が効きますので是非試してみて頂きたいと思います。

 「お野菜」も「梅風味のデミグラスソース」でじっくりと優しく煮込むことにより、ほんわかと甘い味わいを生み出しております。

 「お野菜」の醸し出すほのかな甘みは、噛みしめる度にふんわりと心地良い世界へ誘ってくれます。

 そして、美味しい「お肉」と「お野菜」をキレイにまとめてくれるのが「梅」の風味がしっかりと効いた「梅風味のデミグラスソース」です。

 「梅」の優しくも儚い旨みが効いた「デミグラスソース」は、この2つの食材の魅力をあますところなくキレイにまとめてくれます。

 これらが三位一体となって「梅風味のビーフシチュー」となるのです。

 この「シチュー」の美味しさは心をキレイさっぱりと洗い流してくれます。

 癒されたい方やさっぱりと嫌な事を忘れたい方は、是非この「シチュー」を食べて頂きたいと思います。

 「牛すね肉と人参の梅風味ビーフシチュー」は、さっぱりと爽やかな気持ちを演出してくれる素敵な「シチュー」です。 

本日のティラミス

118

みかんを食べております。朝は必ず「ヨーグルト」と「フルーツ」を欠かしません。その2つは別腹です。しっかりと平らげます。

レシピです

≪牛すね肉と人参の梅風味ビーフシチュー≫

【材料】(6人分)

牛すね肉・・・650g

塩・胡椒・・・適宜

オリーブオイル・・・大さじ1

パセリ(みじん切り)・・・適宜

人参(乱切りにします。)・・・100g

ミニキャロット・・・10本

ホワイトアスパラガス(食べやすい大きさにカット)・・・5本

じゃがいも(食べやすい大きさにカット)・・・中2個

A・・・・・

赤ワイン・・・100cc

砂糖・・・大さじ2

B・・・・・

玉ねぎ(角切り)・・・1個

人参(角切り)・・・1本

にんにく(つぶす)・・・1片

マスタードシード・・・小さじ1

C・・・・・

野菜のブロード・・・800cc

デミグラスソース・・・2缶

トマトピューレ・・・100g

トマト(角切り)・・・2個

梅干・・・8個

赤ワイン・・・400cc

梅酢・・・大さじ2

タイム・・・適宜

ローリエ・・・1枚

【作り方】

1「牛すね肉」は食べやすい大きさにカットしてAに30分程漬けて、塩・胡椒を振ります。

2.お鍋に「オリーブオイル」を入れて熱し、Bの「にんにく」を炒めて香りが出たら、Bの残りのお野菜を入れて炒めます。

3. 2.に1.とCを加えてよく混ぜ煮込みます。

4. 3.が煮込み始めてから10分ほど経ったら「人参」と「ミニキャロット」を入れます。さらに50分ほど経ったら「ホワイトアスパラガス」を入れます。さらに30分経ったら「じゃがいも」を入れます。その後に30分ほど煮込みます。

5. 4.の味をみて塩・胡椒で味付けをします。

6.お皿にを盛りつけて、「パセリ」を散らして完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

<b>この記事をtwitterへRTする

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2012年1月14日 (土)

100皿シチュー 77皿目のシチュー かぶとあらまき鮭のゆかりシチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています  

Photo


 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いております。

 「100皿シチュー」ですので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介しております。

 ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いております。

 皆様に喜んで頂けるのが何より嬉しいです。

 77皿目のシチューは、「柚子」と「ゆかり」の風味が効いた「かぶ」が魅力的な「かぶとあらまき鮭のゆかりシチュー」です。

 この「シチュー」は、煮込んでほっこりとした「かぶ」と「あらまき鮭」の優しい風味が合わさる事により、生みだされる美味しさが特徴となっております。

 そこに加わる「柚子」と「ゆかり」が何とも言えない美味しさを演出してくれます。

 素材の組み合わせの妙を味わえる素敵な「シチュー」です。

 ほっこりとした食感は何とも言えない優しい味わいです。

 その瞬間、ふわっと感じられる優しさが堪らなく気持ちいいのです。

 「柚子」と「ゆかり」の香りも心地良い気持ちよさを生み出しており風流です。

 和の風味が織り成す味わいは最高の一言です。

 適度に塩が効いた「荒巻鮭」の旨みも何とも言えない美味しさがあります。

 この優しい味わいの素材をいろいろいと組み合わせるというのが遊び心があり楽しいのです。

 その遊び心が食べる楽しみを促進してくれます。

 この「シチュー」は、大変遊び心に溢れており食べる者の気持ちを心地よくさせてくれます。

 「シチュー」を食べてふわっと気持ちが心地よくなりたい方には、是非食べて頂きたい逸品です!!

本日のティラミス

14

私が席を外した隙にパソコンにいたずらをしておりました。いたずら大好きですので目が離せません・・・・。

レシピです

≪かぶとあらまき鮭のゆかりシチュー≫

【材料】(4人分)

あらまき鮭・・・3切れ

かぶ(中)・・・2個

柚子の皮(薄くむいてみじん切りにします)・・・少々

ゆかり・・・適宜

小ねぎ(みじん切り)・・・適宜

みりん・・・大さじ1

塩・・・適宜

昆布・・・20cm

薄力粉・・・大さじ4

オリーブ油・・・大さじ3

水・・・600ml 

【作り方】

1.「あらまき鮭」は一口大に切り、ぬるま湯に15分ほど浸して軽く塩抜きをします。

2.「シチューベース」を作ります。お鍋に「昆布」を敷き、水から煮立てて沸騰したら煮立てます。1.の「あらまき鮭」をさっと洗ってお鍋に入れます。「あらまき鮭」に火がとおったら「かぶ」も入れます。

3.アクを取り、「みりん」を入れ「塩」で味を調えます。少し濃いめの味付けにしてください。「かぶ」に火がとおったら「シチューベース」の完成です。

4.別の鍋に「オリーブオイル」を弱めの中火で熱し「玉ねぎ」を加えて炒めます。

5.「玉ねぎ」に火がとおり柔らかくなったら「薄力粉」を投入して馴染むまで炒めます。

6.「シチュー・ベース」の「スープ」を加えてのばしていきます。のばしきったら「具」も投入します。沸騰したら「柚子」と「ゆかり」を入れて完成です。お皿に盛ったら「小ねぎ」を散らしてください。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

<b>この記事をtwitterへRTする

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2012年1月10日 (火)

100皿シチュー 76皿目のシチュー 強首白菜と肉団子のシチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo

 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いております。

 「100皿シチュー」なので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介しております。

 ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いております。

 皆様に喜んで頂けるのが何よりも嬉しいです。

 76皿目のシチューは、たっぷりの「白菜」と「肉団子」の旨みがぎっしり詰まった「強首白菜と肉団子のシチュー」です。

 この「シチュー」は、優しい味わいの「強首白菜」とふわふわ柔らかい「肉団子」を満喫できる「シチュー」を食べたいと思い考案しました。

 「強首白菜」は、葉の部分を使いとろとろと柔らかい味わいを全面に押し出しています。

 まろやかな「シチュー」をまとって優しさに磨きがかかった「強首白菜」は何とも言えない味わいがあります。

 心地よく優しい味を噛み締める度に笑顔になってくるのです。

 この「シチュー」は、食欲がない時や疲れている時でもサラっと食べることができます。

 「強首白菜」から滲み出る栄養も満点なので言うことなしです。

 また、「白菜」に含まれる「カリウム」には血圧低下作用があります。

 「玉ねぎ」に含まれている「硫化アリル(抗酸化作用があります)」と一緒に摂ることで、動脈硬化の予防に期待ができるのです。

この「シチュー」は、どこか懐かしい感じがする美味しさも特徴的です。

 「強首白菜と肉団子のシチュー」は、心が優しくなってくる「強首白菜」と「肉団子」をお腹いっぱい味わうことが出来る素敵な「シチュー」です。

本日のティラミス

110

歯磨きをしております。食後の歯磨きは一生懸命やっているのですが磨きながらあちこちを歩きまくります。そんなわけでお写真もぶれております・・・

 

レシピです

≪強首白菜と肉団子のシチュー≫

【材料】(4人分)

強首白菜(葉の部分)・・・100g(普通の白菜を使う場合は1/2個分くらいです。)

豚ひき肉・・・150g

卵白・・・1個分

干ししいたけ(細かく刻む)・・・大さじ1

水・・・800cc

塩・・・大さじ1/2

ねぎ油・・・適宜

春雨(乾燥)・・・30g(水で戻して、5cmほどの長さにカットしておきます。)

塩・胡椒・・・各少々

玉ねぎ(薄切りにします)・・・1/2個

薄力粉・・・大さじ4

オリーブオイル・・・大さじ3

【作り方】

1.「強首白菜」の葉の部分を手で適度な大きさにちぎります。

2.「豚ひき肉」に「胡椒」少々、「塩」ごく少量を加え、「卵白」を3回に分けて加え、よく混ぜます。

3.「ベースとなるスープ」を作ります。「お鍋にお湯を沸かし、2.のタネを手で押し出しながら団子にして落としていきます。細かいアクを取り除きながら茹でていきます。

4.「肉団子」が浮いてきたら、1.の「強首白菜」、「干ししいたけ」、「春雨」、「塩」大さじ1/2を加えます。

5.「強首白菜」がしんなりとし、「干ししいたけ」が柔らかくなったら「ベースとなるスープ」の完成です。

6.別の鍋に「オリーブオイル」を入れ弱めの中火で熱します。香りが立ってきたら「玉ねぎ」を加えます。「玉ねぎ」の色が変わってきたら「薄力粉」を振り入れます。

7. 5.の「ベースとなるスープ」の「スープ」を加えて伸ばしていきます。伸ばしたら「具」を加えて煮ます。味が馴染んだら完成です。お好みで「ねぎ油」を振りかけてください。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年12月29日 (木)

100皿シチュー 75皿目のシチュー 強首白菜とタラのシチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo

 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いている。

 「100皿シチュー」なので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介していく。

 ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いている。

 皆様に喜んで頂けるのが何より嬉しい。

 75皿目のシチューは、たっぷりの「強首白菜」と「せり」の風味と「タラ」の旨みが堪能できる「強首白菜とタラのシチュー」である。

 この「シチュー」は、お腹一杯「強首白菜」を味わいたいと思い考えた「シチュー」である。

 「シチュー」に入っている「お野菜」は「強首白菜」と「三関のせり」、「ミディトマト」、「高菜」、「玉ねぎ」である。

 「シチュー」に入っている「強首白菜」と「三関のせり」は秋田県産の「お野菜」である。

 その素晴らしい味は噛み締める度に口の中に広がり素晴らしいの一言である。

 今の時期は、冬真っ盛りなので寒さが体を冷やしてしまう。

 そんな時に、「冬野菜」たっぷりの「シチュー」を食べると体が温まり美味しく食べることができる。

 心地よい温かさが欲しいときには最高の「シチュー」である。

 また、この美味しさは冬しか味わえない。

 この「シチュー」を肌寒さを感じるときに食べると、幸せを感じ気持ちがホッとする。

 滋味深い「お野菜」の風味が染み込んだ優しい味は、心が温かくなり和んだ気持ちになってくる。

 「強首白菜とタラのシチュー」は、心がポカポカとしてくる「お野菜」を心の底から味わうことが出来る素敵な「シチュー」である。

 

レシピです

≪強首白菜とタラのシチュー≫

【材料】(4人分)

強首白菜・・・500g

タラ・・・3切れ

ミディトマト・・・10個

せり・・・1把

高菜漬け・・・50g

スープストック・・・500cc

玉ねぎ・・・1/2個

薄力粉・・・大さじ4

菜種油・・・大さじ3

【作り方】

1.「たら」は、ひと切れを3つから4つに切ります。

2.「白菜」は根元をカットし5cmほどのざく切りにします。「せり」と「高菜漬け」も同様に5cmくらいにカットします。「ミディトマト」はヘタをとり洗います。「玉ねぎ」は、半分に切って薄切りにします。

3.「ベースとなるスープ」を作ります。鍋に「スープストック」を入れて火にかけ、「白菜」と「タラ」を入れて煮ます。「白菜」が柔らかくなり「タラ」に火がとおったら「ベースとなるスープ」の完成です。

4.別の鍋に「菜種油」を弱めの中火で熱し「玉ねぎ」を加えます。「玉ねぎ」の色が変わってきたら、「薄力粉」を振り入れます。

5. 3.の「ベースとなるスープ」の「スープ」を加えて伸ばしていきます。伸ばしたら「具」を加えて煮ます。全体が馴染んだら「せり」と「ミディトマト」、「高菜漬け」を入れて軽く煮込んで完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年12月24日 (土)

100皿シチュー74皿目のシチュー かぼちゃと人参の白味噌風味シチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo  

 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いている。

 「100皿シチュー」なので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介していく。

 ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いている。

 皆様に喜んで頂けるのが何より嬉しい。

 74皿目のシチューは、「白味噌」が絡んだ「かぼちゃ」と「人参」の美味しさが素敵な「かぼちゃと人参の白味噌風味シチュー」である。

 この「シチュー」は、「かぼちゃ」を思う存分に満喫したいと思い考えた。

 冬至であった先日も、この「シチュー」を作った。

  その旨みに合わせた食べ応えのある「シチュー」にしようと思い「チキンボール」も入っている。

 お野菜は、「かぼちゃ」だけではなく「人参」と「しめじ」も入っている。 

 お野菜の旨みを思う存分に味わうことが出来るのも嬉しい。

 寒い時期でも体がポカポカになるので食べる度に心が幸福感で満たされていく。

 「かぼちゃ」の溶け具合も美味しさを楽しむキーワードになっている。

 完全に溶けているのではなく微妙に溶けているのが食感と美味しさを増していくのである。

 体がポカポカと温まる「シチュー」を食べたい方にはオススメである。

 「かぼちゃ」の美味しさは心と体を温めてくれること間違いなしである!!

レシピです

≪かぼちゃと人参の白味噌風味シチュー≫

【材料】(4人分)

かぼちゃ・・・300g

にんじん・・・1本

しめじ・・・1pk

玉ねぎ・・・1個

昆布・・・20cm

煮干し・・・20g

水・・・5カップ

白味噌・・・大さじ4

薄力粉・・・大さじ4

オリーブオイル・・・大さじ3

チキンボールの材料・・・・・・・

玉ねぎ(チキンボール用)・・・1/2個

パン粉・・・3/4カップ

卵・・・小1個

塩・・・適宜

胡椒・・・適宜

ナツメグ・・・適宜

【作り方】

1.「玉ねぎ」は薄切りにします。「かぼちゃ」は薄いくし形にカットし、「人参」は半月にカットします。「しめじ」は小房に分けて石づきをカットします。

2.「チキンボール」を作ります。「鶏挽肉」にみじん切りにした「玉ねぎ」と他の材料を加えて混ぜよく練り、16等分にしてボール状に丸めます。フライパンにオリーブオイル(分量外)を熱し表面を焼いておきます。

3.「シチューベース」を作ります。お鍋に「水」と「昆布」、「煮干し」を入れて火にかけ、沸騰する直前に「昆布」を引き出し5分ほど煮出し、1カップを取り分け、「かぼちゃ」、「にんじん」、「しめじ」を入れ、「白味噌」を溶き入れます。ごく弱火で30分ほどくつくつと煮込みます。

4.お野菜に火が通ったら取り分けておいた1カップの「出汁」を入れます。これで「シチューベース」の完成です。

5.別のお鍋に「オリーブオイル」を弱めの中火で熱し「玉ねぎ」を加えて炒めます。火がとおり柔らかくなったら2.の「チキンボール」を投入して炒めていきます。

6.「チキンボール」の表面に火がとおったら、「薄力粉」を投入して馴染むまで炒めます。

7.お鍋に「シチューベース」を加えてのばしていきます。よくのばしたら火にかけ軽く煮込みます。「チキンボール」に火がとおったら完成です。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年12月20日 (火)

100皿シチュー73皿目のシチュー 3色にんじんのハンガリアンシチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています


3


 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いている。

 「100皿シチュー」なので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介していく。

 ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いている。

 皆様に喜んで頂けるのが何より嬉しい。

 73皿目のシチューは、3色のにんじん(山内にんじん、パープルスティック、イエロースティック)の美味しさが魅力的な「3色にんじんのハンガリアンシチュー」である。

 我が家では、美味しい「にんじん」が手に入ると「シチュー」や「スープ」にする事が多い。

 「にんじん」の豊富な栄養素を余すことなく摂取できるからである。

 今回は、3色の「にんじん」を使い見た目も楽しい「シチュー」を作ってみた。

 お皿の中から次々と出てくるカラフルな「にんじん」は食べていて気持ちがワクワクしてくる。

私は、お料理を作るときに心がけている事がある。

 それは出来るだけ、色彩を多くするようにすることである。

 1色より2色、2色より3色と使う野菜の色を増やす事により、食卓が華やかになり楽しい気持ちになってくる。

 感覚的には、服を選びながらお洒落をするような感覚である。お料理をするときも食べるときも、その事はいつも心がけている。

 いつも講演をさせて頂く時も話しているので彼是8年くらいは言いつづけている持論である。

 この「シチュー」は、「にんじん」だけではなく「とまと」も入っている。

 栄養満点な「にんじん」と「とまと」の凝縮された甘みと旨みがストレートに伝わってくるのである。

 「にんじん」が好きな方は勿論であるが、「にんじん」が苦手な方にも自信を持ってオススメできる最高の「シチュー」である。

 興味をもたれた方は是非作ってみて頂きたい。

 その奥深くも優しい味に感嘆すること間違いなしである。

 

レシピです

≪3色にんじんのハンガリアンシチュー≫
 【材料】4人分
 にんじん(赤・紫・黄)・・・各1本

 玉ねぎ・・・1個

 鶏もも肉・・・200g

 スープストック・・・600cc

 ホールトマト・・・150cc

 にんにく・・・1かけ

 塩・胡椒・・・各適宜

 パプリカ・・・大さじ1

 薄力粉・・・大さじ4

 オリーブ油・・・大さじ3

【作り方】
 1.「鶏もも肉」は食べやすい大きさにカットします。3色の「にんじん」は食べやすい大きさに乱切りにし、「にんにく」はみじん切りにします。「玉ねぎ」は薄切りにします。
 2.お鍋に「オリーブオイル」を弱めの中火で熱し「にんにく」と「玉ねぎ」を加えて炒めます。火がとおり柔らかくなったら1.の「鶏もも肉」を投入して炒めていきます。

 3.「鶏もも肉」の表面に火がとおったら、3色の「にんじん」を加えて炒めます。「マッシュルーム」と「カラフルビーンズ」が馴染んだら「薄力粉」を投入して馴染むまで炒めます。

 4.お鍋に「スープストック」を加えてのばしていきます。よくのばしたら「ホールトマト」と「パプリカ」を加えて弱火で30分ほど煮込みます。

 5.最後に塩・胡椒で味を調えて10分ほど煮込んで完成です。

 
 

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん

【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)

【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

2011年12月 9日 (金)

100皿シチュー72皿目のシチュー ブロッコリーのクリームシチュー

被災地の方々に私のブログを目にして励みにして頂きたいという気持ちを込めてブログ記事を書いています

Photo  

 「100皿シチュー」と銘打って「オリジナル・シチュー」を御紹介させて頂いている。

 「100皿シチュー」なので、その名のとおり「シチュー」を100皿(100種類)御紹介していく。  ありがたい事に多くの方々に楽しみにして頂いている。  

 皆様に喜んで頂けるのが何より嬉しい。  

 72皿目のシチューは、「ブロッコリー」の旨みを思う存分満喫できる「ブロッコリーのクリームシチュー」である。

 この「シチュー」は、「ブロッコリー」と「じゃがいも」の風味が効いた「クリームソース」が「お肉」と絡みつき奥が深い美味しさを紡ぎだしている。

 秋野菜である「じゃがいも」と冬野菜である「ブロッコリー」の美味しさを心ゆくまで味わえるのである。

 季節の変わり目である今現在の美味しさをそのまま包み込んでいると言っても過言ではない。  

 そこに加わる「牛乳」の優しいアクセントも美味しさにひと花咲かせている。

 その優しいひと花が嬉しくなってくる。

 ひとくち飲むと心がじんわりとしてくるのである。 

 ふわっとした食感と口に広がる旨みは、何とも言えない美味しさである。  

 「ブロッコリーのクリームシチュー」は、心も体も優しくなれる嬉しい「クリームシチュー」である。  

レシピです

≪ブロッコリーのクリームシチュー≫

【材料】(4人分)

ブロッコリー(約400g)・・・1株

じゃがいも(約80g)・・・1個

玉ねぎ・・・(シチューベース用)1/4個

長ねぎ・・・1/3本

オリーブオイル(シチューベース用)・・・大さじ1

バター・・・大さじ1

スープストック・・・2カップ

玉ねぎ・・・1個

鶏肉・・・150g

薄力粉・・・大さじ3

オリーブ油・・・大さじ2

牛乳・・・200cc

塩・胡椒・・・適宜

パセリ(みじん切り)・・・適宜

【作り方】

1.「シチュー・ベース」を作ります。「ブロッコリー」は子房に分け、茎の部分は厚く皮をむいて小さな角切りにします。塩を加えた熱湯で硬めに下ゆでします。

2.「じゃがいも」は皮をむいて一口大に切り、水で洗ってでんぷん質を落とします。

3.「玉ねぎ」は薄切りに、「長ねぎ」はみじん切りにします。

4.お鍋に「オリーブオイル」と「バター」を入れて熱し、3.を投入します。しんなりするまで炒め香りが出てきたら、1.の「ブロッコリーの茎」、「ブロッコリーの子房」と順番に加えます。

5.「スープストック」を加え、少しずらして蓋をし中弱火で15分程煮ます。粗熱をとったらミキサーにかけます。ここまでで「シチューベース」の完成です。

6.「玉ねぎ」を縦半分にカットし薄切りにします。「鶏肉」は食べやすい大きさにカットします。

7.別の鍋に「オリーブオイル」を弱めの中火で熱し、「玉ねぎ」を加えます。「玉ねぎ」が馴染んできたら、「鶏肉」を入れて弱めの中火で炒めます。全体が馴染んだら「小麦粉」を加えてさらに炒めます。

8.「シチュー・ベース」を加えます。全体に馴染んだら「牛乳」を加えて「塩・胡椒」で味を調えて完成です。お皿に盛り、お好みで「パセリ」を散らして召し上がってください。

いつもコメントを頂きありがとうございます。とても嬉しいです。皆様のコメントのひとつひとつが励みになっております。

コメントは、皆様のブログに訪問させて頂き、返させて頂いております。

ブログをお持ちで無い方は、こちらでコメントを返させて頂きますので宜しくお願い致します。

お料理の質問に関しましては、喜んでお答えさせて頂きますので遠慮なくコメントに書き込んで頂ければと思います。

日本ブログ村ランキングに参加しています。

1日1回応援の為に押して頂けると

励みになります。 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

レシピブログに参加しています。

【送料無料】やさいさん【送料無料】やさいさん
価格:998円(税込、送料別)
【送料無料】くだものさん

【送料無料】くだものさん
価格:998円(税込、送料別)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

100皿カレー 100皿シチュー Bloom`n onion(ブルーミンオニオン) CAFE お米 お茶 かあちゃんの野菜畑 彩菜館 がっこ(漬物) たまねぎ食堂 ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム セミナー告知 ソフトクリーム ソフトドリンク チーズ ティラミス ハーブ パン フォーマックさんのお料理教室 ベジフルコミュニティあきた 冬の果物 冬の海の幸 冬野菜 夏の果物 夏の海の幸 夏祭り 夏野菜 川魚 弁当 心に響く言葉(人生の名言) 愛菜果 料理に関する一考察 料理(レシピ) 日記・コラム・つぶやき 春の果物 春の海の幸 春野菜 朝市 果実のお酒 梅酒 海の幸 玉子 直売所 秋の果物 秋田のイベント 秋田の名水 秋田の心和む風景 秋田の銘菓 秋田市民市場 秋野菜 米粉 納豆 緊急連絡 美容・コスメ 肉料理 調味料 豆腐 農家レストラン 道の駅 道の駅 あきた港(ポートタワーセリオン) 道の駅 あに(マタギの里) 道の駅 おおうち(は~とぽ~と大内) 道の駅 おおがた 道の駅 おがち(小町の郷) 道の駅 かづの(花輪ばやしの里あんとらあ) 道の駅 かみおか(茶屋っこ一里塚) 道の駅 かみこあに(秋田杉とコアニチドリの里) 道の駅 こさか七滝(ハートランドこさか) 道の駅 ことおか(土笛の里) 道の駅 さんない(ウッディらんど) 道の駅 しょうわ(ブルーメッセ・あきた) 道の駅 たかのす(大太鼓の里) 道の駅 てんのう(夢と神話の里) 道の駅 なかせん(ドンパン節の里) 道の駅 にしめ(はまなすの里) 道の駅 はちもり(お殿水) 道の駅 ひない(比内鶏の里) 道の駅 ふたつい(きみまちの里) 道の駅 みねはま(ポンポコ101) 道の駅 やたて峠(天然杉といで湯の里) 道の駅 五城目(悠紀の国 五城目) 道の駅 十文字(まめでらが~) 道の駅 協和(四季の森) 道の駅 大館能代空港 道の駅 岩城(島式漁港公園岩城アイランドパーク) 道の駅 東由利(黄桜の里) 道の駅 清水の里 鳥海郷(ほっといん鳥海) 道の駅 象潟(ねむの丘) 道の駅 雁の里せんなん(雁太郎) 郷土料理 酒蔵 野菜と果物について思うところ・・・ 野菜と果物に関する一考察 野菜と果物を楽しむ心 野菜ソムリエになる為の勉強方法 野菜ソムリエの野菜教室(秋田) 野菜ソムリエコミュニティあきた(旧ベジフルコミュニティあきた) 野菜作り 鍋料理 魚醤 麺文化

フォト

お仕事の御依頼は、こちらからお願い致します。

  • お仕事(講演、レシピ開発、コラムの執筆、野菜や果物の教室等)の御依頼は、こちらからお願い致します。 ブログを読んでの御感想や御質問もこちらからお受けいたします。 宜しくお願い致します。

毎週火曜日のお料理教室を行なっております!!

  • 毎週火曜日の午前11:30から「フォーマック秋田泉店」さんでお料理教室を行なっております。 興味のある方は是非いらしてくださいませ。 お申し込みは、「フォーマック秋田泉店」さんへ直接お願いいたします。

☆野菜ソムリエぼんじょるの☆の食楽育倶楽部

野菜と果物を楽しむ心.

あきた文化保険センターで開催の講座に空きがあります。

  • 野菜ソムリエの野菜教室あきた 10月から第3期が始まっています!!
    私が講師を務めます「野菜ソムリエの野菜教室あきた」ですが10月17日(月曜夜コース)と10月5日(水曜午後コース)からあきた文化保険センターで第3期が開講されています。受講される方を募集しております。毎週月曜日の18:30〜20:00、水曜日の13:30~15:00(3ヶ月11回コース)です。受講料は1,1500円(教材費は毎回500円)です。これからの時期に美味しくなる野菜や果物をたくさん御紹介致します。普段お目にかかれない美味しいお野菜や果物も楽しんで頂きます。お野菜や果物を心から楽しみたい方は是非御参加ください。
  • とっぴんぱらりのぷ~: 野菜ソムリエの野菜教室(秋田)
    野菜ソムリエの野菜教室あきたのレポートは、こちらからどうぞ。

地震災害への支援です

  • 節電バナープロジェクト

ブログのお友達 やまがたんさんからのお知らせです

  • 地震被災地への支援について
    南三陸町へ支援を行っている山形県庄内町 では義援金を受け付けています。 皆様からの温かいご支援を宜しくお願いいたします。 ※クレジットカード払いは対応していません。 振込みや現金書留などにについての対応はご確認うえ宜しくお願いします。

☆ぼんじょるのオススメの100皿シチュー☆

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

良き笑いは、家庭の太陽である

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー